iijmioの維持費は結局いくらかかる?また料金を下げる手段とは?

iijmio 壱からnavi 料金

iijmioの月額維持費は実際いくらで使うことができるのか。

iijmioの公式サイトをみてもどうも複雑で何にいくらかかるのか?イマイチ分かりづらいかもしれませんよね?

結論からお伝えすると月の維持費は740円~2,000円に収まります。

維持費の内訳などはどのようになってるのか?ということの他に、月額基本料を下げる方法などもご紹介していきます。

この記事でわかること

・結局のところ月に幾ら払う必要があるのか
・月額使用料を下げる方法

関連記事iijmioの料金で不明点のまとめをチェック!

iijmioの毎月の維持費

iijmioの維持費は740円~2,000円/毎月が最低かかる料金です。

440円~2,000円の内訳は以下のとおり

2ギガ 4ギガ 8ギガ 15ギガ 20ギガ
音声シム 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円
SMSシム 820円 970円 1,470円 1,780円 1,980円
データシム 740円 900円 1,400円 1,730円 1,950円
eSIM 440円 660円 1,100円 1,430円 1,650円 

iijmioの月額料金は大手キャリアように複数回線割引・特定のカード利用で割引など複雑な条件なく上記の値段だけが1回線ごとにかかるということです。

リーダ
リーダ

大手電話会社のプランは分かりづらかったわぁ、家族割だとか複数回線割だとか。

 

ジェス
ジェス

iijの場合は1回線契約であろうと複数回線であろうと同じ料金だからわかりやすいと思うよ。

そしてiijmioの料金プランをのせましたけど音声SIMやSMS機能付きSIMと聞きなれないコトバが並んでますよね?

SIMの種類がわかりづらいかと思いますので、少し補足しておきますね。

SIMの種類

  • 音声SIM(電話・ショートメール・ネットができる)
  • SMS機能付きSIM(ショートメール・ネットができる)
  • データSIM(ネットができる)
  • eSIM(ネットができる)
今あなたが大手キャリアで使ってるつかいかたをiijmioでもするならば音声SIMを選ぶようにしましょう。

その他にかかる料金

iijmioの440円~2,000円というのは毎月の基本使用料ですので必ずかかる費用ですが、その他にかかる費用は以下のとおりです。

  1. 通話した分の通話料/30秒11円(家族同士は30秒8.8円)
  2. SMS送受信料/1通3.3円~33円
  3. ユニバーサル料/月に2円(変動あり)
  4. 電話リレー料/1年で6.6円(変動あり)
  5. 必要に応じて付けたオプション代
  6. iijmioでスマホを購入したスマホ代金
上記3と4は必ずかかるので、月額基本料の740円~2,000円にプラス3円程度はかかる計算ということですね。

毎月の維持費を下げる手段

貯金箱
大手キャリアのように複数回線割などはありませんが、iijmioではiijひかりというインターネット回線を提供してます。

ネット回線をiij光に変えると毎月660円引きでスマホを持てるので、維持費を下げる方法の一つとしてご紹介しました。
因みに、iij光1契約に対してスマホが割引になるのは全体で660円引きとなるので注意しておきましょう。

iij光の割引
iij光(マンションタイプ/4,356円・戸建てタイプ/5,456円)を1回線を契約すると、スマホが660円引きとなります。

660円引きはiijmioを家族で10回線契約していても引かれるのは10回線全体から660円引きとなるので注意が必要です。

大手キャリアのように回線ごとに割引きとはなりません。

iij光の初期費用と工事費

光回線を初めて使う場合 フレッツ回線を利用中 他社の光コラボを利用中
初期費用 マンションタイプ・戸建てタイプ 880円 1,980円 3,300円
工事費 マンションタイプ 16,500円 0円 0円
戸建てタイプ 19,800円 0円 0円

iijmioの光回線はフレッツ回線を使用してます。

そのため、現在フレッツ回線を使っている場合は光コンセントを継続利用できるので工事費の節約にも繋がりますよ。

初月だけ初期費用が加算される

コイン
iijmioを契約した月だけは基本料のほかに初期費用手数料がかかりますが内訳は以下のとおり。

  • 事務手数料:3,300円
  • SIMカード発行料:ドコモ回線ならば443円/au回線ならば446円/eSIMならば220円
が初月の請求と一緒に請求されます。

iijmioタイプAとタイプDだとどっちの回線を選んだらいいの?
iijmioでは申し込み時にタイプDとタイプAのどちらかの回線を選べるメリットがあります。 他格安SIMでもiijmioのように選べる場合と選べる場合があります。 今回はiijmioのように回線を選べるメリットや大手キャリアからiijmioに移る場合、どちらの回線を選んだ方がいいのか?などについてご紹介します。

事務手数料とSIMカード発行料は1回線ごとにかかるため、家族で転入する場合は少しでも下げたいものではないでしょうか?

ジェス
ジェス

初期費用として事務手数料とSIMカードは発行料はかかるんだけど、事務手数料はiijmioのキャンペーンを使うと安くできるんだ。

  • 初期費用などが下がるとき

iijmioではキャンペーンを展開していることが多いです。

・初期費用の割引
・月額基本料が半年間割引

など利用者からするとiijmio転入時の費用を軽減することができますので、iijmioでキャンペーンが展開されてる時に申し込みをすると初期費用を抑えられます。

ギガプランを1年使うと値段は以下の通り

音声SIM2ギガプラン(850円) 音声SIM15ギガプラン(1,800円)
1か月目 850円 1,800円
2か月目 1,700円 3,600円
3か月目 2,550円 5,400円
4か月目 3,400円 7,200円
5か月目 4,250円 9,000円
6か月目 5,100円 10,800円
7か月目 5,950円 12,600円
8か月目 6,800円 14,400円
9か月目 7,650円 16,200円
10か月目 8,500円 18,000円
11か月目 9,350円 19,800円
12か月目 10,200円 21,600円

iijmioのeSIMは安いが単体利用はおススメできない

iijmio 壱からnavi
iijmioのSIMでeSIMがありますが、eSIM単体では非常に使いづらいです。

理由
  • SIMをスマホにダウンロードするため、対応機種でないと使えない
  • データ通信しかできないため、別途音声SIMが必要になる
対応機種は徐々には増えてる状況ですが、対応している機種でないと使えないので使える機種が限られること。

他にiijmioのeSIMはデータ通信のみできますが、電話はできません。

そのため、電話機能が必要な場合には別途音声SIMの契約が必要となるため、逆に高くなる場合があります。

2ギガ 4ギガ 8ギガ 15ギガ 20ギガ
eSIM 440円 660円 1,100円 1,430円 1,650円 

さいごに

今回はiijmioの維持費ということでお伝えしました。

音声SIM(通話とSMS、ネットができるタイプのSIM)ならば月に850円~の価格で使えますし、1年使っても音声SIMの2ギガプランであれば1万ちょっとの維持費。

大手キャリアで月に8千円や9千円も払うより、iijmioならば月に1千円を下回る値段で使うことができます。

この先10年20年と使った場合の料金の差はバカになりませんので、固定費を少しでも下げるならばスマホをiijmioにするだけで月に3千円以上は確実に浮かすことができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました