iijmioは家族で通話をする時に割引適用されるメリットがある

iijmio壱からnavi iijmioのメリット

iijmioの通話料は30秒11円と他の格安SIMと同じですが、他の格安SIMと違う点は家族で使った場合にちょっとお得になるんです。

また格安SIMの通話で長時間の通話はできないかもしれない、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、iijmioでは必要に応じて定額オプションで長時間の通話でも対応できます。
今回はiijmioのメリットの一つである家族でiijmioを使う場合に通話料が安くなる理由等をお伝えします。

この記事でわかること
・家族で通話をする時に安くなる理由
・iijmioで更に月額基本料を下げる手段

iijmioは家族で通話をする時に安く話せるメリットがある

man & woman
iijmioの通話料自体は30秒/11円と他の格安SIMと同じですが、家族で使う場合にお得になるんです。

・家族同士の通話料割引:30秒/8.8円

iijmioで家族でデータ量をシェアして使う場合は同じmioIDにしてデータ量を分け合う必要がありますが、同じmioIDにするメリットとして特に定額料を必要とせずに30秒/11円から8.8円へと下げてくれます。

他の格安SIMではないサービスなのでほんのちょっとの短時間の通話の際でも定額料を必要とせずに割引価格で通話できるメリットがあります。

iijmioはデータ量を家族や複数端末で分けあえるのでとってもお得!
家族で、若しくは一人で複数端末を使う場合にデータ量を無駄なく使いたい。 そのような場合格安SIMのiijmioはオススメできます。 家族や複数端末でのシェアのしやすさもありますし、複数端末でもとても使いやすいのです。 今回はそんなiijmioのデータシェアはお得で使いやすい理由をご紹介していきますので、データ量を分けあって使いたいとお考えなら参考にしてみてくださいね。
iijmioのmioIDとはいったい何?具体的に使う状況とは?
格安シムでも特に値段がお手頃なiijmioがありますが、 よく出てくる単語でmioIDってあるかと思います。 分かるような分からないような。 今回はそんなmioIDとは何か? ですとかmioID同士でできるメリット等についてご紹介します。
  • iijmioの場合定額通話以外であればプレフィックス不要
iijmioの通話料は大手キャリアの半額の30秒/11円で通話することができます。
今まではプレフィックス番号(プレフィックスと言って通話の際に0037-691の番号を先頭につけることで、通話料が30秒/22円→11円へと半額になる)が必要でした。

ただ現在は定額通話を除いて通常の30秒/11円の通話・30秒/8.8円のmioID同士の通話であればプレフィックス番号を付けることなく発信することで30秒11円(同じmioID同士なら8.8円)で使う事ができるようになりました。

通話時間が長くなりそうなときでもオプションで対応できる

はてなマーク
大手キャリアであれば家族同士24時間無料だとか、24時間完全定額オプションがありましたが、iijmioでも現在3種類の定額オプションが用意されてます。

名称 無料通話可能時間 月額利用料
みおふぉんダイアル通話定額5分+ 1回5分以内の通話が無料 500円
みおふぉんダイアル通話定額10分+ 1回10分以内の通話が無料 700円
みおふぉんダイアルかけ放題+ 国内通話話し放題 1,400円
※上記3つの5分~無制限オプション利用時は「みおふぉんダイアルアプリ」が必要です

※5分、10分の時間超過後は30秒/11円(同じmioID同士なら30秒/8.8円)の超過料金

iijmioは家族同士通話こそないものの、オプションで国内通話無料で利用することもできますよ。

iijmioは元々の月額基本料も安いですし、必要に応じてオプションという形で定額オプションだとか完全定額オプションを付けることで国内通話無料で利用することができてしまいます。
大手キャリアのように最初から何から何まで全部揃ってプランに入ってる訳でもなく、必要に応じて必要なものを付けられるのは無駄がないといえます。

定額通話オプションが他の格安SIMより安く利用できる

またiijmioの定額オプションも他の格安SIMと比べると値段が安いんです。

他の格安SIMと比べてみるとこんな感じになります。

iijmio  OCNモバイルONE NUROモバイル
5分定額 500円 × 490円
10分定額 700円 935円 880円
通話先上位3件が無料 × 935円 ×
完全定額 1,400円 1,430円 ×

10分定額と国内通話無料オプションの場合他社よりも若干安く使えますので、チリツモで見た場合は節約額が大きくなります。

オプション料金と専用アプリのみおふぉんダイアルアプリは必要にはなりますが、遂に完全定額通話オプションが用意されたことで、今まで時間が気になっていた方でも時間を気にすることなく話せるのは嬉しいものではないでしょうか。

iijmio⇔ahamoと比べた場合

最近は大手キャリアでも基本料を下げてお得なプランを出してきてますが、ahamoと比較してみます。

iijmio  ahamo
2ギガ 850円 ×
4ギガ 990円 ×
8ギガ 1,500円 ×
15ギガ 1,800円 ×
20ギガ 2,000円 2,970円
通話料 30秒/11円 30秒/22円

※5分以内の通話は無料

家族同士の通話 30秒/8.8円 5分以内は無料

※超過後は30秒/22円

5分定額オプション 500円 ×
10分定額オプション 700円 ×
国内通話無料オプション 1,400円 1,100円

ahamoは20ギガプラン1つだけなので、ギガの容量をかなり使う人やお昼時の速度低下をさせたくない方には向くかと思います。

そしてahamoの場合は最初から5分以内の通話が込みとなってますので、iijmioで20ギガで5分定額オプションを付けたとしてもiijは2,500円、ahamoは2,970円で使えます。
初めから定期的に通話をする方はahamoもいいでしょうが、通話をする頻度が少ない方はahamoは強制的に5分までの通話無料の反面基本料金がお高めです。

コストや家族でデータ量シェア優先ならばiijmio
速度重視ならahamo

というようにどのように使うか?で検討してみるといいかもしれません。

基本料を下げるには?

通話料の事とは逸れますが、iijmioではiijmioひかりというインターネットサービスを提供してます。

iijmioひかりとiijmioのスマホを同時契約することで660円割引が適用され続けます。

・iijmioひかり契約1回線に対して660円引き
※光回線が2回線になれば1,320円引き

例えば家族3名利用でSIMが3枚+光回線を契約すると全体で660円の割引が適用されるということです。

プラン 料金 割引
iijmioひかり(戸建てタイプ) 5,456円 660円引き
iijmioギガプラン(音声SIM2ギガ) 850円
iijmioギガプラン(音声SIM20ギガ) 2,000円
iijmioギガプラン(SMSSIM4ギガ) 970円
合計 9,276円→8,616円

またiijmioではキャンペーン時期ですと光回線の料金が18か月の間割引適用のキャンペーンも行ってますので、乗り換え時の費用を抑えるには光回線をiijmioひかりにするとより安く使う事ができます。

さいごに

今回はiijmioのメリットの一つである通話料がお得な理由についてお伝えしました。

お得な点

1つ目:専用アプリ無しで30秒/11円
2つ目:家族同士の通話が30秒/8.8円へと下がる
3つ目:5分定額(500円)・10分定額(700円)・国内通話無料(1,400円)のオプションがある

iijmioの通話料は他の格安SIMと同様に30秒11円で利用できますが、何と言っても家族同士の通話の場合、特にオプションを必要とせずに自動で30秒8.8円へと下げてくれることです。
※同じmioID同士である必要がありますが

家族同士での短時間の通話の場合には他社にはない割引となりますし、遠方の方と長時間の通話であっても国内通話定額オプションを付けることで長時間の通話でも料金の事を気にする必要がありません。
またiijmioは

・家族同士の短時間の通話
・5分または10分以内の通話
・国内向けの長時間の通話

それぞれに対応するオプションがあるので、家族同士の利用や長時間の通話であっても対応することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました