iijmioのmioIDってそもそも何?いくつ持てるのかやメリットとは?

スマホ 節約

格安シムでも特に値段がお手頃なiijmioがありますが、
よく出てくる単語でmioIDってあるかと思います。

分かるような分からないような。
今回はそんなmioIDとは何か?
ですとかmioID同士でできるメリット等についてご紹介します。

iijmioのmioIDとは?

?マーク
iijmioでよく出てくる単語でmioIDってあるかと思いますが、
これって何?と思いますよね?

これは仮にアナタが初めてiijmioに新規で利用するとなるときに、
iijmioからメールが送られてきたIDがmioIDということ。

mioIDは何に使う?

このmioIDは

・MA000000
このような形式で

・iijmioのサービスを利用する際のログイン
・iijmioのサービスの追加や修正

等の際に利用します。

の際に必要となるものなので控えておきましょう。

mioIDは一人でいくつ持てる?

mioIDは一人につき一つのmioIDが発行されますが、
一人で複数のmioIDを持つことはできません。

・一人につき一つのmioID

です。

同じmioID同士でできるメリット

mioIDは一人一つしかもてません。

ただmioIDは一つですが、
iijmioでは、

・データシェア(ギガのシェア)
・同一mioID同士での通話料割引

という同じmioID同士でのメリットがあります。

iijmioでデータのシェアをしたい場合

コイン
mioIDは一人一つしか持てませんが、
2021年4月から開始のギガプランではプランが異なっても最大10回線の間同士ではデータのシェア(ギガをシェア)できます。

ちょっとイメージしずらいと思いますので、
家族6名(あなた、パートナー、子供、子供、親、親)の契約だとしましょう。

アナタが初めてiijmioを契約したら一つのmioIDが発行されます。
そしてアナタがパートナーや子供の分や親の分をあなた名義(iijmioを契約した時に作ったmioIDでパートナーや子供の分)を契約するとします。
●mioID(アナタが最初に作ったmioIDが一つ付与されます)
●シムカード枚数(家族6名分なので6枚)
●料金プラン(異なるギガプランでも、音声シムやデータシムの混在、ドコモ回線やau回線問わず)が異なってもmioIDはアナタ名義の為、この6枚のシムカードは同一mioIDという扱いになります。
iijmioはデータシェアが異なるプランでも組めるしメリットが大きい理由
毎月のスマホ代が高く格安シムの中でも特に安いとされるiijmioに興味があるけど、 実際中身ってどうなのだろうかと思いませんか? データのシェアを家族で最大何回線までいけるのか、 また実際の支払い額が毎月どれくらいになるのか? 今回はそんなiijmioのデータシェアが自由にグループを作れたり、 異なるデバイスで使用できたりとお得な理由をお伝えします。

同一mioID同士のメリット

今回の例では家族6名があなた名義のmioIDでシムを6枚契約したとすると、
その6枚は同一のmioIDということになります。

●同一mioID同士でのデータシェア

・同一のmioID同士であればギガプランで最大10回線までデータシェアが可能

というメリットがあります。

あなた名義のmioIDで家族6名契約としたらその6名が、
異なるギガ数プランや異なるシムサイズ、異なる回線(ドコモ回線かau回線か)であっても6名分のギガを6名でシェアできます。

・アナタ(音声シム8ギガプラン)
・パートナー( 音声シム4ギガプラン)
・子供(音声シム2ギガプラン)
・子供(音声シム2ギガプラン)
・親(音声シム2ギガプラン)
・親(音声シム2ギガプラン)

合計20ギガをシェアできるということです。

●通話料も安くなる

他にも同一mioID同士になった時点で、
通話料が安くなります。

通常は30秒22円なのですが、
同一mioID同士は自動で30秒17.6円に下がります。

無料でインストールできる「みおふぉんダイアル」をインストールすると通話料半額

iijmioのみおふぉんダイアルをインストールしてみおふぉんダイアルから発信すると、
30秒11円と通常の半額に。

更に同一のmioID同士は割引が適用されますので、
同一mioID同士は30秒8.8円まで下げられます。

これってかなりお得だと思いますよ。
無料でここまで下がりますので。

話す時間が長い人には定額通話プランもある

・誰とでも3分&家族と10分/月額660円
・誰とでも10分&家族と30分/月額913円

時間に限りがあるのがネックですが、
同一のmioID同士なら10分または30分話せます。

10分または30分超過してもmioID同士であれば、
30秒8.8円と通常よりはかなり下がりますよ。

異なるmioIDの統合などはできる?

では今度は元々あなたが契約して発行されたmioIDと、
パートナーが元から持っていたmioIDを使用して一つのmioIDとして同一mioIDとしてデータシェアや通話料の割引を受けたい、
そう思うかもしれませんがmioIDの統合はできません。

元々別々であったmioIDの契約内容を異なるmioIDへの移行や統合はできませんので、
同じmioID同士で割引やデータシェアをしたい場合は、
・別のmioID契約を解約
・アナタ名義のmioIDでシムを追加

という形を取ります。

mioIDが無効となる時って?

・iijmio会員登録してmioIDが発行されて1か月以内にiijmioのサービスを開始しない場合
・iijmioを全てのサービスを解約してから3か月経過後

はmioIDが無効となりますので、
新規にmioIDを iijmioのサイトから発行する必要があります。

さいごに

今回はmioIDとはなんぞ?
ということでお伝えしましたが、最初聞いた時にmioIDでできる事って実際分かりずらかったんですよね。

iijmioは一人での契約でもお得ですが、
家族で複数名の契約の場合データをシェアしたり、
またリモートワーカーで複数デバイスを利用したいという要求にも応えてくれます。
勿論格安シムならではのデメリットの平日昼時に速度が落ちるというデメリットもありますが、
それさえ問題にならないのであれが毎月のコストカットに繋がるかと思いますよ。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました