iijmioとOCNモバイルONEの徹底比較!お得なキャリアはどちら?

イヤフォン 各社比較

格安シムの老舗キャリアのiijmioとOCN モバイル ONEの徹底比較。

どちらにしようかと悩んでも、
両社のどちらがお得なのか?

また家族内でのギガのシェアをする場合や、
通話料で得になるのはどちらか?

今回はそんなiijmioとOCN モバイル ONEの料金面での比較をご紹介します。

iijmioとOCN モバイルとの基本料金の比較

グラフ

iijmioの新料金プランのギガプランとOCN モバイル ONEの新コースプランの料金比較の表を下に載せました。

 

音声simの新料金で比較             iijmio  OCN モバイル ONE
1ギガ   ✖ 770円
2ギガ 858円   ✖
3ギガ   ✖ 990円
4ギガ 1,078円   ✖
6ギガ   ✖ 1,320円
8ギガ 1,518円   ✖
10ギガ   ✖ 1,760円
15ギガ 1,848円   ✖
20ギガ 2,068円
30ギガ   ✖
それぞれ音声シムでの比較になりますが、
20ギガ以外は見事に被らないんですよね。

新規契約で毎月の使用ギガが10ギガ以下であれば、
正直どちらも変わらないので必要なギガ数に応じてiijかOCNを選ぶ基準の一つとしていいかと思いますよ。

20ギガの使用ということであればiijのが安くなりますので、
使う容量が多いというのであればiijのがお得かといえます。

ただ正直この料金比較だけだとどちらのキャリアにしたらいいのか?
という判断基準って難しいかと思います。

なのでまた別の比較をしてみたいと思いますが、
次の比較はギガのシェアという視点でそれぞれチェックしてみましょう。

家族内でギガのシェアをするならどっちがお得?

基本料金の差で選ぶだと正直判断基準になかなかなりずらいと思いますので、
次は家族で毎月のギガをシェアするのであればどちらがお得か?
という視点で比較していきます。

 

iijmio OCN モバイル ONE
シェアできる回線数 10回線 5回線
シェアした回線内でのグループ分け 可能
他のグループへのギガのプレゼント 可能
月額料金 それぞれの回線がギガプランを契約

1回線目

1から10ギガまでのプラン料金

 

2から5回線目

・音声シム:572円

・SMS SIM:572円

・データ SIM:440円

光回線契約の割引の併用 iijmio光1回線契約で

1回線が毎月660円引き

OCN 光モバイル割

1回線が毎月220円引き

 

ここで少し分かりずらいインターネットの光回線を契約するとスマホも割引になる説明を。

ijmioのmio割の場合

iijmioの場合、iijmioひかりを1回線(大体は一家庭一契約だとは思いますが)契約すると、
mio割でスマホ一回線が毎月660円引きになるのでわかりやすいといえます。

OCN モバイル割の場合

OCN モバイル ONEの場合はちょっと分かりずらいのですが、

・ギガのシェアをする場合

アナタが一回線契約して、残りの2から4回線を追加回線という形でシェアをするとする場合、
この場合のOCN モバイル割の対象となるのは追加回線以外の一回線のみが毎月220円割引の対象になり、
残りの追加回線は割引の対象外となる点です。

・ギガのシェアをせずに割引の回線数を増やしたい場合

例えば家族4名での契約だけれど家族4名でギガのシェアをしないという場合としましょう。
家族それぞれが3ギガの音声プランを4回線契約としますと、
この場合は追加回線というものがありませんので4名がOCN モバイル割の対象となるので220円×4で880円が毎月引かれる対象になります。

OCN モバイル割は最大5回線まで割引になりますが、
ギガのシェアは不可なのでトータルコストや家族内でシェアしたい場合は割引対象が1回線だけになってもシェアプランのがお得といえます。

iijとOCNのデータシェアをしてみましたが、
それぞれそれぞれの特徴もある訳です。

それぞれちょっと細かく見ていきましょう。

iijmioのシェアの特徴

iijmioのシェアは10回線までの間(同一mioID)でシェア可能ですが、
OCNモバイルoneと異なるのはそれぞれが新料金プランを選ぶ点。

こんなように契約します。

・自分が4ギガプラン 1,078円
・相手が2ギガプラン 858円
・息子が2ギガプラン 858円
・娘が2ギガプラン 858円
合計3,652円

で合計10ギガを家族4名でシェアすることもできます。

なのでトータルのギガ数を細かく決められるのがiijmioの利点ともいえますし、
更にiijひかりの契約があれば上記から660円引きされます。

子供にあまり使って欲しくない時も助かる

またギガのシェアというと大人はそこまで使わないけれど、
シェアしたグループ内で子供がユーチューブで大量のギガを消費して困るってことありませか?

その点iijmioはギガをシェアしたグループ内で更にグループを分けられるんです。

例えばこんな風に!
1グループ目

・自分が8ギガ
・相手が4ギガ

合計12ギガを夫婦でシェア

2グループ目

・息子が2ギガ
・娘が2ギガ

合計4ギガを子供たちだけでシェア

というように子供たちのグループと親のグループ2つ作り、
契約は一つだけれどギガのシェアは二つという分け方もできるので使いすぎ防止もできる利点がありますね。

で、もしも子供たちのグループのギガが足りなくなっても、
大人グループのギガをプレゼントという形であげることができるので柔軟性があります。

iijmio公式サイトでチェック!!

OCN モバイル ONEのシェアの特徴

OCN モバイル ONEは?

最初に主回線として一契約(最初に1から10ギガのいずれかを契約し
シェアしたいシムを追加し、追加したシムに対してそれぞれ月額料金がかかるということです。

追加シムの月額料金
・音声シム 572円
・SMSシム 572円
・データシム 440円

のようになります。

例えば10ギガの音声プランで家族4名の契約だとすると、

・10ギガの音声プラン 1,760円
・追加音声シム 572円
・追加音声シム 572円
・追加音声シム 572円

合計3,476円でシェアをするという事になります。

これも先ほどお伝えしましたが、
OCN モバイル ONEの場合は追加回線はOCNモバイル割の対象にはならないため、
割引対象は一回線から220円引き
ということになります。

通話料の比較

通話

では次にiijmioとOCNモバイルONEの通話料の比較をしてみます。

基本料金はそれぞれiijmioが30秒11円、OCNモバイルが30秒22円ですが、

・OCNモバイルONEは「OCNでんわ」アプリ(無料)から電話をかけると30秒11円
※OCNは2021年4月から国内通話に関してはOCN電話アプリなしでも自動的にOCNでんわ利用になります

家族同士の通話で通話時間が少ない場合はiijmioのがお得

iijmioの通話料が安くなるパターンは以下の通りです。

同一mioID同士の通話料 30秒/8.8円
誰とでも3分&家族と10分(月額660円) 3分無料、同一mioID同士でみおふぉんダイアル利用で10分無料
誰とでも10分&家族と30分(月額913円) 10分無料、同一mioID同士でみおふぉんダイアル利用で30分無料

 

iijmioの場合はみおふぉんダイアルアプリの利用がなくても、
同一mioID同士での通話であれば8.8円と通常よりもお得になります。

普段の通話はLINEなどで音声通話頻度が高くない場合であれば、
月額使用料を必要とせずに割引になるので通話頻度が低い場合にお得といえます。

細かい条件なしで選べる!!

iijmioの定額通話プランは?

iijmioの場合は3分無料または10分無料と完全定額プランは存在しません。

・デメリット

一回の通話時間が長くなく、
最大でも10分以内に終わることが多い場合にはいいでしょうけれどそれ以上になる場合には完全定額制がないためデメリットとなります。

・メリット

通話相手が家族にかける場合(同一mioID同士でみおふぉんダイアル利用)の場合は10分または30分とOCNモバイルONEの10分かけ放題と比較すると同じ位の値段で30分と通話時間が長くなるので家族内通話にはメリットとなります。

通話先が限られるまたは完全定額制プランを求めるならOCNモバイルONEのがお得

では次にOCNモバイルONEの定額制プランは?というと以下の通り。

 

10分かけ放題(月額935円) 10分以内の通話が無料
トップ3かけ放題(月額935円) 月の内に通話した上位3位が無料に
完全かけ放題(月額1,430円) 国内通話が無料
OCNモバイルの定額通話プランは?

・デメリット

家族同士での通話がiijmioと比べるとiijmioの誰とでも10分&家族と30分(月額913円)で30分無料のように家族同士での通話では通話時間が短くなるのでデメリットといえます。

・メリット

OCNモバイルのメリットは?
というと通話相手が限られるだとか、
若しくは通話相手が多くかつ通話時間が長い場合にお得になります。

iijmioのように家族同士での割引等が存在しないはデメリットかもしれませんが、
仕事で通話時間が長くなるだとか友人同士での通話でかける先がある程度限られてる場合にはOCNのがお得といえます。

家族同士を重視か長時間通話かで選ぶ・家族同士での通話で30分以内の通話ならiijmio
・長時間通話またはかける相手が限定されるならONE

通話料の比較をしてみましたが、
使用する状況やかける相手先によって選んでみてもいいかもしれませんね。

その他の比較

ここまで通話料や基本料金やギガのシェアについてお伝えしてきましたが、
最後の比較としてギガの繰り越しや追加ギガの値段の面ではどちらがお得か見てみたいと思います。

iijmio OCN モバイル ONE
ギガの追加料金 1ギガ/220円 1ギガ/550円 ※1

※1:新料金コースでかつOCN モバイル ONEアプリ利用時

上記以外からのチャージは、

0.5ギガ/550円

ギガの繰り越し期限 翌月末 翌月末
足りなくなったギガのチャージ料金の比較をしてみましたが、
こちらは明らかにiijmioのが値段が安いのでギガのチャージでの比較はiijmioに軍配が上がるでしょう。

ギガの節約をしたい時はどちらかお得?

例えば外出先で動画や重たいものでもなく、
ちょっと地図を見たり、
SNSのチェックをしたいけれど、
ギガを消費させたくない時ってあるかもしれません。

その際に低速通信に切り替えて、
ギガの消費を抑えられる機能はあるのでしょうか。

iijmio OCN モバイル ONE
高速通信⇔低速通信の切り替え アプリで切り替え可能 アプリで切り替え可能
バースト機能 あり あり
こちらは両社ともに、
低速通信と高速通信の切り替えは自分で好きなタイミングで変えられるので節約したい時には両社ともに互角。

そして低速通信だと遅くて使い物にならないのでは?
と思うかもしれませんが、
両社ともの「バースト機能」が備わっており、
読み込みの始めだけ高速通信をしてくれるので節約をしつつ読み込みも劇的に遅くなるということは少なくなります。
※但し平日昼間は高速通信の状態でも読み込みは相当遅くなりますのでこれは格安SIMの特徴と割り切るしかありません。

支払い手段と実店舗の比較

毎月の料金の支払いは、
両社ともにクレジットカードのみ。

そして契約時には両社ともに家電量販店などで契約ができますが、
いわゆるカスタマーサポートや操作方法を知りたいという要望に対応した大手キャリアのような店舗はありません。

なので操作に関する質問や疑問点はカスタマーサポートでの確認となります。

さいごに

今回はiijmioとOCN モバイル ONEの比較ということでお伝えしましたが、
それぞれのメリットデメリットがある訳ですが、
生活の状況や使用の用途によってどちらかを考えてみてもいいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました