iijmioと楽天モバイルの比較!家族でシェアか使うギガが多いかで選ぶ!

iijmioと楽天モバイル 各社比較

格安シム老舗のiijmioと1ギガまでなら0円で使える楽天モバイルのどちらにしようか、
そう思った時に両キャリアのHPを見てみたけどどうもわかりずらい。

今回はそんなiijmioと楽天モバイルの主に料金面を中心に比較をし、
どちらのキャリアがお得に使えるのか?

また生活する状況に応じてiijmioか楽天モバイルがいいのか、
ということをご紹介していきますのでiijmioか楽天モバイルか迷ってるのであれば参考にしてみて下さいね。

iijmioと楽天モバイルの基本料の比較

硬貨

iijmioと楽天モバイルの料金比較ですが、
iijmioと楽天モバイルは少々異なる点があります。

  • iijmio

・音声シム(音声通話+SMS送受信+データ通信)
・SMSシム(SMS送受信+データ通信)
・データシム(データ通信)
・Esim(データ通信)

料金プラン

・2ギガ
・4ギガ
・8ギガ
・15ギガ
・20ギガ

  • 楽天モバイル

・音声シム(音声通話+SMS送受信+データ通信)
・Esim(データ通信)

料金プラン

・従量制

iijmioは楽天にはないSMSシムとデータシムの取り扱いがあります。

また料金はiijmioは5つのプランがある反面、
楽天は従量制プラン1種類とシンプル。

では比較ということでiijmioと楽天モバイルの音声シムでの比較をしてみましょう。

iijmio 楽天モバイル
0ギガ 0円
1ギガ 0円
2ギガ 858円 1,078円
3ギガ 1,078円
4ギガ 1,078円 2,178円
8ギガ 1,518円 2,178円
15ギガ 1,848円 2,178円
20ギガ 2,068円 2,178円
20ギガ以上 3,278円

 

iijmioと楽天モバイルの基本料の比較を載せましたが、
iijmioは5つのプランから選べますが、
楽天の場合は1ギガまでは0円と使用料が少ない場合にはとてもお得といえます。

ただ2から20ギガまでの範囲で使うのであればiijmioのがコスト面では有利といえますが、
20ギガ以上使う場合は楽天モバイルは使い放題となります。

ギガのシェアや家族割で比較すると?

ピース

では次に毎月のギガのシェアや家族割という側面で比較するとどうでしょうか。

iijmio 楽天モバイル
シェアできる回線数 10回線
シェアした回線内でのグループ分け 可能
他のグループへのギガのプレゼント 可能
月額料金 それぞれの回線がギガプランの料金 0円から3,278円
iijmioは毎月のギガの量が決まってる反面最大10回線まで(音声シムは5回線まで)の間でギガのシェアをできるので、
家族でギガを分け合って使いたい場合にはiijmioがいいでしょう。

そして楽天は従量制のためギガのシェアはできませんが、
一人でガンガン使いたいまたは1ギガまでしか使わない反面他キャリアのEsimと組み合わせて使う場合には楽天のがいいでしょう。

通話料での比較

通話をする

通話料の比較という面でそれぞれ見ていきます。

iijmioの通話料
通常料金 30秒/22円
みおふぉんダイアル(無料)使用 30秒/11円
同一mioID同士の通話 30秒/17.6円
同一mioID同士の通話+みおふぉんダイアル(無料)使用 30秒/8.8円
誰とでも3分&家族と10分(みおふぉんダイアル利用時)月額660円 3分無料または

同一mioID同士+みおふぉんダイアル利用であれば10分無料

誰とでも10分&家族と30分(みおふぉんダイアル利用時)月額913円 10分無料または

同一mioID同士+みおふぉんダイアル利用であれば30分無料

iijmioは完全定額制プランはなく、
家族同士の同一mioID同士の通話でみおふぉんダイアル利用時に30秒/8.8円に、
そして月額913円払えば10分までは話せます。

なので普段の生活を見直してみて、
通話頻度が低いのであればiijmioのが安く済みます。

完全定額制なら楽天モバイル

楽天モバイルの通話の強みはRakuten linkアプリ(無料)を利用すれば、

・国内から国内のスマホや固定電話への通話無料
・海外※1から国内への通話無料

※1:66か国とそれ以外の国はwifi接続時

と追加料金を支払うことなく、
完全定額通話が出来ます。

仕事やプライベートでの通話頻度が多い場合には、
楽天という選択がいいでしょう。

スポンサーリンク

ギガのチャージ料金や繰り越し期限の比較

矢印

iijmioと楽天モバイルのギガのチャージという比較ですが、
楽天の場合は自社基地局エリアであれば20ギガを超えても使い放題となります。

ただ、楽天の自社基地局以外だとパートナー回線としてauの回線を利用することになりますが、
パートナー回線利用時に5ギガ超えると速度制限がかかります。

速度制限がかかった際にまだパートナー回線のエリアに居て速度制限を解除したい場合にチャージという概念がでてきます。

iijmio 楽天モバイル
ギガの追加料金 1ギガ/220円 1ギガ/550円(パートナー回線の国内でのチャージ)

1ギガ/500円(パートナー回線の海外でのチャージ)

ギガの繰り越し期限 翌月末 当月末

※チャージしたギガは購入日を含めて31日

ギガのチャージの比較ですが、
iijmioのがチャージ料金は安いです。

ただご自身のいらっしゃるエリアが楽天の基地局エリア内であれば、
20ギガを超えても使い放題となります。

・毎月2から20ギガまでの利用でかつ楽天のパートナーエリアでのチャージは楽天のが高くなってしまう

まだまだ都市部以外だと楽天の基地局エリアから外れる事で、
毎月5ギガ以上の使用で速度制限がかかってしまうことも考えられます。

ただ楽天の場合の速度制限は1Mbpsと格安シムの速度制限と比べると遥かに速度は出ます。

SNSやブラウザ表示位であればチャージなしでも何とかなると言えばなりますので、
チャージしなくても何とかなるといえばなります。

ギガの節約をしたい場合の比較

最近の格安シムの中にはアプリ一つで高速通信をオフにしてギガの節約ができたりする機能が備わってます。

ちょっと今月はギガの使用を抑えたいってありますよね?

そのような時に両社にそのよな機能はあるのでしょうか。

iijmio 楽天モバイル
高速通信⇔低速通信の切り替え アプリで切り替え可能 アプリで切り替え可能
バースト機能 あり 情報なし
毎月のギガの節約をしたい場合両社ともに低速通信に切り替えるアプリが備わってます。

ただ注意したいのは、
iijmioの場合高速通信をオフにすればデータが消費しませんが、
楽天の場合は高速通信をオフにしてもデータ使用として加算されます。

とはいえ楽天の場合はパートナー回線エリアで月に5ギガ以上使ってしまって速度制限を受けても、
1Mbpsと速度は出ますので格安シムと比べてしまうと低速通信になってストレスになることはあまりないと言えるでしょう。

iijmioにはバースト機能が備わってるのでギガの節約時には助かる

iijmioを低速通信に切り替えると速度自体は落ちますが、
ただiijmioにはバースト機能がついてます。

高速通信のギガを消費することなく、
低速通信のままでも読み込みの最初だけ高速通信で読み込んでくれるというもの。

流石に動画や重たいファイルは厳しいですが、
ちょっとしたブラウザ表示であればストレスなく読み込んでくれます。

ギガの節約をしたい際にこのバースト機能のあるなしでだいぶ変わるなと思います。

バースト機能でギガを節約

支払い手段と実店舗の比較

クレジットカード

格安シムでネックになるであろうことは、
速度とサポートではないでしょうか。

もしも使ってて困ることがあった場合どのようにすればいいのでしょうか。

  • iijmioの場合
・店舗はなし(契約時にのみ家電量販店で対面で購入可能)
・チャット(iijmioのHPより会員IDとパスワードを入れてから)
・公式ツイッター
・スマホ遠隔サポート(月額550円)

iijmioの場合はコスト自体はMVNOの中では断トツに安いと個人的には思います。

ただサポート面で対面で聞きたい事がある場合にはどうしても店舗を持たないため、
申し込んでからの使い方で直接聞きたい事がある場合にはiijmioは不向きといえます。
  • 楽天モバイルの場合
・実店舗があるので対面でのサポートが受けられる
・チャットでの対応
・スマホ遠隔サポート(月額550円)

楽天の場合は実店舗があるため、
端末購入をしセットアップや機種変、MNPの対応をしてくれます。

ですので購入時や機種変で不安があるという場合には楽天モバイルのがおススメ。

支払い手段は?

毎月の支払手段の比較ですが、
iijmioはクレジットカードのみ。

楽天モバイルはクレジットカードと口座振替に対応。

結局どっちがいいの?

今回はiijmioと楽天モバイルの比較ということでお伝えしましたが、
結局どっち?という事だと思います。

・豊富な機種から選びたい
・家族でギガのシェアをする
・月額使用料を抑えたい
・安定した通信を求める

のであれば iijmio をおススメします。

反対に、

・一人での使用で20ギガ以上使う
・一人での使用で月に1ギガ使うか分からない
・完全定額制がある方がいい
・実店舗があると安心する
・楽天市場で買い物をする機会が多い(ポイントを楽天モバイルの支払いに充当できるため)

のであれば楽天モバイルをおススメします。

さいごに

今回はiijmioと楽天モバイルの比較ということでお伝えしましたが、
家族での使用や毎月の料金を抑えたい場合にはiijmio。

そして通話頻度が高い場合や、
楽天の基地局のエリア内在住等でギガを使う容量が大きい場合には楽天のがいいでしょう。

正直今は様々な格安シムのキャリアがあり、
どれがいいのかというのがなかなか分かりずらいかもしれません。

今回の記事が少しでもキャリア選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました