bar(バー)で一人飲みでも十分楽しめる理由とは?

青い扉 雑記

bar(バー)に一人で行って楽しめるのだろうか。
何をしたらいいのだろうか。

あまりbar(バー)に行き慣れてないとそう思ってしまいますよね。
bar(バー)に行く前は楽しめるのだろうか、
緊張したりしないだろうか、
と思ってしまうものですが、
一度足を運んでみればbar(バー)はとても居心地のいい空間なんです。
今回はそんなbar(バー)をどう楽しむのか、ということについてお伝えします。

スポンサーリンク

バーで一人で楽しめるもの?

一人でバーに立ち寄るのは最初は不安があるもの。

周りは常連ばかりでないだろうか?
入りずらいのでは?
と色々と考えてしまうもの。
確かにバーによっては常連で固まってるようなお店もありますが、
その回避方法については後程お伝えします。
始めての入店は緊張するもの。

初めてのバーへのハードルを下げるには

開店直後に行く

これです。
開店直後だと常連が固まるようなお店でもあなたが最初の一人目かもしれません。

居ても一人二人という状況。
開店直後に狙いを定めるというのは、

・(他の客もまだ来てないため)バーテンと話す機会が必然的に増える
・(常連で固まってるような店でもあなたが最初に一番乗りしていれば)バーテンという味方をつけている点や、
・どんなバーなのかな?という雰囲気を探る時間を確保できる

等多少ですが心理的な余裕ができます。

バーで楽しむとは何をして楽しむもの?

バーで一人で行って楽しい?
と聞かれれば楽しいというよりもバーの空間と時間やバーテンさんとの会話を楽しんだりできますが、
初めてだとなかなかそんな余裕ないかもしれませんね。

バーに入ってウィスキーのボトルを眺めるだけでも楽しめますが、
飲み物をオーダーして暫くしたらバーテンさんが話しかけてくれる時があります。
そしたらバーテンさんと他愛もない話でもいいでしょうし、
お酒の話でもいいでしょうし、
バーテンさんと話をする
というのもバーを楽しむ一つと言えます。
私も色々とバーに行ってみましたが、
飲み始めてちょっと落ち着いた段階でバーテンさんが話かけてくれて「今日は一件目ですか?」とか、
「この辺りではよく飲まれるんですか?」とさりげなく話しかけて来てくれて間が持ったということもありましたので、
バーテンさんが話しかけてきたのをキッカケにお話しをしてみるというのもいいでしょうし。
こっちが緊張してるなーと分かれば自然とリラックスしてくれるように丁度いいタイミングで話しかけてくれるんですよね。
そのタイミングは流石ーといつも感心してますが。
色々と話しするでもいいですし、
スマホを触るでもいいですし。
スマホは時間つぶしにはなりますが、
触るのはほどほどのがいいかなと私は思います。
というのは最初は緊張するかもしれませんが、
バーテンさんと話したり近くの方と話したりするというのもバーの楽しみであったりしますので。
年代も違う方と話してみたら予想外に話が弾んだ、
なんてこともありますのでこんなところがバーの楽しみでもあったりしますよ。

barでカッコいい飲み方をしなくていい理由!
barでお酒を飲むようになると、 カッコいい様になるような飲み方をした方が決まる、 なんて思いませんか? そんなbarでカッコいい飲み方って実際にしなくてもよく、 むしろ飲み方以前に気を付けた方がいいポイントがあるんです。 今回はそんなbarでカッコいい飲み方以前に、 この人の飲み方や態度っていいなって思われる過ごし方をお伝えします。

バーによりバーテンさんもあまり話をしてこない店もある

お酒を作る
開店直後に入るということでお伝えしましたが、
バーによってはあえて客の時間を大事にするという意味で話しかけてこない店もあります。

これは入ってみないとわかりませんのでまずは最初の扉を開けるという所から勇気を振り絞っていきましょう。
緊張するのはこの扉を開ける時だけです。
開けてしまえばあとは何とかなるもの。
バーに入ってもバーテンがあまり話しかけてこないような店は常連同士が固まってない店である可能性が高いです。

というのは話しかけてこないということは個人の時間や空間を大事にしているということですし、
それに惹かれて客も集まる可能性が高いですので誰か常連と話したくてというよりは雰囲気を楽しみに来てる方が多かったりします。

このような話しかけてこないような店ではどのように楽しんだらいいのか?

・ボーっと目の前に並ぶボトルを見回す
・空想でもしている
・スマホでも見る

など一人で好きなようにしていて全く問題ありません。

それにそんなことをしているからといって変な目でも見られませんし、
正直バーテンさんが話かけてこないようなお店は好きなように落ち着いて酒を楽しめますよ。
ですのでリラックスして過ごすのが楽しみと言えるのではないでしょうか。

落ち着いた雰囲気だけどハーテンさんが話しかけてくる店

注がれるカクテル
本格的なバーである程度落ち着いた雰囲気の店だけれどあなたが最初に入った時にしばらくしたら話しかけてくれる。

このような店では話しかけてくるまではグラスの氷やボトルを眺めるということでもいいかと思いますが、
バーテンさんが話しかけてきたらバーテンさんと話すというのも楽しみの一つと言えますよ。
落ち着いた雰囲気だけれど、バーテンさんが話しかけてくるということは常連同士の繋がりがある程度は構築されているという可能性があります。

常連が居るけれど常連同士が固まって入りずらい店とそうでない店はどうやって見分ける?
これは正直場数をこなすしかないのですが、
私の経験上言えることは、

・ある程度大きい駅の近くにあるバー
(つまり人の流動性が高いような立地にある店)は常連も来るけれど新規も来るためにあまり常連同士で固まらず新規でも入りやすい

・地元に密着したようなバー
(ベットタウンのような駅にある地元の人が行くようなバー)は新規の客というよりも地元の人が集う、そんな店は常連同士で固まってる可能性が高いです

barでマスターに酒を奢るのは状況次第!
barで酒を飲むようになってマスターに一杯酒をご馳走したほうがいいのだろうかと思うこともあるかもしれません。 結論から言えば奢らなきゃいけない、 ということはないです。 マスターに一杯というのはその時の状況にもよりますし、 自分の立場にもよります。 ではどのような時にマスターに一杯となるのでしょうか。

常連同士の輪ができているような店に行きたい場合は?

笑う男女
常連同士の輪が完全に出来上がっててて新規の客が入ると最初は入りずらい、
ということは十分あります。

なので常連の輪ができているお店は開店直後を狙う。
開店直後であればバーテンさんと話せますし、
後から常連が来てもバーテンさんという味方がいるので心強かったり。
常連同士の輪ができている店の場合は今まで行った感じとして、
バーテンが話しかけてくることはありますが、
どうしても輪ができてしまっているのでバーテンも常連を優先しがちな傾向が感じられます。
正直常連で固まってる店は入りずらいと思いますが、
輪の中に入ればそれは居心地はいいかと思います。
※時間はかかるかもしれませんが。
ただバーに行くというときは目的は様々だと思います。
誰かと話したい、
または一人で放っておいてほしいので静かに飲みたい。
状況状況に応じて行く店を使い分けてみるのもいいかもしれません。

bar(バー)に一人で初めて行っても歓迎されるようにするには!
たまには本格的なお酒の飲めるバーにでも行ってみようか。 そう思ってもバーって敷居が高い。 値段が高い。 そもそもお酒に詳しくないと行きずらい。 そんなイメージかもしれません。 ですが敷居が高く感じたり、 値段が高いのには理由がありますし、 お酒に詳しくなくても初めてバーに入っても問題はありません。 今回は初めてバーに一人で行ったら? ということでお酒に詳しくなくてもどうやって注文するかとか、 大体の値段や初めて行くバーは最初は一人で行ってみるのは何故いいのか? ということをお伝えしますので参考にして頂けたらと思います。
スポンサーリンク

さいごに

今回はバーでの一人での楽しみ方ということでお伝えしましたが、
本格的な美味しい酒を楽しむという場合でしたら本格的なバーであまり常連が固まってない店を選ぶといいかもしれません。

このような店ですと常連と話すというよりは静かに美味しい酒を楽しむという時間を楽しめます。

反対に誰かと話したい、
人と知り合いたいという場合でしたらある程度常連が多い店や常連の輪ができている店を選ぶといいかと思います。

常連の輪ができている店は酒を楽しむというよりかはその輪に入るかどうか、という所かと思います。
常連の輪が出来れいるような店はこれも私の感じた点ですが、酒はイマイチだな、と感じることは多々ありました。

行った店がそうだったというだけなのかもしれませんが。

あなたが行く店がどのような感じかは分かりませんが、
一つ言えるのは居心地が良くないと感じたら1杯で出て来る方がいいでしょう。

バーは店によって合う合わないの差がハッキリ出ます。
合わないと感じる店に長居する必要は全くありませんのであなたに合う、
と感じた店に通ってみるというのもいいかと思いますよ。

 

一人で外飲みをする時何杯くらいが理想?始めていくお店は?
いつも家と会社の往復ばかりでマンネリ化してしまってるので、 ちょっと違う刺激も欲しい。 誰かと飲むとなるとそれはそれで気を遣うものだし、 かといって一人で飲むとなると寂しくないものか? と思ったりしますよね。 今回はそんな一人で飲みに行くときに、 何杯くらい飲むのがスマートなのか、 また初めて行くお店はどんなお店がいいのか? ということについてお伝えします。
男がカクテルを飲むのはダサい?他人の視線は気にするな!
男がカクテルを飲むとダサいと思われるのだろうか? そう気になるのは初めのうちは仕方ないかもしれません。 けれど実際は男でカクテルを頼んでも全くダサくもないし、 むしろ堂々と頼むべし。 今回は男がカクテルを頼むとしたら、 周りからの視線を気にしないことと、 自分の飲みたいカクテルをどうやってバーテンダーに伝えたらいいのか、 ということについてお伝えします。
スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました