barに長く通う秘訣は深入りしないこと!

酒を飲む女性 雑記

街には様々な種類のbarがありますが、
barは普段の生活ではなかなか遭遇することのない立場の方と知り合える楽しみってありますね。

ただこれからも同じbarに長く通いたいと考えるのであれば、
一定の距離感でそのbarを利用することをオススメします。

スポンサーリンク

常連が多いと自分の立場と違う人と知り合える楽しみはある

社会人ともなると、
会社と家の往復で知り合う人って限られませんか?

異業種交流会やら、
朝活などでも知り合えるけど、
ちょっと違うなとも感じるものがあるんですよね。
その点barであれば、
タイミングが合えば自然と近くに人と話す機会って訪れます。
年齢や立場の違う人と知り合えたり、
話せるってbarならでは。
いつものbarに行けば誰かしらの常連が居て話せる間柄になるとbarに行く楽しみもできるもの。
ですがそのbarにもしも長く通いたい、
そう思うなら。

そのbarに長く通いたいなら

モヒート
あなたがどこかしらのbarを開拓したとして、
また利用し続けたい。

そう思うこともあるでしょう。
barは様々な立場の方や同じ年代層の方とも知り合える反面、
同じbarに通い続けるならあまり深い人間関係を築かないことをオススメします。
barは確かに様々な方と知り合えるとお伝えしましたが、
知り合うとは言えそこは、

・barだけでの友人として
・男女間の関係

と二つあるワケです。
お酒が入ってると、
饒舌になったりしますよね?
何もなければいいのですが、
やはりアルコールが入ってる以上は理性は緩むワケです。
となると時として、
喧嘩になったりと人間関係にヒビが入ることもあり得ます。

意外と面倒なのが男女間の関係

自分が何とも思ってなくても、
男女がbarで出会って時に恋愛感情を抱く場合もあるワケです。

となると自分は何とも思ってなくても、
相手から好意を寄せられる場合って下手に無下にもできませんし、
かといっていきなり行かなくなると自分のお気に入りのbarが消える訳です。


スポンサーリンク

人間関係で深入りしない

barは様々な方と知り合えるのはいいのですが、
自分のお気に入りの一軒を見つけたのであれば出来ればそのbarでは、

・酒を飲み過ぎない
・恋人が居なくても相手がいない素振りは見せない
・人間関係に深入りしない

ようにするといいかと思います。

酒を飲み過ぎない

アルコールが入りすぎていいことはありません。

お財布にも優しくないですし、
何よりも帰りが辛い。
それ以上に影響を及ぼすのが、
アルコールが入りすぎてる状態での人間関係。
強い弱いはあれど、
普段の理性を失ってる中での人間関係ってやはり普段のタガも外れますし、
時として思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

飲み過ぎてて、
常連さんと言い合いになってしまった。
なんてこれ私の事なんですがね。
そうなると同じ店には行きづらくなるわけです。
人間関係にヒビだけでなく、
何よりも帰宅時に集電を逃したりとデメリットのが大きくなりますので、
ちょっと酔ったなと思ったら切り上げです。

恋人が居なくても相手がいない素振りは見せない

お気に入りのbarが見つかって長く通いたい。

そんな時に限ってbarで見知らぬ人と出会うなんてあります。
それが自分のタイプであればいいのですが、
そうではない場合もありますよね?

そんな場合に変に相手に言い寄られても、
その後にまた同じbarを気軽に利用ってしにくいものです。

出会いを求めるなら自分のお気に入りの店では、
なるたけパートナーが居る素振りを見せておく方が得です。
変に気を持たせてしまって、
後々面倒なことになってもそれは自分にとっても居心地が悪い空間になりますし、

何よりも相手に変な期待を持たせるのは良くないもの。

人間関係に深入りしない

結論はこれなんですが、
barでも常連が固まってるだとか、
常連の繋がりが強いお店は人間関係が深くなりがち。

となるとちょっと一人で静かに飲みたい、
落ち着いて飲みたい、
そんな時に利用しずらくなります。
ですので常連のなるたけ少ないお店でかつ、
深い人間関係は作らないことです。
ちょっと話す間柄ならいいのですが、
お店の外でまで会うとなるとそれは重たいですし、
時として面倒な場合も生まれるから。

さいごに

barに行く目的は人それぞれでしょうが、
お酒を楽しむだとか、
barのあの雰囲気を楽しみたいのであれば、

・お酒を飲み過ぎず
・適度に距離感を保った人間関係

これを意識するといいでしょう。

変に深入りすると、
トラブルだとか、
深入りしたが為にしがらみが生まれて面倒な場合もあるからです。
美味しいから飲み過ぎるってわかりますが、
そこはご自分の理性で程よい状態で切り上げましょう。
飲み過ぎても何らいいことはありませんし、
カッコいいものでもありませんから。
そこは大人になりましょう。
ではまた!

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました