iijmioとnuroモバイルの徹底比較!あなたに合うのは?

iijmio壱からnavi 各社比較

格安sim老舗のiijmioとSONYグループのnuroモバイルを比べると似たような料金体系で違いが分かりずらい。

今回はそんなiijmioとnuroモバイルを比べた場合、
月額使用料や通話料、
家族で使う場合を想定したデータシェアや割引の適用などで比較してみました。
iijmioかnuroモバイルで検討している場合の比較材料になれば幸いです。

 この記事でわかること
・今の自分に合ったプランが見つかる
・iijmioとnuroモバイルの料金面の違いがわかる
・家族で使うのにお得なキャリアを選べる
・iijmioとnuroモバイルのメリット・デメリット
・年間の使用コスト
・iijmioかnuroモバイルのどっちを選んだらいいわかる

iijmioとnuroモバイルの料金面の徹底比較

お金

iijmioとnuroモバイルの料金面での比較ということで、

・iijmioの新プラン
・nuroモバイルの新料金プラン

の比較をしてみましょう。

iijmioとnuroモバイルの基本料の比較!

それでは早速iijmioとnuroモバイルの新料金プランの音声シムの値段の比較をしてみたいと思います。

新料金の音声プランで比較 iijmio nuroモバイル
2ギガ 858円
3ギガ 792円
4ギガ 1,078円
5ギガ 990円
8ギガ 1,518円 ×
10ギガ × 1,485円
15ギガ 1,848円
20ギガ 2.068円 2,699円※1

nuroモバイルの20ギガプランは2022年春受付開始予定

iijmioとnuroモバイルの音声シムの比較を表にしてみましたがnuroモバイルには以下のようにデータをプレゼントされる仕組みがあります。

nuroモバイルは3か月毎にデータが付与される
・5ギガプランは3か月毎に+3ギガ付与
・10ギガプランは3か月毎に+6ギガ付与
・20ギガプランは3か月毎に+15ギガ付与

5ギガから20ギガプランであれば3か月毎にデータがプレゼントされますし、
プレゼントされたデータは翌々月まで利用できるメリットがあります。

ということは?

nuroモバイルの場合は実質更にデータが多くなる

nuroモバイルは実質この値段で使えるということ。

・3ギガ/792円
・6ギガ/990円
・12ギガ/1,485円
・25ギガ/2,699円

両社を再び比較すると・・・12ギガまでならnuroモバイルの方がお得といえます!

iijmio nuroモバイル
2ギガ/858円 実質3ギガ/792円
4ギガ/1,078円 実質6ギガ/990円
8ギガ/1,518円 実質12ギガ/1,485円

2ギガから20ギガまでの5種類のプランを備えたiijmio

iijmioの新料金プランは5種類。

12ギガまでならnuroモバイルの方が安く済みます。

・15ギガまたは20ギガ
・eSIMを使う

このような場合はiijmioを選ぶメリットが大きいといえます。

例えばiijmioのeSIMとnuroモバイルの物理simを組み合わせた使い方などですね。
先日ありましたがドコモで通信障害が発生しましたよね?
万が一の通信障害に備えてiijmioのeSIMとiijmioのドコモ回線とau回線を分けて使用するという使い方もできますね。

iijmio 音声シム SMSシム データシム esim(データ通信)
2ギガ 858円 825円 748円 440円
4ギガ 1,078円 1,045円 968円 660円
8ギガ 1,518円 1,485円 1,408円 1,100円
15ギガ 1,848円 1,815円 1,738円 1,430円
20ギガ 2.068円 2.035円 1.958円 1,650円
※iijmioの使う回線はドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAの2種類

トリプルキャリアから選べるnuroモバイル

nuroモバイルはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線と選べる利点があります。

またnuroモバイルはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3キャリア使用できますので、
お好きなキャリアを選んで使いたいという場合や12ギガ以下の使用を想定する場合はnuroモバイルのがお得。

nuroモバイル 音声シム SMSシム

※ドコモ、au回線のみ

データシム
お試しプラン0.2ギガ × 495円 330円
3ギガ 792円 792円 627円
5ギガ 990円 990円 825円
10ギガ 1,485円 1,485円 1,320円
20ギガ 2,699円 × ×
※nuroモバイルの使う回線はドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線から選べます。

※20ギガプランはドコモ回線のみの対応です。

ギガの節約やと繰り越し期限の比較

タイプライター

毎月のギガがそれぞれ両社付与されますが、
状況によってはちょっとギガの使用をセーブしたい時ってあるかもしれません。

そのような時に高速通信と低速通信の切り替えができるのがiijmioでnuroモバイルはできません。

元々のギガの数がnuroモバイルのが多いのでギリギリになるようであればプランを上げれば解決できる問題であるかと思いますが。
参考
iijmio、nuroモバイル共に「バースト機能」というものが備わっており、
これは低速通信の状態の時に読み込みの最初だけ高速通信しますよ、という機能のこと。

これがあるとないとではかなり違うなと個人的には思います。
無いと動きがもの凄く遅いけどあれば最初だけ高速通信してくれるので読み込みがストレス無くなるかと思いますよ。

ギガの繰り越し期限やチャージ料金の差は?

では次にギガの繰り越し期限と足りなくなったギガのチャージの比較ですが、
繰り越し期限はiijmio、nuroモバイル共に翌月末まで。

そしてギガが足りなくなった際にギガのチャージという状況での場合は、
iijmioが1ギガ220円に対してnuroモバイルが550円とiijのが半額以下なのでギガのチャージという比較ではiijmioのがお得にギガのチャージができますね。

iijmio nuro モバイル
ギガの利用期限 翌月末 翌月末
ギガのチャージ料金 1ギガ220円 1ギガ550円

ここまでは両社の月額料金の比較をお伝えしましたが、
12ギガまでの使用ならnuroモバイルのが安いのでお得です。

ただ一人での使用ならnuroモバイルのがお得といえますが、
ご家族での使用を想定するならまた事情が異なるかと思いますのでご家族で使用する場合の比較をご紹介したいと思います。

毎月12ギガまでの使用ならnuroモバイルのが安い

NURO Mobile

家族で使う場合の比較

家族

もしも家族でスマホを使用するという状況だとするとiijmioとnuroモバイルのどちらがいいのか?というと私個人的にはiijmioの方をおススメします。

iijmioは
・最大10回線(音声シムだと最大5回線)の間でギガのシェアをできる
・グループ分けができる

比較すると以下のようになります。

iijmio nuroモバイル
契約できる最大上限 10回線(音声SIMは内5回線まで) 5回線
ギガのシェア 同一のmioID同士内なら可 パケットギフトの形で使い切れない分を他の回線に分ける
グループ分け 不可

iijmioは同一mioID同士内であれば月のデータ量をメンバー間でシェアできますので無駄がありませんし、
何よりもグループ分けができる点がメリットが大きいといえます。

グループ分けと聞いてちょっと分かりずらいかと思いますが、
通常の会社のギガのシェアというと、

契約者:父

 

使用者:
・父
・母
・子
・子

のような状況だと上記4名で合計ギガをシェアするか、
若しくは一つのプランを4名で分ける形が一般的かと思います。

iijmioですと上記のようにシェアもできますし、
グループを分けることもできます。

  • iijmioのグループ分けのシェアの方法

契約者:父(名義人)

使用者:
・父(8ギガを契約)
・母(8ギガを契約)
・子(2ギガを契約)
・子(2ギガを契約)
グループ1:
・父(8ギガ)
・母(8ギガ)
合計16ギガを父と母の間でシェア
グループ2:
・子(2ギガ)
・子(2ギガ)
合計4ギガを子供でシェア

このグループ分けの機能はiijmioならではでしょうし、
何より子供がギガを使いすぎて困る時このようなグループ分けが重宝します。

また最大10回線まで契約できるので、
一人で複数デバイスの使用がある場合でも対応できますね。

家族でシェアグループを作れるiijmio

iijmioとnuroモバイルの通話料ならどちらがお得??

虫眼鏡

iijmioとnuroモバイルの通話料の比較ですがiijmioはプレフィックス無しで30秒11円に対して、nuroモバイルは30秒22円で利用できます。

iijmioは12月7日から定額通話オプションが変わりますので、
長時間の通話をする場合にはiijmioを選ぶ方が選択肢が広がりますね。

iijmio nuroモバイル
通話料 30秒/11円 30秒/22円

※ドコモ回線はオートプレフィックスでアプリ無しで30秒/11円

プレフィックスを利用した通話料 ※au回線で定額通話の場合は専用アプリが必要 30秒/11円
家族割 30秒/8.8円 ×
定額通話オプション ▼2022年5月31日で終了 10分無料/880円
3分(家族と10分)/660円
10分(家族と30分)/913円
▼2021年12月7日以降
5分/500円
10分/700円
かけ放題/1,400円

通話料の比較をしてみましたが、
正直通話料は格安simはどこも30秒22円でプレフィックスで11円になる位で基本は差がありません。

定額通話に関してはiijmioが新しく出たオプション(月額1,400円)で話し放題が登場したので遠方の方と長時間の通話をする場合でも助かりますね。

両社共にドコモ回線を使用する場合は専用アプリ無しで30秒11円で利用できます。

因みに格安SIMの通話に関しては大手キャリアとほぼ差はないと使っていて実感します。
格安SIMはデータ通信に関してはお昼時や人混みで速度低下をすることがありますが通話に関しては大手キャリアと同じと考えていいと思います。

最低利用期間や解約金、MNP料金の比較

新料金プランでの比較ですが、

・解約金
・MNP料金

iijmio、nuroモバイルともにかかりません。
ただ最低利用期間はnuroモバイルはありませんが、
iijmioの音声シムに関しては契約から翌月末までという制限があります。

iijmioとnuro モバイルのそれぞれのメリット・デメリットを知ってキャリアを選ぶ

iijmioとnuroモバイルのそれぞれのメリット・デメリットは何でしょうか。

iijmioのメリット・デメリット

  • iijmioのメリット
・通信が安定している
・契約時に選べる端末の種類が多い
・キャンペーンを行うことが多く初期費用を抑えられる
・家族でギガをシェアしやすい
・老舗キャリアなので信頼性が高い

  • iijmioのデメリット

・実店舗がないためサポート面が弱い
・格安SIMにありがちな平日の昼時の速度低下が著しい
・劇的に早い速度でもない

iijmioのメリット・デメリットを挙げてみましたが、
メリットも勿論多いです。
スマホの種類が多いですとか、
通信が安定している点は使うユーザーからすると嬉しいものです。
ただコストは安い反面店舗を持たない(契約時に限り大手家電量販店で契約はできます)ために、
設定やちょっと困ったときに対面でのサポートが受けられない点が弱いといえます。

nuroモバイルのメリット・デメリット

  • nuroモバイルのメリット

・12ギガまでの使用であれば安く済む
・3日制限がない
・3キャリアの回線が使える

  • nuroモバイルのデメリット

・家族でギガをシェアするのには不向き
・通信速度の制限がかかる数値が不明
・ギガのチャージ料金が高め

nuroモバイルのメリットはあまり使わない人にとっては嬉しいお値段。

また3か月に一度5ギガプラン以上であればギガのプレゼントがありますので、
かなり安くなります。

デメリットは通信速度の数値が不明な点や家族で使用してギガをシェアしたい場合には不向きといえます。

個人的にどっちを選ぶか?

というと一人での使用ならnuroモバイルを使用すると思います。
というのは値段に対して使えるギガ数が多いから。

ただ家族でデータシェアや定額通話をするという条件になればiijmioを選びます。
他にも光回線をiijひかりを契約するのであればiijmioかなと思いますね。
iijmioはiijひかりと同時契約で1回線だけ毎月660円の割引が受けられるからです。
因みにiijひかりはフレッツ回線を使ってますので、
現在フレッツ回線を引いてあればそのまま使える利点がありますよ。

iijひかりと使用すると660円引きで使えるiijmio

iijmioとnuroモバイルであれば年間どのくらいのコストで使えるか?

では実際に年間どのくらいで利用できるかというシュミレーションをしてみようかと思います。

家族4名全体での使用を想定してます。

iijmio nuroモバイル
8ギガ=1,518円 10ギガ=1,485円
4ギガ=1,078円 5ギガ=990円
2ギガ=858円  3ギガ=792円
2ギガ=858円 3ギガ=792円
合計 16ギガで合計4,312円を家族でシェアできる 21ギガで合計4.059円
その他割引 iijひかり契約で660円引き適用で、3,652円

それぞれのキャリアのシュミレーションをしてみましたが、
ギガの使える量で言えばnuroモバイルのが21ギガで4,059円とiijmioの4,312円で16ギガよりも安くてお得。

値段の比較だけだとnuroモバイルのが安く手いいと思えるのですが、
光回線を同時に申し込みをすればiijmioも値段が下がりますし、
またiijmioの場合はギガのシェアをできますので家族での使用の場合にはiijmioのが便利です。

大手キャリアから変えるとどれくらいのコストカットになる?

例えば家族4名全員がドコモを契約でギガライトプランをそれぞれ3ギガ使用した場合

・2年縛り
・ファミリー割引(1,100円引き×4)
一人3,278円×4名で13,112円(一か月)かかりますし年間で157,334円

これって単純に考えて通信費だけで年間15万ってバカにならない金額だと思いますが格安SIMにすると

iijmio nuroモバイル
4ギガ/1,078円  3ギガ/792円
4ギガ/1,078円  3ギガ/792円
2ギガ/858円  3ギガ/792円
2ギガ/858円 3ギガ/792円
合計 12ギガで合計3,872円

年間で46,464円

12ギガで合計3,168円

年間で38,016円

年間で10万円は節約可能です。

20年であれば200万という金額なので、
格安SIMにして節約も可能。

格安SIMに変えない方がいい人と変えた方がいい人

ここまで長々と色々とご説明してきましたが、
格安SIMはコスト面で言えば圧倒的に安くなります。

  • 格安SIMに変えない方がいい人
格安SIMは速度面やサポート面では大手キャリアには負けます。

・平日の昼間の使用が多い場合
・対面サポートを受けたい場合

には向きません。

  • 格安SIMに変えて得する人

・平日昼間の使用頻度が少ない
・対面サポートがなくても問題ない
・とにかくコストを下げたい

ある程度のことはわかる、
平日の昼間の使用が少ない、
という場合には格安SIMに切り替えた方がコストの節約になります。

さいごに

今回はiijmioとnuroモバイルの比較ということでお伝えしましたが、
格安シムって速度落ちるでしょう?

とか通話の音声悪いでしょう?とよく聞かれます。

速度は平日昼間の人の多いオフィス街だとかに行けば破壊的に速度は落ちます。

これは格安SIMの特性と割り切るしかありませんが、
ただリモートワーカーや外でもWiFiに繋いでしまえば通信の問題はクリアできます。

また音声の質は大手キャリアで使ってた時と全く変わりありません。

速度とサポートという弱みはありますが、
値段の面では大手キャリアを使うよりは絶対的に得だと思いますよ。

家族でお得にデータシェアできるiijmio

月額792円から使えるnuroモバイル
NURO Mobile

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました