iijmioの契約で子供に携帯を持たせる場合キッズケータイは使える?

子供とスマホ 節約

今はほぼ全ての人が持ってると言っても過言ではない携帯電話。

とはいえ一人だけならまだしも、
家族で子供の安全を考えて子供にも持たせようとすると家族全員の基本使用料だったりしますよね。
子供に持たせるにはキッズケータイという選択がありますが、
最近は広く認知されてきた格安シムでの運用ってできないものでしょうか。

今回は格安シムでも老舗格安シムのiijmioで子供の携帯を用意するなら?
ということでお伝えします。

スポンサーリンク

iijmioの契約で子供に携帯を持たせたい場合

大手キャリアから出てるキッズケータイは、

・防犯ブザー
・イマドコサーチ
・絵文字対応SMS
・家族内通話は無料
・GPSでの居場所確認

など我が子の安全の為の機能が搭載されてますが、
子供の安全のために使いたいとなると、

・GPSでの居場所サーチ
・家族内通話無料

この辺を子供の為に持たせたいと思うのではないでしょうか。

ただGPSでの居場所確認や家族内通話無料は親御さんがソフトバンク若しくはauの契約をしていないと使用できないデメリットがでてきます。
親がiijmioなどの格安シムの契約にして、
子供だけがキッズケータイの契約だと肝心な使えないのは痛いですよね?

親が格安シムで子供だけがキッズケータイで安く上げようと思っても、
実際には肝心な使いたい機能が使えないのは折角のキッズケータイの意味があまりないのではないでしょうか。

かといって子供にスマホを持たせるって危ない事に巻き込まれたりって不安もありますよね。

とはいえこのキッズケータイは使用できるのが小学生のうちだけで、
中学生になれば使用できなくなります。
ならいきなりスマホを持たせるのはどうなの?
と思うでしょうがスマホはスマホでもそのまま渡すのではなく、
アプリや使用時間を制限する仕組みを作ってかつ子供と使用に関して話し合いをして渡すという手段もあります。

格安シムで子供に持たせるキッズケータイってある?

大手キャリアのドコモやauの出しているような純粋なキッズケータイというものは格安シムのキャリアではありません。

キッズケータイに必要かなと思われる緊急時のブザーや家族通話無料を格安シムに求めるのは厳しいですし、
そのようなサービスを提供している格安シムはないです。
ただ大手キャリアから出しているような完全なキッズケータイはないにしろ、
子供に持たせるのを前提とした格安シムの会社でTONE mobileのシムがあります。

端末はスマホの形をしてますが、
親が子供の持つスマホに制限をかけたり子供の居場所を知ることができたりと普通の格安シムとはちょっと違います。

TONE mobileのメリット・デメリット

TONE mobileは何と言っても基本使用料の安さ。

・アンドロイド端末の利用であれば毎月1,100円
・i Phone端末の利用であれば毎月1,650円

この値段で動画以外のネット閲覧とSNSの使用が可能。

とはいえネット閲覧やSNSが自由にっていうとあまり見て欲しくないサイトにアクセスしたらどうしようと思うかと思いますが、
このTONE mobileは親が、

・使用できるアプリのカスタマイズ
・使用時間に制限
・フィルタリング機能(有害・不適切なサイトやサービス、アプリをブロック)

の機能が備わってますので何でもかんでも好きにアクセスができるという訳ではありません。
※上記の制限やカスタマイズをする為に親がTONE mobileの契約でない場合は+220円かかりますが。

このほかにも子供の居場所を確認できたりですとか、
子供が万が一ご自身の画像を撮影しても保管ができないようにAIで制御するなどの機能も備わってます。
ただ純粋なキッズケータイのように防犯ブザーがない点や、
またLINEが使えたりと緩さはあるので完全なキッズケータイをというのであれば格安シムはおススメできません。

ある程度の年齢でこれからスマホを持たせたいけれど、
制限もかけたいという場合にTONE mobileがいいかと思いますよ。

親も子も格安シムにした場合のシュミレーション

仮に子供も親も格安シムにした場合月にいくらくらいかかるか?
でシュミレーションしてみますが、

●親と子の格安シムが違うとして
・子供一人(TONE mobile利用で基本使用料が1,100円+220円(親がTONE mobieでない場合で子供のスマホに制限をかけたい場合)で毎月1,320円)
・親一人(仮にiijmioの新料金プランで音声通話8ギガプランの契約だとして1,518円)
これで毎月2,838円です。

●親子ともにTONE mobileの場合
・子供一人(TONE mobile利用で基本使用料が1,100円)
・親一人(TONE mobileで基本使用料が1,100円)
計2,200円

この辺りはご自身のライフスタイルにより、
あまりギガを使わないから他社でより安いところを契約するだとか、
ある程度のギガを使うからなど条件を変えてシュミレーションしてもいいかと思います。
格安シムに家族で変える方が一人当たりの料金も安く済みますのである程度の年齢ならば家族全員格安シムでもいいかと思います。
スポンサーリンク

キッズケータイの機能をフルに使用したいなら今のキャリアのままのがいい

子供がまだ小さく、
LINEのようなSNSを使わせたくないだとか、
防犯ブザーがついたキッズケータイのがいいということであればドコモやauのような大手キャリアのプランの利用がいいかと思います。

ドコモの利用だとしてギガライトプラン(割引適用なしとして)毎月1ギガで3,465円+キッズケータイ
値段は格安シムと比べてしまうと、どうしても値段の割に使えるギガ数も少ないと感じるかと思います。
値段は高くはなりますが、
キッズケータイの機能をフルに使用したいというのであれば大手キャリアのがいいでしょうが、
子供の年齢がある程度大きくなってきたら親子ともに格安シムへの移行を検討してもいいかなと思います。

ドコモの新料金プランのahamoとキッズケータイの組み合わせは?

電子デバイス
最近ではドコモからオンライン申し込み限定の毎月2,970円で20ギガ、
5分間通話し放題がついたプランが出たので話題を呼びましたがあれにキッズケータイをつければいいんじゃない?と思いますよね。

これ調べてみたら、
ahomoにはキッズケータイを付けることはできないそうなんです。
この2,970円に550円なら財布に優しいし、
使えるギガも多いしいいですよね。
ですが、そう都合のいいようにはできてないようです。
なのでこのahamoと他のTONE mobileを組み合わせて使うというのもアリかもしれません。
格安シムは確かに値段の側面でみれば安く上がりますが、
例えば都心やお昼時に人が多い場所でスマホを使う機会が多い場合は格安シムはあまりお勧めできません。
サブブランドのUQ-mobileなどは格安シムの料金体系からすると多少値段が上がりますが、
昼時の通信速度が落ちにくいと言われてます。
反対に最近は格安シムの中でも特に値段を下げたiijmioは値段の面で見れば破格ですが、
昼時の通信速度は混雑した場所だとブラウザ表示が非常に遅くなりました。
なので昼時に混雑した場所でも使うことが多いのであれば、
ドコモのahamoやUQ-mobileの利用と、
子はTONE mobileという組み合わせもいいかなと思います。

子供に携帯を持たせるにはアプリや使用を制御する仕組みを事前にセットアップと話し合いをする

格安シムでキッズケータイにしたいけど、
キッズケータイならではの機能が使えないとなるとスマホという選択になります。

そして格安シムの会社で販売されているスマホそのまま子供にという訳にはいかないですよね?

そのまま子供に渡したらネットやYouTube見放題と好き勝手にいじくるのは目に見えてますし、生活に支障が出ることも考えられますから。

そして格安シムの中でも特に安いiijmioは、
子供にスマホを持たせるという意味で子供がアクセスしたら困るであろう

・出会い系サイト
・子供に見せたくないコンテンツが掲載されたサイト
・ブロックさせたいSNS
・子供が検索したワード履歴
・一日の使用時間
・位置情報履歴

など67のカテゴリーから選べるフィルタリングソフトの「i-フィルター」というのを提供してます。

見させたくないサイトのブロックの他に、
スマホの使用時間であったり、
制限をかけられます。
というのも大人ですらユーチューブやネット閲覧、
ゲームにハマる人が多いのですから、
子供も容易にハマることは想像できますから。
またこのi-フィルターは年齢に応じて段階を緩和したりと柔軟に対応できるのが利点。
iijmioはこのi-フィルターの他に、
i-フィルターとウィルスソフトのサービスが一緒になった「みまもりパック(月額550円)」のサービスが提供されてます。

i-フィルターの他にウィルスソフトが一緒になってワンコインで使用できます。
androidスマホはどのみちセキュリティソフトを入れておく必要がありますし、
後々セキュリティソフトを子供の為に別途買うならみまもりパックもいいかと思います。
現在使用しているウィルスソフトで5台まで使用できるものをお持ちならそれを使用してもいいでしょうし、
そこは柔軟に選択していけばいいかと思います。

アプリの使用を制限するアプリをインストールする手段もあり

私は現在androidユーザーなのですが、
androidアプリでアプリの使用時間を制限できるUBhindというアプリがあるんですね。

このアプリはスマホ中毒気味の方に向けて作られたのだと思われますが、
ただこのアプリは結構優れてまして。
・一日にスマホをどのくらいの時間触ってるか
・予め決めた時間から決めた時間までスマホをロックできる
・特定のアプリを一日の内決めた時間だけ使えるようにする
・特定のアプリを決めた時間から決めた時間使用できないようにする

などかなり細かく設定ができるすぐれもの。

ちょっと細かいのでスクリーンショット付きで説明しますね。

スクショ
こちらがUBhindを起動させた時の画面

ここに一日にスマホをどれだけいじってるかが一目瞭然なんですね。
結構大人でも長い時間操作してて愕然とするときがありますので、
これは大人でスマホ依存気味の時ご自分で導入するのもありです。

で、メニュー操作は左上の三本線が並んでますのでそこをクリックします。
そうするとロックさせたいメニューが出てきますのでここで操作をしていきます。
スクショ

特定のアプリのロックをさせるには

メニューを開いてから「アプリロック」を選ぶと下記の画面がでてきます。

スクショ

左側のロック予約というのは、
例えばですがお子さんが学校に行ってる間はブラウザ表示はさせないようにロックをするなど、
決めたアプリを決めた時間の間ロックできます。

右上の+を押すと下記の画面が出てくるので、

スクショ
ここで

・何時から何時まで
・適用曜日
・制限するアプリを決める

これで特定のアプリを特定の時間操作できないようにできます。

アプリの使用時間を制限する

では次に予め決めたアプリを使える時間を制限させるようにもできます。

アプリロックの画面を選択したら目標時間設定を選択して右上の+を押すと下記の画面になるので、
スクショ

・使用時間を制限させたいアプリの選択
・適用させたい曜日
・一日の内に使わせてもいい時間

を選択できます。

これでブラウザを多少は使う機会もあるかもしれないから、
と例えば一日30分だけというように設定という事もできますよ。

携帯端末そのものをロックさせる時間を指定する

では次は携帯端末そのもののロックをさせる時間を決めてしまうもの。

例えば何も制限をかけないと、
夜の間にスマホをずーっといじってて眠れないだと生活に支障が出てくるかと思います。

そんな時に上記設定画面から「携帯のロック」を選択すると下記の画面が出てきます。

スクショ

・ロック予約
使い方:例えば夜の21時から翌朝7時まではスマホの操作ができないようにするときに使います。

ロック予約を選択して右上の+を押すと下記の画面になるので、ここで何時から何時まで制限をかけるのか、かける曜日を選択します。スクショ
・目標使用時間
一日にトータルどのくらいの時間をスマホをいじったらスマホを決めた時間ロックさせることができる機能。

目標使用時間を選択すると下記の画面が出てくるので、
スクショここで仮に月曜日を選択すると更に次の画面に切り替わります。

スクショ
ここで一日にスマホを使える時間を決めて、
この曜日は何時間までというように時間を決めることができるというものです。

目標の使用時間をオンにするとまた下記の画面が出てくるので、
一日何分または何時間の操作までは許可させるという選択ができます。

画面中段の使用時間を超過した時ロックボタンを右にスライドさせて、
どのくらいの時間ロックさせるかを選択できます。
スクショ

このUBhindアプリで仮に画面がロックされて何も操作ができなくなるのでは?
と思うかもしれませんが、
電話とショートメール、
あとは親御さんが許可したアプリだけは操作が可能。

設定から「ロック中使えるアプリ」の項目からロック中でも使用できるアプリを選択しておくと、
スマホのロックの最中でも使えますので緊急時に使うであろう機能だけは許可させるという事ができます。

UBhindアプリの操作をさせにくくする

このUBhindアプリは自由自在にアプリの制限をかけられるのが利点なんですが、
た子供がこのUBhindアプリの操作を覚えてしまう可能性はあるかもしれませんので、
その点はやはりiijmioから提供しているi-フィルターと合わせて利用するのがいいのかもしれません。

後は完璧とはいえないのですが、
このUBhindのアプリ自体を画面から隠してしまうのも手段の一つ。

androidのスマホはホーム画面で戻るとインストールしたアプリがずらーっと画面に並ぶかと思います。
なのでこのホームボタンを押したときのホーム画面そのものを変えてしまうというもの。
正直好き嫌いは分かれますが、
ホーム画面を押したときにホーム画面をwindows10のような待ち受け画面にするアプリで、「スクエアホーム」というランチャーアプリがあります。
※スクエアアプリはandroidユーザー向けです。

スクショ

androidの場合はホームボタンを押すと待ち受け画面に戻るかと思いますが、通常の待ち受けではインストールしたアプリがずらっと並んでるかと思いますよね?

このスクエアアプリはインストールした直後はwindows10のようなタイル状のショートカットがホーム画面にずらっと並びますが、
一か所アプリという項目があるんです。

アプリの項目を押すとインストールしたアプリがズラッと並ぶんですが、
正直これは見ずらいんです。
アプリをフォルダごとに分けることが可能でして、
アプリを選択した一番下にアイコンが出てきます。

アプリの整理は一番左の+を選択するとフォルダを作れますのでアプリを整理した時に使用するといいかもしれません。

現在添付している画像でau PAY マーケットアプリ以外は全てフォルダ分けしてるのですっきりさせてますが、
お好みでいいと思います。

で、肝心なUBhindアプリをどう隠すかですが、
先ほどの画面でUBhidアプリをまだフォルダ分けしてないと仮定して、
UBhindアプリを長押しすると下記の画面になります。

右上のごみ箱マークはアプリのアンインストールですのでこれは選ばないように注意して、
右下の-マークを選択するとアプリ一覧から非表示させることができます。
スクショ

非表示させたものを再度表示させるのはスクショ
このマークを押すと非表示してあるアプリがでてきます。

この方法は操作に慣れた子供なら見つけてしまう可能性があるのであくまで暫定的としてお考え頂ければと思います。

ご自宅に無線LANがあるのであれば

最近ですとご自宅で無線LANを使用しているという場合も多いかと思いますが、
ここ最近登場したメッシュWiFiというものがあり、
結構色々なメーカーから出てます。

本来は家の中で電波の届きずらい所に同じSSIDの電波を行きわたらせるものなんですが、
メッシュWiFiでも私は現在google wifiというものを使用してますが、
ファミリーWiFiという機能が備わっていて一定の時間特定の機種をWiFiに接続させないことができます。

お子さんにあまり使わせたくない時間帯にセットしたりという事もできますので、
もしもWiFiの電波の届きが悪いのであれば検討してみるのもいいかもしれません。

子供に持たせてるスマホの位置情報をスマホ同士で確認するには?

androidスマホを例にご紹介させていただきますが、
androidの場合は必ずgoogle アカウントを作ります。

あなたとあなたの子供というようにそれぞれアカウントを作るかと思います。

位置情報の共有だと具体的に何をするのか?

1.あなたと子供のスマホの位置情報設定をオンにします。

2.あなたのgoogle mapを起動させます

3.起動させたら右上の自分のアカウントの場所をタップ
map

4.現在地の共有をタップ
map

5.新たに共有をタップ
map

6.共有する時間と子供の連絡先を選択(連絡先がなければ「その他」を選ぶ)

map

7.リンクを子供のスマホに送る
map

8.子供のスマホに送られたリンクをクリック

という流れで子供の現在地の確認ができます。

詳細はgoogleのサイトにて確認ができますので見てみてください。

 

さいごに

今回はiijmioで子供に携帯を持たせるには?ということでお伝えしましたが、
そもそもになりますが格安シムでキッズケータイで使うのはあまり実用的ではないように思います。

防犯ブザーというブザーとしての利用であればいいですが、
それ以外の位置情報の確認や無料通話という意味ではあまりお得とは言えないと思います。

またキッズケータイの使える期間も限られてますので、
ゆくゆくは子供にスマホをというのであれば使い方に制限をかけてから持たせるという選択もできます。

iijmioは時間制限のない通話こそできませんが、
無料で話せるアプリもありますので、
今回ご紹介した方法での運用もできますし、

やはり今まで通り位置情報の確認や最低限の機能で十分ということであればキッズケータイと親御さんが大手キャリアという組み合わせで行くという選択もあるかと思います。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました