barでこんな事をすると嫌われる行動とは?

コートを着た女性 雑記

オーセンティックなbarで静かに飲みたいのに、
どうもがやがやとした雰囲気でイライラ、なんてありませんか?

今回はそんなbarでこんなことをしたら嫌われる行動とは?
ということでお伝えします。
スポンサーリンク

barで嫌われる行動とは

barでお客として飲むんだから何してもいいのでは?
と考えてるとしたらそれこそが嫌われる行動の一つ。

barは基本的には一人で静かに落ち着いて飲みたい、
本格的なお酒をじっくりと堪能したい。

そう思って飲みに来てる方が多いんです。
そんなbarで嫌われる行動とは?

大声で話す

基本barは静かな所が多いです。

そこに居酒屋と同じ感覚で話すような方が来店したら?
雰囲気がぶち壊しになりますよね?
まぁ二件目でちょっとほろ酔いになって楽しくなってきたってのも分からんでもないですが、
でもそこはぐっと自制心を持ってbarの空間を大事にしてみましょう。
大声で話すと、
結構な確率で浮いてしまいますよ。

他人に絡む

これもお酒が入りすぎてつい隣の人とお話ししたい、
と思うかもしれません。

ですが、
barに来る方は他人と話したいと思う方も居ればそうでない方もいます。
一人静かに飲みたいと思って来ている方も居ます。
話したいと思ってもそこはあくまでbar。
他の人の空間という認識を持って、
話しかけるのは止めておきましょう。

逆にあまりお酒が入ってなく、
隣の人や近くの人と自然に話せそうだと思われたらバーテンダーの方から話を繋げてくれる場合がありますので、
あくまで自然に振舞って人の空間を尊重しましょう。
bar(バー)来る客層や年齢層・何人で来る?
バーでお酒を飲もうと考えていもちょっと入りずらいですよね? どんな年齢層で何人くらいで来ているのだろうかと不明点は多いと思います。 そこで今回はバーに来る客層の年齢層や男女比、何人で来るのかということをお伝えします。 大体のことが分かってしまえば後は何とかなりますので、 後はバーに行くだけです。

批判やネガティブな事を話す

批判というと他店の批判だったり、
他人の批判だったり。

ちょっと愚痴をこぼすだったらいいですが、
ずーっと批判だったりネガティブな話題を話す人が近くに居たら気持ちのいいものではないと思います。
もしもネガティブなことを話したいのであれば、
他の方へ聞こえない程度の小さな声にするなど配慮はしたいところです。


スポンサーリンク

香水に匂いがキツイ

barに行くのだから香水をつけてオシャレをしてもいいのでは?
と思うかもしれませんが、、、

barでウィスキーを飲みたい人やカクテルを飲みたい人は、
単に味だけという訳でもなく、
味の他にウィスキーを口に含む前の香りを楽しんでいたりもします。
ウィスキーだと鼻に近づけた時にほんのちょっと香るくらい。
そこに香水の匂いが漂うと香りを楽しむどころではなくなります。
なのでbarに行くときは香水は控えて、
また別の状況で香水を活かす方がいいと思いますよ。

一杯で粘る

これは周りの人から、
というよりはお店のバーテンダーの方から嫌がられます。

barでほんとにたまーにいますが、
一杯で2時間程度粘る。
barは確かに連れと行って話したりするのも楽しみですが、
barは基本はお酒を出して、
そしてそのお酒を飲んでもらってなんぼですよね。
それを一杯で粘るのはお店の人に対して失礼ですし、
飲まないなら後から来るであろう人に席を譲る方がいいでしょう。

常連客としてアピールしすぎ

barは常連が偉くて、
そうでない人が偉くないなど優劣はありません。

これも人によりけりですが、
常連だから偉いと勘違いしてしまう人も居ます。
でもそのbarは常連さんのものでもありませんし、
あくまでお店のもの。
これもお店により常連さんだからと我が物顔で振舞う人も居ますが、
それは後から来た人に対して失礼だし自分が後から入ったら嫌ですよね?
変に常連ぶるということはしなくて、
あくまでお客の一人として振舞えるようにしたいもの。

さいごに

今回はbarで嫌われるパターンということでお伝えしましたが、
自分がお客として行ってみてこんな振る舞いはどうなの?
と思う人も稀にいます。

もしも居たら自分がそうならないようにすればいいだけの話。

嫌われたからと言って基本は他人から言われないです。
子供の世界ではありませんからね。

嫌われない、
好かれるお客になればバーテンダーの方やよく会う常連の方と親しくなれたり、
優遇されたり、なんてことも起こります。

変に好かれようとはしなくていいですが、
自然体で他人の事を考えられる人になりたいものです。

では今回はこの辺で!

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました