iijmioのSIMの種類や大きさは4種類 実際どれを選べばいいの?

Q&A

iijmioではSIMカードの種類が4種類あり、SIMごとにできる機能が異なります。

今回はもしもあなたがiijmioを選ぶ際に、どのような使用用途でSIMを選んだらいいのか?ということでお伝えしますので、選ぶ際の参考にして頂ければ幸いです。

この記事でわかること
・iijmioで選べるSIMの種類
・電話が必要な場合に選ぶSIMの種類
・スマホでインターネットやアプリだけの使用の場合に選ぶSIMの種類
・外出先でパソコン等を使う場合に適したSIMの種類
・他社のSIMと組み合わせてお得に使うのに適したSIMNの種類
・SIMカードの大きさ

iijmioではSIMカードの種類が4種類あるけどどれを選べばいいの?

iijmioでは現在

・音声SIM
・SMS SIM
・データSIM
・eSIM

の4種類のSIMが契約時に選ぶことができますが用途によって選ぶようにするといいかと思います。

  • 用途別に選ぶとは?
1.今までと同じように電話としての機能が必要ならば音声SIM
2.電話の機能は要らないけどスマホでネットをするならばSMS SIM
3.外出先でもパソコンにSIMを入れて仕事等で使うならデータSIM
4.他社のSIMと組わせてお得に使いたいならeSIM
という基準で選んでみてはいかかでしょうか?

1.今と同じように電話としての機能が必要ならば音声SIM

男性とスマホ
iijmioで音声SIM以外のSIMを選んでしまうといわゆる電話の発着信が出来なくなってしまうんです。
※音声SIMを入れれば勿論通話はできますよ

データSIMの方が値段が安いから、とつい選んでしまうと肝心な電話として使えませんし、後からSIMの変更をすると手数料がかかってしまいます。
折角安く使いたいのに後から変更手数料がかかるのはちょっと勿体ないです。
それとiijmioの現在提供中のギガプランは音声SIMとSMS SIMやデータSIMとの差がかなり小さくなりました。
ですので今までと同じように電話機能が必要ならば音声SIMを選んでおいても損はありません。

音声SIMのできること

・電話
・ショートメールの送受信
・インターネット

今の番号を使い続けたいなら音声SIMを選ぶ

iijmioに新規契約ではなくMNP(ナンバーポータビリティ)で今の番号をそのままiijmioで使いたい場合は選ぶSIMの種類が決まってきます。

MNP(ナンバーポータビリティ)で番号を持ち越せるのは音声SIMだけなんです。
音声SIM以外のSMS SIMは電話番号は付きますがMNPでの番号持ち越しには非対応。
ですので同じ番号をそのままiijmioで使う予定であれば必ず音声SIMを選ぶようにしましょう。

2.電話の機能は要らないけどスマホでネットをするならばSMS SIM

SIMカード
電話は不要でインターネットとアプリが使えればいいから、とデータSIMを選ぶという選択もアリかもしれませんが、できればSMS SIMのがいいです。

というのはSMS SIMであれば電話はできませんが、ショートメール機能が付いてきます。
巷ではよく使用されているLINEや2段階認証でショートメールが送られてくる、という状況ありますよね?
そのような状況でデータSIMだとショートメールの送受信すらできなく困るという状況も考えられますので、スマホでインターネットやアプリだけの使用でも番号認証や2段階認証で使うことも考えたらSMS SIMにしておく方がいいかと思いますよ。

SMS SIMのできること

・ショートメールの送受信
・インターネット

データ通信だけならSMS SIMは要らないのでは?

蛙
SMSSIMは電話番号は付くけれどできることがショートメール送受信とインターネットだけで中途半端な印象を持つかもしれません。

それにMNPで番号を持ち越せないとなると存在している意味が感じられないと思うでしょう。

ではなぜ?というと、アンテナピクト問題という聞きなれない言葉ですが、データSIMのように電話番号が付いてないために、実際は電波が届く状況にも関わず圏外として表示されるという現象。
圏外として表示されてしまうためによりバッテリーを消費してしまうという現象が電話番号が付いてないデータSIMでは機種によっては起こるとされてますので、バッテリーの消耗を抑える意味でもSMSSIMを選ぶといいかと思います。

 

格安SIMのSMS SIMの必要性はあるのか?存在理由や選ぶといいワケとは?
格安SIMでよく見るSMS SIMの存在。 電話番号こそ付いてくるのに電話はできない中途半端なSIM。 今回はデータ通信しかしない場合でもSMS SIMを選ぶのがいい理由についてお伝えします。

3.外出先でもパソコンにSIMを入れて仕事等で使うならデータSIM

文字メッセージ
iijmioはインターネットのようなデータ通信だけをするのにデータSIMも提供されてます。

外出先でノートパソコンにSIMを入れて使用、なんて使い方をする際にデータSIMがいいでしょう。
iijmioではデータSIMを契約しても、他にご自身でスマホように音声SIMを一緒に契約したとしても、契約した合計のデータ量を全体でシェアできます。

 

iijmioは何回線まで持てる?データ量を分け合って無駄なく使える?
iijmioでは一人の契約者が最大10回線まで契約することができます。 そして10回線間で毎月のデータ量を分け合えるというメリットもありますが、初めの契約の際に契約方法を間違えてしまうとデータ量のシェアができなくなります。 今回はiijmioを使う上で家族同士でデータ量を分け合えるメリットやデータ量を分け合う時の方法について解説します。

 

データSIMのできること

・インターネット

4.他社のSIMと組わせてお得に使いたいならeSIM

eSIMはeSIMに対応したスマホである必要があるのですが、使い方としては他社の音声SIMとiijmioのeSIMとの組み合わせという使い方です。

例えば他社のSIMで圏外になりそうなエリアを補完する使い方としてiijmioのeSIMと組み合わせの使き方もできます。

また他社の値段の安価なプランで音声通話をして、データ通信はiijmioのeSIMの組み合わせという使い方ですね。

eSIMのできること

・インターネット

SIMの大きさにも3種類+1種類ある

ここまではSIMの種類についてお伝えしました。

音声SIM・SMS SIM・データSIMを選ぶ場合はご使用になるスマホの種類によって選ぶSIMの大きさが違ってきますが、正直ここは現在はあまり気にする必要はないのかな?と思います。
というのは現在のスマホのSIMカードの大きさはほぼnanoSIMという一番小さいサイズであるためですが、iijmioの場合新規契約の際にSIMカードの大きさを選ぶ項目がありません。

ただ選べない代わりに契約してからお手元に届くSIMカードの大きさは一番大きいサイズの標準SIMというのが届きますが、必要に応じてカット(手で簡単に折れるようになってます)して使うため契約時に選ぶ選択肢が出てきません。
参考までにSIM・SMS SIM・データSIMのSIMの大きさは下記の通り
iijmio 壱からnavi

引用元:iijmio公式サイト

eSIMはちょっと特殊

eSIMは全てのスマホが対応してるというわけでなく、eSIMに対応したスマホである必要があるということと。

そしてeSIMの場合はSIMをダウンロードしてきて使う形式になるため、先ほどの標準SIM・microSIM・nanoSIMのように大きさは関係なくなります。
大きさは関係ありませんがまだ対応したスマホの種類が少ないことや、iijmioのeSIMはインターネットしかできませんので、あくまで他のSIMと組み合わせて使うという使い方になります。

さいごに

今回はiijmioで提供中のSIMの種類をご紹介しましたが、結論としては

・電話としての機能や今の番号をiijmioでも使うなら音声SIMを選ぶ
・電話は必要ないけどスマホでインターネットをしつつもバッテリーの消耗を抑えるならSMS SIM
・外出先でパソコン等でデータ通信をするならデータSIM
・他社のSIMと組み合わせて使用するならeSIM

という使い方ができます。

できればiijmioを選ぶ前に今の自分はどのような使用用途なのか?を決めてから選ぶようにした方がいいです、というのは後からSIMの変更をすると手数料が都度かかります。
また手数料はiijmioで現在提供中のプランより地味に高いので後からの変更はあまりおススメできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました