iijmioにする際にスマホを購入するならどこで買う?または今のスマホは使える?

iijmio壱からnavi iijmioで使うスマホ

この記事ではiijmioで使うスマホをどのように用意したらいいのか?をご紹介してます。

今のスマホは使えるのか?それとも購入するならどこで入手するのがいいのか?をご紹介しますので参考にして頂ければ幸いです。

この記事でわかること
・今現在お持ちのスマホが使えるのかどうか
・iijmioにする際にどこでスマホを購入すればいいのか

iijmioで使うスマホはどのようにして用意すればいいわけ?

デバイス

iijmioで使うスマホをどう用意するか?というと下記の通り

1.今のスマホをそのまま使う
2.新たに買う

・iijmioのHPから購入
・家電量販店等で購入
・Amazonなどオンラインで購入
・iPhoneユーザーならapple store等で購入

大きく分けると今の端末をそのまま使うか、新たに購入するか、なんですが購入する際の入手の選択肢が増えたと思えばいいだけですが、選び方はどのようにしたらいいのでしょうか。

今のスマホをそのまま使う場合

スマホメガネ
iijmioでは現在今現在お使いのスマホをそのまま使えるケースがあります。

・現在ドコモ→iijmioでドコモ回線のタイプDを使う場合
・現在au→iijmioでau回線のタイプAを使う場合
※auからiijmioのau回線へ移る場合には一部機種でSIMロック解除が必要

等のように大手キャリアからiijmioに移る際にそのまま使えるメリットがあるんです。

 

iijmioでは回線の種類を選べるが、どっちを選べばいい?
iijmioでは契約時にドコモ回線かau回線か?を選ぶ必要があるのですが、そもそも回線を選ぶとは何でしょうか? 今回はiijmioのドコモ回線やau回線とは何か?またそれぞれどちらを選んだらいいのか?ということでお伝えします。

そして上記で例外と記載しましたが、一部auからiijmioのau回線を使う場合はSIMロックの解除が必要となります。

iijmioに変える時にはスマホがiijmioのSIMで動くかどうか下記のチェックをしましょう

今の端末がそのまま使えるかどうか?というのはiijmioの動作確認端末であなたのスマホの型番を入れれば確認ができます。

この動作確認というのはiijmioの技術サポートチームが自社のSIMカードをスマホ端末に入れて作動するか?を型番ごとにチェックした一覧が載ってますので、まずはあなたが今のスマホを使う場合には必ず確認をしておきましょう。

iijmio転入時に新たに買う

カードと袋
iijmioにする際に新たにスマホを買うとすると以下の4パターン。

・iijmioのHPから購入
・家電量販店等で購入
・Amazonなどオンラインで購入
・iPhoneユーザーならapple store等で購入

iijmioのHPから購入

iijmioでは常時大体30機種程のスマホがiijmioのHP上で販売されてます。

そして常時30~40種類のスマホを購入できますし、契約者であっても買う事ができるんです。
何よりもお得なのはiijmioに乗り換えの際にMNP転入といって今の番号を引き継いでiijmioにする場合限定で、スマホが1万~3万円程安く買うことができるんです。
またiijmioのHPから買うメリットは何と言っても自社のSIMを全て入れてテスト済の機種のみが販売されてるので確実に動くというメリットがあるわけです。
ただハイスペックな最新機種はありませんが、型落ちモデルでも十分動きますのでiijmioのHPからの購入もいいものですよ。
iijmioのHPで買うメリット
・契約時に安くスマホを買いたい
・iijmioでスマホ購入時にスマホの補償オプションを付けたい

※iijmioのHPでスマホ購入時のみ加入できる補償オプションがあります

家電量販店等で購入

よく家電量販店に行くとSIMフリースマホ(SIMロックのかかってないスマホのこと)コーナーというのがあるかと思います。

家電量販店で購入のメリットは何といっても実機を使った感じがどのようなのか?がその場でわかる点。
例えばスマホの手触りが気に入らないとか、サイズ感がシックリこないってあると思いますが、量販店であればその場で確認できるのがメリット。

家電量販店で買うメリット
・実機を自分で確かめたい
・その日の内に手に入れたい
・電気屋のポイントが大量に余ってる

Amazonなどオンラインで購入

Amazonやオンラインで海外製の機種を買う手段もありります。

ただ注意しないといけないのは、海外製の場合は日本で使用する電波に上手く合致しない場合も稀にあり得ます。
まずはiijmioの動作確認端末に機種名があるかどうか?を確認することと、日本語対応してる機種かどうか?を確認してからにしましょう。
Amazon等で買うメリット
・かなり珍しい機種を購入できる

iPhoneユーザーであればapple store

iPhoneユーザーの方であればapple storeでの購入がいいかもしれません。

機種の下取りや最新機種が手に入ることや、apple storeで独自の補償にも加入できるメリットがあるため。
apple store等で買うメリット
・最新機種が手に入る
・スマホの下取りを利用できる

結局今のスマホを使うのがいいのか新たに買った方がいいのか

デバイス
好みなので正直どちらでもいいと私は思います。

今のスマホがそのまま使える(動作保証一覧に載っていて)スマホでかつデータの移行も面倒だ、という場合には今のスマホをそのまま使い続けてもいいでしょう。
※iijmioではSIM契約時に今お持ちのスマホであっても加入できる保険が用意されてますので、もしもの時でも安心です
iijmioにする時に折角だからスマホも買ってしまいたい、という場合にはMNP転入価格を利用する方が絶対的に安くなりますので利用しない手はありません。

さいごに

格安SIMで使うスマホをどのようにして用意するのか?をご紹介しました。

1.今のスマホをそのまま使う
2.新たに買う

・iijmioのHPから購入
・家電量販店等で購入
・Amazonなどオンラインで購入
・iPhoneユーザーならapple store等で購入

今お手持ちのスマホをそのまま使う場合には事前にiijmioの動作確認端末で現在お使いの機種名があるかどうか?の確認をすることと、事前にSIMロックの解除をしておくようにしましょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました