bar(バー)来る客層や年齢層・何人で来る?

バーのネオン 雑記

バーでお酒を飲もうと考えていもちょっと入りずらいですよね?

どんな年齢層で何人くらいで来ているのだろうかと不明点は多いと思います。
そこで今回はバーに来る客層の年齢層や男女比、何人で来るのかということをお伝えします。

大体のことが分かってしまえば後は何とかなりますので、
後はバーに行くだけです。

スポンサーリンク

bar(バー)来る客層や年齢層・何人で来る?

スーツの男性と酒
bar(バー)と一言で言っても様々な種類のバーがありますが、
今回は大きく分けて3種類のバー事におおよその客層についてお伝えしますね。

まずバー大まかに3種類に分けますと、

・ホテルのバーや夜景の眺められるバー
・それ以外のオーセンティック(本格的なお酒が飲める)バー
・地元の人がワイワイやるような気楽に入れるバー

それぞれ客層が異なりますので、
それぞれご紹介していきますね。

これはあくまで私がかつて色々なバーに行ってみて観察した結果ですので、
誤差はあることをご承知おきください。

ホテルのバーや夜景の眺められるバー

ホテルのバーや夜景の綺麗なバーは値段もそれなりにするため、
来店している年齢層も高めな場合が多いものです。

ホテルや夜景の綺麗なバーの客層
・30代以上~50-60代
・カップルが多いが、男一人、女一人もたまに居る
・男性6割、女性4割

ホテルのバーや夜景の綺麗なバーは、
デートで来店している方が多いように思います。

勿論常連になって一人で来店というのも慣れればできますが、
大体はカップルでの来店が多かったように思います。
そして夜景の綺麗なバーなどは特にですが、
カウンターに沿って椅子が並べられてますが椅子が初めから二人用としてセットされてますので、
お店側もカップルが多いためにそのような配置にしてのでしょう。
慣れてしまえば夜景の綺麗なお店でも一人で入ってお酒を楽しむというのも優雅なひと時になるものです。
たまにですが、一人で来られる方も居ますので一人だからと居心地の悪いということはありません。
土日ともなるとやはりデートで使う方が多く、
カップルの中に自分だけ一人という状況もありましたが。

オーセンティック(本格的なお酒が飲める)バー

オーセンティックなバーはホテルや夜景の綺麗なお店のようにカップルだらけということもたまにありますが、
必ずしもそうではなく私の感じている印象はやはり基本は一人の人が多いように思います。

お店の店構えもシッカリしていて、
最初にお店の扉を開ける瞬間は未だにドキドキします。
ただお店の扉を開けるのにドキドキするということは、
気軽に誰でも入れるというよりはこちらもそれなりにお店に敬意を払って入るのが相応しいようなお店。
入店の際には気を遣うため、
大酒のみや飲んで騒ぐというような客層は弾かれてるように思います。
※必ずしも全部が全部ではありませんが。

オーセンティックなバーの客層
・30-40代が多い
※20代や50代以上の方も居ます
・男一人がメインだが、たまに女一人
土日はカップルの割合が増える
・男性7割、女性3割

地元の人がワイワイやるような気楽に入れるバー

バーとは名はついてますが、
ほぼ地元の人が集うようなバーってあるんです。

オーセンティック(本格的な)バーと違って、
入りやすい反面あまりお酒も気軽に飲めるお酒が多いのが特徴。
地元の人が多いということは、
お店の中で常連さんの輪ができているということでもあります。
なので、入りやすい反面中は常連同士での固まりが出来ているという点が多いように思います。
常連になるまでは大変かもしれませんが、
常連になれば通いやすいようなお店。

地元の人がワイワイやるような気楽に入れるバー
・20代後半から30代
・一人で来るパターンが多い
・男性7割、女性3割
bar(バー)で他のお客さんと仲良くってスグになれたりする?
始めて行くbarの年齢層やどんなお客さんが来てるのだろうかって最初は不安なものだと思います。 そこで自分が浮かないか? また他のお客さんと親しくなれたりするのだろうか? などなど考えるかもしれません。 これはお店によりけりな部分も大きいのですが、 そのお店が自分に合わなければ一杯で出ればいいだけの話。 今回はそんなbarでもスグに他の人と馴染めるのだろうか、 ということを中心にお伝えします。

こんな客になってはいけない

 バーでお酒を飲むと言ってもバーは居酒屋と違って(地元の人がワイワイやるようなお店は除く)静かに自分の時間を大事にして飲む空間。 

こんなことは控えよう

・仲間でワイワイと騒ぐ
・愚痴や説教をする

というシチュエーションは他に静かに飲んでいる方への配慮に欠けてしまうので止めておくのがいいでしょう。

基本的にバーは仕事で疲れて自分一人で静かに飲みんで心を落ち着けたい、
落ち着いて本格的なカクテルを飲みたい。
そう思って来る事が多いです。

なのでそこで落ち着いて飲むという時間の妨げになることや、
美味しいお酒を飲むのを妨げるのはバーでの時間を味わう人へ配慮を欠いてしまいます。
もしも自分がバーに通うようになったら、
という状況を考えれば分かりますが、
他の客が大きい声での会話やら、愚痴や説教、知ったかぶりの会話をして、
その会話が聞こえてきたらどうでしょう?
まぁこれはバーに限らないと思いますが、
嫌だと思うのではないでしょうか。
自分が嫌と感じることは、
他の方もそう感じますので他の方への配慮はシッカリとしましょう。
後はちょっとしたことなんですが、
バーだとやはりウィスキーが多いことが多いんですね。
ウィスキーは飲む前の香りを楽しむものでもあるんです。
そこへ香水をたっぷりとつけた方が来ると、、、
ウィスキーの香りどころではなくなるんです。
なので香水もできればバーに行くときは控えた方がいいでしょう。

barで常連さんと思われる為にしたい振る舞い!
barに行くようになると常連さんの存在が気になりませんか? そんな常連さんとして思われるためには何かしたり、 どんなことをしたりすればいいのでしょうか。 今回はそんなbarで常連さんとして、 大人の振る舞いができるようになるためにということでお伝えします。
bar(バー)に一人で初めて行っても歓迎されるようにするには!
たまには本格的なお酒の飲めるバーにでも行ってみようか。 そう思ってもバーって敷居が高い。 値段が高い。 そもそもお酒に詳しくないと行きずらい。 そんなイメージかもしれません。 ですが敷居が高く感じたり、 値段が高いのには理由がありますし、 お酒に詳しくなくても初めてバーに入っても問題はありません。 今回は初めてバーに一人で行ったら? ということでお酒に詳しくなくてもどうやって注文するかとか、 大体の値段や初めて行くバーは最初は一人で行ってみるのは何故いいのか? ということをお伝えしますので参考にして頂けたらと思います。

バーでお店の雰囲気に早く慣れたいのであれば

川沿いの街
初めてのバーに行くときはやはり多少なりとも緊張はします。

そして常連が多いような地元密着型のバーに行くとなると、
常連のグループが出来ていることもあります。
流石に常連の中に後から突入というのは入って行きずらいもの。
もしも初めて行くバーがあるとして、
 いち早くお店の雰囲気に慣れておきたいというのであれば開店直後に行くことです。 

開店直後であればあなた一人だけですし、
バーテンさんとユックリと話しができます。

そこでお酒のことを聞いてもいいでしょうし、
色々と話をしてみてバーの雰囲気を掴むと後から常連の方が来たとしても余裕を持って時間を過ごせますよ。

barの雰囲気に慣れる為には何かする必要ってある?
barの雰囲気って重厚感があってどうもそわそわしてしまいませんか? 本当はあの重厚感漂う空間で落ち着いて過ごしたいのに、 なかなかそうもいかずに落ち着かない。 そんなbarに慣れる為に何かした方がいいものでしょうか。 今回はbarに慣れる為に何かする必要があるのか? ということでお伝えします。

どんな酒を飲んで何杯くらい飲むのか?

カクテル
バーに来る方は大体どんなお酒を何杯くらい飲むのかということですが、
居酒屋のように次から次へとスパスパ飲む人はほぼ見かけません。

バーは居酒屋のようにお酒が薄いということはなく、
一杯一杯作るときに丁寧に作りますので濃いお酒が期待できます。
なので居酒屋のように飲むと酔いも早くなりますし、
グデングデンの状態でバーで飲むのはあまりスマートとは言えません。

バーで飲む時他の方はどれ位飲むか
大体ですが、2-3杯という方が大体数だと思います。
少ない量を飲んでほろ酔いの内に帰る方が多いと思いますよ。
後はどんな酒を飲むか、
これは個人差ですが、
ハイボールやカクテル、
酒飲みの方ですとウィスキーをロックでという場合が多いです。

スポンサーリンク

食事は出る出ない?

ナッツ
バーに行ってみよう、となってもそのバーで食事ができるかどうか気になりますよね?

これはバーによるので、
そのバーを検索で調べてみてというのが答え。
答えになってませんね。
バーは食事ができる所ありますが、
 基本的には食事はできないと思っていた方がいいです。 

食べることができても乾きもののナッツやチョコ、ジャーキー位と思って、
バーに来るまでに近くのお店で食べてから来る方が確実です。
バーテンさん一人で営業されてる場合は、
カクテルを作るの他に食事をとなると手が回らなくなることもありますし、
お店次第というところです。
お酒に力を入れているような感じのバーでしたらあまり食事はできないと思った方がいいです。
バーはどこか他で食べて、
お腹を十分満たしてから落ち着いてバーで締めのお酒を飲むと落ち着いて飲めたりしますよ。

さいごに

バーの客層は気になりますよね。

バーの客層でも年齢はそのバーのバーテンさんと同じくらいの年齢層が多いな、
というのは感じたことです。

バーテンさんが30代ですと客層も大体30代メインというように。

勿論それ以上やそれ以下の方もいますが、
最終的に年齢云々よりもそのバーが自分にとって居心地がいいか。

これで常連になるかならないかというのが決まりますし、
自分の行きつけの一件が出来たりもします。

色々なバーを巡ってみて自分にとってここは、
というお店を探してみるのもいいものですよ。

ではまた!

barでこんな事をすると嫌われる行動とは?
オーセンティックなbarで静かに飲みたいのに、 どうもがやがやとした雰囲気でイライラ、なんてありませんか? 今回はそんなbarでこんなことをしたら嫌われる行動とは? ということでお伝えします。
スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました