iijmioでキッズケータイを持たせるのは子供の年齢次第で考えた方がいい!

スマホ画像 端末

家族でiijmioを検討したいけれど、
いわゆるキッズケータイというものはあるのかどうか。

iijmioのHPを見てもキッズケータイがどこにも載ってない、、、
iijmioにしてコストを下げたついでにキッズケータイのようなものはあるのでしょうか。
今回はそんなiijmioに変えたらキッズケータイはどうなるの?
ということでお伝えします。

この記事でわかること
・iijmioでキッズケータイを持てるか
・格安シムの契約で子供にスマホを持たせるのに適したMVNO
・iijmio利用でもアプリでスマホを制御させるアプリのこと
・gogole設定で子供の位置情報を知る方法

スポンサーリンク

iijmioで子供に携帯を持たせたい場合どうする?

いきなり結論をお伝えしてしまいますが、
iijmioでキッズケータイを持つことは難しいです。

いわゆる大手キャリアから出てるような機能が大幅に制限されたキッズケータイ端末というのは発売されてません。

▼こんな機能ですよね▼


・防犯ブザー
・イマドコサーチ
・絵文字対応SMS
・家族内通話は無料
・GPSでの居場所確認

我が子の安全の為に持たせたいのにイマドコサーチやGPSで居場所を探せないというのはちょっと痛いですよね。
  • キッズケータイとしての機能をフルに使いたいのであれば
・子供が小学生のうちは親が大手キャリアを契約
キッズケータイが使えるのは小学生のうちです。
もしキッズケータイの機能を活かして使いたい場合は小学校卒業までは親が大手キャリアを契約している限り、
キッズケータイの機能が活かせますので安全を優先でいいのではないでしょうか。

家族全体のコストを優先するならば

格安シムに家族で移行してもいいかと思いますが、
先ほどお伝えした通りiijmioではキッズケータイの販売はありません。

ただキッズケータイの使用が小学生の内という制限もあるのが事実。
キッズケータイがそろそろ使えなくなる年齢だからそれを機に変えるというタイミングであれば、
iijmioなり他社のMVNOを検討してもいいのかもしれません。

もしも家族でiijmioにした場合子供も普通のスマホを持たせることになる?

iijmioの場合はそうなります。

そして当然の事ながら、
・防犯ブザー
・イマドコサーチ
・絵文字対応SMS
・家族内通話は無料
・GPSでの居場所確認
は非対応となります。

iijmioは完全定額話放題はないが話せる時間が長くなるオプションは用意されている

ただ通話に関しては完全話し放題ではありませんが、
月額913円で10分定額プランがあります。

これは家族同士の通話だと30分まで拡大します。

子供の位置情報を確認したい場合は?

androidスマホを例にご紹介させていただきますが、
androidの場合は必ずgoogle アカウントを作ります。

あなたとあなたの子供というようにそれぞれアカウントを作るかと思います。
その上での操作となりますが手順は以下の通り。

1.あなたと子供のスマホの位置情報設定をオンにします。

2.あなたのgoogle mapを起動させます
3.起動させたら右上の自分のアカウントの場所をタップ
map
4.現在地の共有をタップ
map
5.新たに共有をタップ
map
6.共有する時間と子供の連絡先を選択(連絡先がなければ「その他」を選ぶ)
map
7.リンクを子供のスマホに送る
map
8.子供のスマホに送られたリンクをクリック

という流れで子供の現在地の確認ができます。

詳細はgoogleのサイトにて確認ができますので見てみてください。

ちょっと面倒かもしれませんが、
こんな方法で位置情報の取得もできます。

格安シムで子供に持たせるのに適した端末ってある?

スマホ
大手キャリアから出しているような完全なキッズケータイはないにしろ、
子供に持たせるのを前提とした格安シムの会社でTONE mobileのシムがあります。

端末はスマホの形をしてますが、
親が子供の持つスマホに制限をかけたり子供の居場所を知ることができたりと普通の格安シムとはちょっと違います。

TONE mobileのメリット・デメリット

TONE mobileは何と言っても基本使用料の安さ。

・アンドロイド端末の利用であれば毎月1,100円
・i Phone端末の利用であれば毎月1,650円

この値段で動画以外のネット閲覧とSNSの使用が可能

とはいえネット閲覧やSNSが自由にっていうとあまり見て欲しくないサイトにアクセスしたらどうしようと思うかと思いますが、このTONE mobileは親が、
・使用できるアプリのカスタマイズ
・使用時間に制限
・フィルタリング機能(有害・不適切なサイトやサービス、アプリをブロック)
の機能が備わってますので何でもかんでも好きにアクセスができるという訳ではありません。
※上記の制限やカスタマイズをする為に親がTONE mobileの契約でない場合は+220円かかりますが。
このほかにも子供の居場所を確認できたりですとか、子供が万が一ご自身の画像を撮影しても保管ができないようにAIで制御するなどの機能も備わってます。
ただ純粋なキッズケータイのように防犯ブザーがない点や、
またLINEが使えたりと緩さはありますが。

 

iijmio使用で子供のアプリの使用を制限させたい時に便利なアプリとは?

tone mobileの契約をしなくても、
自分でスマホのアプリの使用制限をかけるというのも一つの手段です。

私は現在androidユーザーなのですが、
androidアプリでアプリの使用時間を制限できるUBhindというアプリがあるんですね。
このアプリはスマホ中毒気味の方に向けて作られたのだと思われますが、このアプリは結構優れてるんです。

・一日にスマホをどのくらいの時間触ってるか
・予め決めた時間から決めた時間までスマホをロックできる
・特定のアプリを一日の内決めた時間だけ使えるようにする
・特定のアプリを決めた時間から決めた時間使用できないようにする

などかなり細かく設定ができるすぐれもの。
ちょっと細かいのでスクリーンショット付きで説明しますね。

スクショ
こちらがUBhindを起動させた時の画面

ここに一日にスマホをどれだけいじってるかが一目瞭然。

メニュー操作は左上の三本線が並んでますのでそこをクリックします。
そうするとロックさせたいメニューが出てきますのでここで操作をしていきます。
スクショ

特定のアプリのロックをさせるには

メニューを開いてから「アプリロック」を選ぶと下記の画面がでてきます。

スクショ

左側のロック予約というのは、
例えばですがお子さんが学校に行ってる間はブラウザ表示はさせないようにロックをするなど、
決めたアプリを決めた時間の間ロックできます。

右上の+を押すと下記の画面が出てくるので、

スクショ
ここで

・何時から何時まで
・適用曜日
・制限するアプリを決める

これで特定のアプリを特定の時間操作できないようにできます。

アプリの使用時間を制限する

では次に予め決めたアプリを使える時間を制限させるようにもできます。

アプリロックの画面を選択したら目標時間設定を選択して右上の+を押すと下記の画面になるので、
スクショ

・使用時間を制限させたいアプリの選択
・適用させたい曜日
・一日の内に使わせてもいい時間

を選択できます。

これでブラウザを多少は使う機会もあるかもしれないから、
と例えば一日30分だけというように設定という事もできますよ。

携帯端末そのものをロックさせる時間を指定する

では次は携帯端末そのもののロックをさせる時間を決めてしまうもの。

例えば何も制限をかけないと、
夜の間にスマホをずーっといじってて眠れないだと生活に支障が出てくるかと思います。
そんな時に上記設定画面から「携帯のロック」を選択すると下記の画面が出てきます。

スクショ

・ロック予約
使い方:例えば夜の21時から翌朝7時まではスマホの操作ができないようにするときに使います。
ロック予約を選択して右上の+を押すと下記の画面になるので、ここで何時から何時まで制限をかけるのか、かける曜日を選択します。スクショ
・目標使用時間
一日にトータルどのくらいの時間をスマホをいじったらスマホを決めた時間ロックさせることができる機能。
目標使用時間を選択すると下記の画面が出てくるので、
スクショここで仮に月曜日を選択すると更に次の画面に切り替わります。

スクショ
ここで一日にスマホを使える時間を決めて、
この曜日は何時間までというように時間を決めることができるというものです。

目標の使用時間をオンにするとまた下記の画面が出てくるので、
一日何分または何時間の操作までは許可させるという選択ができます。
画面中段の使用時間を超過した時ロックボタンを右にスライドさせて、
どのくらいの時間ロックさせるかを選択
できます。
スクショ

このUBhindアプリで仮に画面がロックされて何も操作ができなくなるのでは?
と思うかもしれませんが、
電話とショートメールあとは親御さんが許可したアプリだけは操作が可能。

設定から「ロック中使えるアプリ」の項目からロック中でも使用できるアプリを選択しておくと、
スマホのロックの最中でも使えますので緊急時に使うであろう機能だけは許可させるという事ができます。

スポンサーリンク

UBhindアプリの操作をさせにくくする

このUBhindアプリは自由自在にアプリの制限をかけられるのが利点なんですが、
た子供がこのUBhindアプリの操作を覚えてしまう可能性はあるかもしれませんので、
その点はやはりiijmioから提供しているi-フィルターと合わせて利用するのがいいのかもしれません。

後は完璧とはいえないのですが、
このUBhindのアプリ自体を画面から隠してしまうのも手段の一つ。

androidのスマホはホーム画面で戻るとインストールしたアプリがずらーっと画面に並ぶかと思います。
なのでこのホームボタンを押したときのホーム画面そのものを変えてしまうという方法です。
正直好き嫌いは分かれますが、
ホーム画面を押したときにホーム画面をwindows10のような待ち受け画面にするアプリで、「スクエアホーム」というランチャーアプリがあります。
※スクエアアプリはandroidユーザー向けです。

スクショ

androidの場合はホームボタンを押すと待ち受け画面に戻るかと思いますが、通常の待ち受けではインストールしたアプリがずらっと並んでるかと思いますよね?

このスクエアアプリはインストールした直後はwindows10のようなタイル状のショートカットがホーム画面にずらっと並びますが、一か所アプリという項目があるんです。

アプリの項目を押すとインストールしたアプリがズラッと並ぶんですが、
正直これは見ずらいんです。
アプリをフォルダごとに分けることが可能でして、
アプリを選択した一番下にアイコンが出てきます。

アプリの整理は一番左の+を選択するとフォルダを作れますのでアプリを整理した時に使用するといいかもしれません。

現在添付している画像でau PAY マーケットアプリ以外は全てフォルダ分けしてるのですっきりさせてますが、
お好みでいいと思います。
で、肝心なUBhindアプリをどう隠すかですが、
先ほどの画面でUBhidアプリをまだフォルダ分けしてないと仮定して、
UBhindアプリを長押しすると下記の画面になります。
右上のごみ箱マークはアプリのアンインストールですのでこれは選ばないように注意して、
右下の-マークを選択するとアプリ一覧から非表示させることができます。
スクショ
非表示させたものを再度表示させるのはスクショ
このマークを押すと非表示してあるアプリがでてきます。
この方法は操作に慣れた子供なら見つけてしまう可能性があるのであくまで暫定的としてお考え頂ければと思います。

ご自宅に無線LANがあるのであれば

最近ですとご自宅で無線LANを使用しているという場合も多いかと思いますが、
ここ最近登場したメッシュWiFiというものがあり、
結構色々なメーカーから出てます。

本来は家の中で電波の届きずらい所に同じSSIDの電波を行きわたらせるものなんですが、
メッシュWiFiでも私は現在google wifiというものを使用してますが、
ファミリーWiFiという機能が備わっていて一定の時間特定の機種をWiFiに接続させないことができます。
お子さんにあまり使わせたくない時間帯にセットしたりという事もできますので、
もしもWiFiの電波の届きが悪いのであれば検討してみるのもいいかもしれません。

子供に携帯を持たせるにはアプリや使用を制御する仕組みを事前にセットアップと話し合い

格安シムを子供に持たせるとはいえ、
キッズケータイが出てない以上スマホという選択になってしまいます。

スマホをそのまま「はい」と渡せばどうしても誘惑に負けてユーチューブ三昧になる可能性もあり得ます。
なので使用を制限するアプリの導入などもいいのですが、
シッカリと子供と話あってう使っていい時間やそうでない時間など決めてから持たせるなどしてもいいのかと思います。
スマホをそのまま「はい」と渡せばどうしても誘惑に負けてユーチューブ三昧になる可能性もあり得ます。
iijmioでは子供の安全を考えた有料オプションも用意されてます。
有害サイトへのアクセスブロックなどの機能も備わってますが、
ただこれも完璧ではないと思います。
というのはスマホを持つ以上はSNSへアクセスしたりだとか、
子供は冒険をしてしまうと考えた上で持たせることも必要かと思います。

さいごに

今回はiijmioで子供に携帯を持たせるには?ということでお伝えしましたが、
iijmioに限らず格安シムでは純粋なキッズケータイの利用は難しいものです。

キッズケータイの機能を優先させて子供が小学生卒業まで待つか、
それともいずれスマホを持たせるなら早いうちから慣れさせて自分で制御させようと思うかは各家庭で違うでしょうからその辺は状況に応じて必要なのを選ぶといいかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました