iijmio新プランの解約金やスマホ端末代金はどうなる?

書類 料金・プラン

iijmio新プランであるギガプランを使ってみてもちょっと想像と違ったから解約したい、
となると気になるのが違約金の存在ですよね?

かつては大手キャリアで万単位のお金が発生したアレ。
そんな違約金がiijmioのギガプラン解約でもかかったりするのでしょうか。
また最低利用期間に引っかかってなかなか他社へ移れなかったりするのでしょうか。
今回はそんなiijmioのギガプランの解約金や最低利用期間、
解約の方法や購入したスマホ代金の支払いはどうしたらいいのか?ということでご紹介します。

この記事でわかること
・iijmioギガプランの解約金
・iijmioギガプランの最低利用期間
・購入したスマホ端末の支払い
・iijmioギガプラン解約方法

スポンサーリンク
  

iijmio新プランの解約をする場合の手数料や最低利用期間は?

はてなマーク
結論から言いますとiijmio新プランであるギガプランを解約する際の違約金はかかりません。

なのでご自身の想像と違ったから解約した時でも気軽に解約というのは助かりますね。
そして気になる2年縛りだとか最低利用期間というものは?
というと、

・2年縛りはないけれどギガプランは契約してから翌月末まで

という縛りはあります。

例えば

3月10日に契約したとしたら、
翌月の4月30日までは使う必要があり解約は5月1日以降
ということになります。
5月1日以降に解約の手続きをして解約日はその月の月末までということに。
5月1日に解約手続きをしたら解約日は5月31日ということです。
つまり料金としては3月10日から3月月末までの日割り料金+4月+5月の基本料金がかかるということです。

解約したらsimカード返却をお忘れなく。
解約をしてiijmioのサービスが終了したらシムカードを返却する必要があります。

送料は契約者負担となりますが、
お時間のある時にシムカードをiijmioへ返送しましょう。

送り先

〒143-0006東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A-2棟 住友倉庫内 iijモバイル解約受付センター宛て
※輸送中のシムカード破損を防ぐ為にシムカードは固めの台紙等に固定しておきます

購入したスマホ代金の支払いはどうなる?

スマホ
iijmioのようなMVNOを使用する際はご自身で端末を用意したかと思います。

・以前の大手キャリアで使ってた端末をそのまま使う
・家電量販店やネットで端末を購入した
・iijmioサイトから端末を購入した

の3パターンかと思いますが、
注意するのはiijmioのサイトから買った場合。

一括支払いで既に支払いが終了してるのであれば問題ありませんが、
高額な機種を購入して分割払いをしてる途中での解約の場合、
スマホ代金は端末代金の残金支払う必要があります。

解約をしたから支払い免除というハナシはありませんので注意しましょう。
家電量販店やネットで購入して、
カードで分割支払いの場合はiijmioとは契約が関係ありませんので、
そのまま最後まで支払いということです。


スポンサーリンク

解約手続き方法

ではiijmioを解約の手続きは?
というと、

・会員IDとパスを入れてログイン
・ご契約者情報の変更・紹介一覧から(サービスのご解約)
・画面を下にスクロールすると赤文字で小さく(解約を希望される方はこちら)をクリック
・現在利用中のサービスが利用できなくなります、の画面で注意事項を読んで下にスクロールしてサービスコードに☑を入れて次へ
・解約申し込みをクリックして完了

となります。

iijmio解約というと恐らくは理由として速度が遅いというのが大きいのかなと私は思います(平日の昼時や夕方)
iijmioはMVNOの中では確かに速度は早い方ではありますが、
人が多く使う時間帯でかつ人の多い場所での使用でブラウザ表示は難アリかなと思ってます。
その場合もしも可能であればWiFiに繋ぐことで対処可能ですが、WiFiがない場合もありますよね?
となると大手キャリアというと最近はahamoなど安くなったとはいえ、
3千円ちょっとかかります。
なので昼時の速度が落ちにくいUQモバイルに移るのがいいのかと思います。

値段と速度のバランスのいいUQmobile

  • UQmobile
UQmobileは2021年9月2日から提供の「データ容量3ギガ1,628円」と以前のiijmioの旧プランの3ギガコースとほぼ同じ位の値段の新しいプランが提供されました。
iijmioと比べると高めですが、
速度重視であればUQmobileもいいかもしれませんね。
値段も1,628円で3ギガ、iijmioより若干高めではありますが、
速度と値段のバランスもいいと言えるのではないでしょうか。
ご自宅にauひかりの利用やauでんきの利用があれば、
基本使用料が638円引きされます
ので990円で3ギガと考えればかなりお得かと思います。

※UQmobileはauの回線網を使用してます
band1
band3
band11
band18/26(プラチナバンド:人口カバー範囲の広い周波数)
band28
band42
以上がauの周波数ですが、
auの周波数の場合band18/26がプラチナバンドと呼ばれるより遠くまで電波が届く周波数です。
これに今現在の端末が対応しているかどうか?
というのを事前に確認しておくことをおススメします。
プラチナバンドを掴まなくても使えるは使えますが、
圏外になる確率が上がりますのでできればau系のプラチナバンドを掴む機種かどうかを確認しておきましょう。
またUQmobileにする場合は現在ドコモ系の回線を使用している場合、
シムロック解除してない端末の場合にはシムロックを解除しておきましょう。

速度を重視するならahamo

  • ahamo
もしもギガの使用が多いのであればahamoの選択肢も考えてもいいのかもしれません。
同じドコモ系の周波数を使用したahamo2,970円であれば20ギガまで使えてかつ5分以内の通話が込み。

大手ならではの速度を誇りますので、
昼時でもへっちゃら。
ただiijmioのような家族で契約した場合のデータのシェア等には対応してませんので、
家族での使用よりお一人での使用でかつ速度絶対重視の場合にはahamoもいいのかもしれません。
これでも大手キャリアのスマホ代はかなり安くなりましたよね。
昔は普通に7千円8千円してましたから。

さいごに

iijmioギガプランの解約金を中心にお伝えしましたが、
iijmioは昼時及び夕方の速度さえ気にならなければとても使いやすい会社だと個人的には思います。

ただお昼時の使用が多いという場合もあると思うんです。
その場合に毎回WiFiに接続できればいいでしょうが、
毎回そうもいかない場合もあるでしょう。
その場合はやはり速度を重視した会社に移るという選択肢も考えていいかと思います。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました