人のせいにしても人生の問題は解決しないから他責を止めることから!

キューブ 雑記

何か物事がうまく行かないと決まって人のせいにしたりする人、
居ませんか?

会社の上司だったり、
友人だったり。
または自分であったり。
仮に上司や周りの人が何か上手く行かないとスグに人のせいにする人だったらそばにいるアナタは嫌になると思うんです。
なぜこうも毎回人のせいにばかりするのか?という理由や、
そのような相手との付き合い方、
場合によっては関係の見直しについてお伝えします。

スポンサーリンク

人のせいにしても根本的な問題は解決されない※原因は自分だから

会社などで問題が起こると決まって部下の責任にしたり、
当の上司は責任逃れをしようとするってありませんか?

私の以前のブラック企業の上司がまさにそうで、
自分は何一つ責任を負わずに何か決まって物事の状況が悪くなると全て周りや部下のせい。
とはいえ上司は指示を出した側でもあるし、
責任はある立場といえますね。
今は上司を例にしましたが、
仮に友人でも誰でもいいのですが、
物事がうまく行かないと「誰々のせい」だとか「あの人が」というフレーズ、
聞きませんか?
他人のせいにしてる時点であることが抜けてるんです。
そうその他人のせいにしている人自身の発言や行動に対しての責任を一切放棄しているという点。
自分が発したこと、
行動したことに対する責任より、
他人が思うように動いてくれない等、
他人に動いてほしい、他人からのアクションを期待してるってことです。

そもそも他人を変えるのは相当困難なこと

とはいえ他人に変わって欲しいだとか、
思うように動いて欲しいと思ってても他人には他人の思考や感情もありますよね?

仮にあなたが他人から「あなたのここがダメだから変えた方がいい」と言われてて、
ハイ、そうしようか、と思わないハズでしょう。
恐らくは反発すると思います。
それと同じように他人が変わって欲しい、
他人に動いてほしいなんて思っても変わる訳ありませんよね?
そこに労力を使うだけエネルギーの無駄といえます。
人のせいにしてその瞬間は確かに自分の責任を負わなくて済むので楽かと思いますが、
自分自身の選択や行動、言動に何ら責任を負わずに全て周りのせいにしてれば問題解決するか?
というと解決はしません。

ただ責任を擦り付けただけ。

物事を選んで選択したのは自分

何事もそうですが、
今の感情や思考、そのように他人に反応するかを決めたのは自分。

このように感じろだとか、
他人にはこう反応しろ、
と言われた訳ではありませんよね?
自分がそうしようと決めてその感情や思考、
行動や言葉を選んだというだけ。

他人のせいにすると周りに振り回される

全ては自分次第なんですが、
他人のせいにするということは他人のせいにすればその瞬間は楽ですが、
結局他人が思うように行動してくれないという現実に直面してイライラ。

また別の場面でも他人が思うように動かないとイライラというように常に他人や外界に左右されて非常に疲れてしまいます。
それに人のせいに、
という以前に自分がそう思った、
そう行動した現実が今の世界なので、
自分の選択や人生に責任を持ってないということになります。
他人のせいにしても根本的な解決にはならず、
常にひとのせいという思いを持ってると、
周りの人からは「あの人はいつも他人のせいにするから近づくのは止めよう」と思われるのがオチです。
逆の立場で考えれば常にあなたのせいだとか、
他人のせいにする人が居れば自然と距離を置きたくなると思います。
他人のせいにしたところで、
問題は何ら解決しませんし、
場合によっては周囲の人が離れていくことに繋がります。

人のせいにする理由とは?

散らかった机
そもそもになりますが、
なぜ人のせいにしてしまうのでしょうか?

というのは小さいときは自分の親や年上の兄弟や学校の先生が何かしてくれたという現実がありますよね?
放っておいても周りが何かしてくれた。
自分は何もしなくても周りが動いてくれた、
してくれたという現実がある。
・周囲の人への甘えがある
といういうことです。

周りのせいにすれば自分が傷つかない

誰それのせいだ、
アイツが悪いと全て周囲のせいにして自分の責任ではないということにすれば、

・自分は傷つかない
・小さいプライドを保てる
・自分の弱さを隠せる
・自分の責任と認めないで済む
・結局周囲へ甘えてることを隠せる

ということです。
周囲のせいだということ以前に自分が選択して失敗したとしたらプライドも傷つくでしょうし、
苦い思いもすると思いますよ。
ですが単に自分の選択が間違ってたと認めて次回改善すればいいだけの話なんですが、
周囲のせいにした時点で自分の選択を次にどう改めればいいのか?
という成長機会を逃すことになります。
人のせいにすればその瞬間はプライドも保てるし、
傷はつかないけれど、
結局は他人が思うように動いてくれないとイライラしてるという他人依存のままになりますし、
他人の反応次第でイライラするという悪循環からは抜けられないということに。

人のせいにする人ってどんな人?

人込み
人のせいにするって大体同じような特徴があったりしませんか?

人のせいにする割には、
その人に意見しようものならキレたり、
自分の間違いを認めなかったり自分の主張が絶対だ、みたいに正当性を主張しようとする。
自分が絶対で他人の意見は認めず、
自分が全て、のような側面があるなと私は思います。
ですが人のせいだ、
という割にその人は人から言われると切れて怒りだすという反応をされたら周りは疲れますよね?
それにそんな人と居ても周りは疲れるだけですし、
意見も言いずらい雰囲気になりますよね?

人のせいにすると人生失敗する理由

周りのせいだ、
という主張を続ける限り周りからはまた人のせいにするんでしょ?

という思いを持たれますし、
その人の正当性だけを主張されることで周りも段々と離れていく結果になります。
それに気づかずにまだ周りのせいだ、
ということをしていると自分自身が招いているということに気付きませんし、
自分を改善するチャンスも失うということになりかねません。

スポンサーリンク

人のせいにしない問題解決方法

人のせいにしたり、
他人を裁いてしまうってあると思います。

でも過去に自分がそう考えた、
思考した、
行動した現実が今の状態ということです。
最初の内は自分が選択した責任を認めるって自分のプライドが邪魔したり、
自分の弱さを認めることにもなるから自分自身の抵抗にあうことも承知の上。
いきなり一度で変えるではなく、
その問題を招いた思考や行動、言動を自分がどうしていたか?
ということに目を向けたり、
自分がどう行動したから今のような現実になったのか?
を一度考えて認めることか
ら始めるといいと思います。
とはいえ最初のうちは人のせいだというのが癖になってしまって、
自分の責任というのを認めずらいんですよね。
私もやってみましたが、
1-2週間で変わるものでもなく時間はかかるなと感じてますが、
定期的に時間を取って自分が選んだことだと認めることです。

物事の全ては自分が作ってるという現実

これも最初の内はなかなか認めずらいことですが、
今の現実がこうなったのは過去の積み重ねが今の現実ということです。

過去に思考をして選択をして行動したのは誰でもない、
あなたです。
他人から強制された訳でもありません。
ちょっと考えてみて、
他人があなたに笑顔で接してきたらアナタもいい気分になりませんか?
逆に相手がムスッとしてあなたのことをぞんざいに扱ったら恐らくあなたは気分を害すると思います。
相手に与える態度や行動で他人からの反応もある程度は決まるということですし、
となればこれは何も行動や言動に限らず、
行動や言動の元となる思考がネガティブなものだと相手との関係もあまりいい関係にならないですよね?
となればあなたが思考して行動した結果が今の現実ということ。
となれば?
自分がそう選択した思考や行動を他人のせいにはできませんよね?
最終的に選んでるのはあなたなんですから。
そこを他人のせいだということになった時点であなたのコントロールは他人に委ねてしまうというデメリットがありますので、
自分が選択したんだと認めることからです。

他人のせいにし続ければ結局その人にはね返る

他人に取る態度や思考が大体同じような態度や思考で返ってくるということを考えれば、
他人のせいにしている人は最終的にどこかのタイミングで周りからもその人のせいだ、
という現実に直面し更に人のせいだという水掛け論が延々と続く。

これって疲れませんか?
人のせいだとやってて生産性は何らありませんから、
人のせいにするというのはさっさと捨てた方がいいです。
他人は鏡というのであれば変えるは自分自身の考えから!
他人は自分の鏡だというフレーズ耳にしたことありませんか? 自分が思考したことや行動した結果、 他人の行動も決めるという考え。 人って何かちょっと他人からの反応が冷たかったり、 素っ気なかったりするとついその人を責めたり、 他人が悪いって思ってしまいがちですよね。 とはいえそんなことを延々と繰り返しても人の振り回されて、 影響されるばかりで疲れてしまいます。

人のせいにする人が居る場合の対処法

人のせいにする人と居ても正直周りは嫌なものだとも思います。

人のせいということは自分で選んだ選択や思考の責任を他人のせいにしてる時点で、
他人ベースになってるということ。

となれば他人への依存や甘えがあるってことです。
他人から思うように動いてほしいだとか、
行動してほしいってことは、
・人のせいにしている時点で自分の問題からは逃げている
※(この問題はプライドの高さだったり、他責にする癖だったり、人から認められたいだとか、自分の弱さを隠すため等)
ということが挙げられるので、
・関わりは最低限にする
・相手の言動は認めてあげる
・自立を促す

事だと思います。
朱に交わればという言葉があるように、
他責をしてれば結局は甘えがある人と居るということです。
人が○○してくれないだとか、
人からの行動を期待することになりますし、
常に他人に左右されて自由とは程遠い世界に生きることになります。
それって疲れますよね?
なのでできれば離れる。
人のせいにする人って依存心が強い人が多いように思いますので、
自分もそのような人に依存しない、
そして依存させないで、
お互いが自立した関係になれるようにするといいでしょう。

他責にしない人が成功できる

空と人
人のせいにする、
ということは結局他人に振り回されることでもあります。

また他人責任にしてしまうことで自分のコントロールを失うことでもあるので、
他責にしないで自分で選んだ責任を認めることで自分で自分のコントロールが取れるということ。

となれば他人ありきではなく、
自分で選択して自分で責任を取る反面、

・どのような人と付き合うか
・どのような人生を歩むか
・時間をどのように使うか

を自分の望むように選択できるこということです。

今の自分を受け入れると他人からの承認なくても楽に生きられる!
あなたは今の自分自身が好きですか? よく自分を好きになりましょうという言葉って聞いたことあるかもしれませんが、 そもそもなぜ自分を好きになった方がいいのか? 今回はそんな自分を好きになると楽に生きられる、 という視点でお伝えします。

さいごに

人のせいにしない。
これは正直最初のうちは人のせいにしてたのが当たり前だと抵抗にあうものです。

ですが習慣作りには3週間というようにある程度の時間はかかると覚悟して地道に取り組む以外ありません。
人のせいにして振り回されるより、
自分で選んだと認めて責任を取る方が最初は辛いでしょうが、
人のせいにしない時点で自分で選べる、人に左右されなくなるという意味でも自由かなと思います。
地道にやるのみです。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました