大手キャリアのスマホ代が高い!他社へ移れば料金は下がるもの?

iijmio壱からnavi 料金・プラン

現在大手キャリアを使用していても、
どうも月額料金が高いと感じるから他社へ移れば解決するのでは?と思うかもしれません。

実際に大手キャリア同士で乗り換えをした場合、
料金は下げる事は可能でしょうか?
また料金を下げるためにはどのような手段があるのでしょうか。

この記事でわかること
・大手キャリア同士で乗り換えをしたら料金は下がるのか?
・大手キャリアで料金を下げる方法
・更にコストダウンをするにはどうするか

スポンサーリンク

大手キャリアの月額料金は高いから他社へ移れば安くなる?

tag
以下に各社大手の料金の比較を載せましたが、
多少の違いはあれど違いはありません。

結論からお伝えすると、
大手キャリア同士で乗り換えをしたからといって料金を劇的に下げるのは不可。

 

ドコモ(ギガライト) 1ギガまで3,465円 3ギガまで4,565円 5ギガまで5,665円 7ギガまで6,765円
au(ピタッとプラン) 1ギガまで3,465円 1~4ギガまで5,115円 4~7ギガまで6,765円
ソフトバンク(ミニフィットプラン) 1ギガまで3,278円 2ギガまで4,378円 3ギガまで5,478円

 

大手3社のプランを比較してみましたが、
そこまで大差ないんですね。

ですので現在の料金が高いから、
と他社へ移っても値段が思うように下がらないという事は頭に入れておくといいでしょう。
大手キャリア同士で他社へ移ってもそこまで下がらないとなれば?
何をしたらいいのでしょうか。

大手キャリア契約のまま値段を下げるには?

大手キャリア同士乗り換えをするよりも、

・家族で使用なら家族全員同じ会社にする(家族割の適用)
・光回線を同じ会社にする

以上の事で料金は下げられます。

  • ドコモを例にすると
ギガライト(4G)
・1ギガまで3,465円
・3ギガまで4,565円
・5ギガまで5,665円
・7ギガまで6,765円
上記が基本料金ですが、
・3回線以上の契約であれば1回線あたり1,100円引き
・ドコモ光セット割で3ギガまでであれば550円引き、それ以上のギガ数であれば1,100円引き
と割り引かれます。
上記2つ適用させると、
・1ギガまで(3回線以上割引で)2,365円
・3ギガまで(3回線以上割引とドコモ光セット割で)2,915円
・5ギガまで(3回線以上割引とドコモ光セット割で)3,465円
・7ギガまで(3回線以上割引とドコモ光セット割で)4,565円
と値段を下げられます。

大手キャリアの場合は3社ともに料金体系が横並びなので、
他社に移ったからとはいえ値段を下げるのは難しいです。

ですのでご家族での使用の場合であれば、

・家族全員同じキャリアにする
・光回線も同じ会社にする

と僅かならがらですが、
料金が下がります。

家族で同じキャリアの使用がない場合
光回線がない場合は?

そのような場合はどうしたらいいのか?ということですが、
大手キャリアのサブブランドを検討するという手段です。


スポンサーリンク

大手キャリアでもお得なプランがある

plun

ドコモ、au、ソフトバンクから登場した新しいプランがあり、
家族割や光回線割はありませんが、

・一人での使用
・ある程度の容量を使う場合

でも十分対応できます。

下記に大手3社のお得な料金プランを載せました。

 

料金プラン 通話料 通話オプション
ドコモ(ahamo) 2,970円/20ギガ※5分間の無料通話付き 30秒/22円 かけ放題/1,100円
au(povo) 2,728円/20ギガ 30秒/22円 5分間かけ放

550円

かけ放題

1,650円

ソフトバンク

(LINEMO)

2,728円/20ギガ 990円/3ギガ 30秒/22円 5分間かけ放

550円

24時間かけ放題1,650円

 

正直この3つもあまり差はないのですが、
ahamoは基本料の中に5分間の通話が込みであったり、
LINEMOは使用する量が少ない場合に3ギガ対応があったりと、
通常の大手キャリアの料金からは下げることができますね。

上記3つのプランの注意点

ただ上記3つは大手キャリアよりは安いものの、
あまり使用しない場合には明らかに容量が多すぎる為に必要以上の料金を支払うことになります。

また家族でデータ容量をシェアしたい場合などは、
上記3つのahamo、povo、LINEMOはデータシェアができません。

家族で使用したいという場合や毎月のデータ使用量が少ない方には向きませんので、
そのような場合に格安simを検討するといいかと思います。

格安simは様々あるけど何で選ぶ?

アルファベット
格安simはそれこそ無数にありますし、
調べるのは面倒と思うかと思います。

ですのでご自身の中で何を重視するのか?で考えてみるといいでしょう。

・データ容量が少なくていいのでとにかくコスト優先
・データ量量を家族でシェアする
・格安simの中でもある程度の速度が欲しい

とザックリと分けましたけど、
ご自分の中で何を重視するか?で考えてみるといいかと思います。

コストを優先するのであれば

iijmio OCNモバイル nuroモバイル y.u.モバイル
500MB × 550円 × ×
1ギガ × 770円 × ×
2ギガ 858円 × × ×
3ギガ × 990円 792円 ×
4ギガ 1,078円 × × ×
5ギガ × × 990円 1,070円
6ギガ × 1,320円 × ×
8ギガ 1,518円 × 1,485円 ×
10ギガ × 1,760円 × 2,970円
15ギガ 1,848円 × × ×
20ギガ 2,068円 × × 4,170円

低用量帯での使用ならばOCNモバイルやnuroモバイルがコストを抑えらえます。

また低用量から20ギガまで幅広くバランス良くカバーしているのがiijmio。

 

iijmioの毎月の維持費や安すぎる使い方をしたいあなたにおススメの方法とは?
iijmioは安そうだけれど実際どのくらいの料金がかかるのだろうか? そう思ったけどそんな安い裏には何かあるんでしょ? と思うかもしれません。 実はそんな裏もなく千円以下でスマホを持ててしましますが、 今回は更にスマホ代を下げる為にできる事も併せてご紹介します。

そしてy.uモバイルは10ギガ、20ギガプランであればU-nextが月額料金に含まれているので、
映画やドラマを観る機会が多い時に選ぶとお得
です。

データシェアをするのであれば

iijmio
※最大10回線の間でシェア可
シェアするメンバーが個別にプランを申し込み(音声simまたはSMSsim、データsimの2~20ギガ:748円~2,068円)合計ギガをシェア
OCNモバイルONE

※最大5回線の間でシェア可

1回線目(音声sim・SMSsim・データsimの3ギガ~10ギガまでのプラン:858円~1,760円)
2~5回線目(音声sim/433円・SMSsim/433円・データsim/433円

※一枚毎の月額料金

OCNモバイルは1回線目を契約し、2~5回線までを追加回線という形をとり、1回線目のデータを最大5名でシェア
BIGLOBEモバイル

※最大5回線の間でシェア可

1回線目(音声simの3ギガ~30ギガまでのプラン:1.320円~8,195円)
2~5回線目(音声sim/990円・SMSsim/352円・データsim/220円)

※一枚毎の月額料金

BIGLOBEモバイルは1回線目を契約し、2~5回線までを追加回線という形をとり、1回線目のデータを最大5名でシェア
mineo 個別にプランを申し込み(音声simまたはデータsimの1~20ギガ:880円~2,178円)使い切れなかった分を翌月にシェアメンバー(最大10回線)でシェア
イオンモバイル

※最大5回線の間でシェア可

1回線目(音声simの4ギガ~50ギガまでのプラン:1.518円~6,688円)
2回線目以降(音声sim利用は1枚毎に+220円・SMSsim利用は1枚毎に+154円加算)※4枚目、5枚目はsim1枚毎に+220円加算)
イオンモバイルは1回線目を契約し、2~5回線までを追加回線という形をとり、1回線目のデータを最大5名でシェア
y.u モバイル

※最大4回線の間でシェア可

20ギガ/4,170円のシェアプラン(音声sim)で2名まで追加料金なしでシェア可

※毎月1,200円分のポイントが付くのでポイントをデータチャージ(10ギガ分)としても利用可

3~4回線目(音声sim/1,100円・SMSsim/462円・データsim/330円)

※一枚毎の月額料金

データシェアの方法を載せましたが、
基本は一つのプランを複数名でシェアするか、
もしくはシェアメンバー個別にそれぞれがプランを申し込み、
合計数をシェアする形です。

個人的にはiijmioが最大10回線(音声simは5回線まで)の間でシェアできますし、
またメンバー個別にプランを申し込むのでデータ量を月に応じて柔軟に対応できるのが利点といえるでしょう。

 

iijmioのギガプランのデータシェアは家族間や複数デバイスでの使用に最適
MVNOにするからには毎月のコストも安くして、 そして家族で使う場合には家族の間でギガをシェアしたい。 iijmioの新プランのデータシェアは家族同士、 また複数デバイス間であっても自在にシェアできるメリットがあります。 今回はそんなiijmioのギガプランのデータシェアのお得さや、 どのような場合にiijmioのギガプランのデータシェアを選ぶといいのか? ということでお伝えします。

他にもy.uモバイルは2名までなら加算料金もありませんし、
動画閲覧が多い場合にいいかもしれません。

速度を求めるなら

格安simは安いのは確かですが、
回線を大手キャリアから借りてる関係で人が多く利用する時間の昼時等は速度が落ちるんですね。

となると大手キャリアから移るとどうしても速度の遅さで我慢できないという場合もあるかと思いますが、
そのような場合に備えて予め大手キャリア系列の格安simを選択するといいかもしれません。

・UQモバイル(au系列)
・yモバイル(softbank系列)

値段は普通の格安simよりは多少上がりますが、
昼時の速度に定評のある会社です。

格安simにしても速度が落ちるのが無理、
というのであれば一度UQモバイルかYモバイルを契約してみてから格安simに移るのを検討するといいかと思います。

さいごに

大手キャリアは最近は以前では考えられなかった程優しくなりましたね。

ドコモで言えばahamo等考えれない程料金を下げてきましたけど、
格安simに対抗した強烈なプランでもあるといえます。
速度重視であれば絶対的に大手キャリアという選択がいいでしょうが、
リモートワークで昼時の速度は関係ない、
というような場合であれば格安simにすることで劇的にコストは下げられるはずですよ。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました