自己啓発セミナーに参加して後悔するのは自分かも?!

黒い背景に浮かぶもの 雑記

自己啓発セミナーとは字の如く自分を高めたり、
自分をよりよい方向に持っていくもの、ですよね?

参加する前には何だかそのセミナーが良さそうと思えてしまうものなんです。

でももしもその前にこの文章を読んでいるのでしたら一度考え直してみませんか?

スポンサーリンク

自己啓発セミナーに参加して後悔とはなぜ?

結論から言ってしまうと最終的に自分を変えていくのにセミナーではなく自分で自分を変えることができるから!
(※勿論時間はかかりますよ)

それともう一つ。

バカ高いセミナーに一度お金をつぎ込むと再度次のセミナーのオファーが来た時に申し込みやすくなってしまうんです。
つまりカモになりやすいということです。

 

自己啓発セミナーにハマる人の特徴や蟻地獄にはまらないために!
自己啓発の本は本屋さんの棚にズラリと並んでいたりしますよね? そこから更に一歩踏み込んで本よりも実際に生のセミナーを体験してみたい、 と思ったの始まり。 自己啓発自体、自分で自分の人生のコントロールをする、 向上させるというのは賛成です。 ですが自己啓発セミナーにハマる人というのもいます。 今回は自己啓発セミナーにハマる人、 またハマるとどのようなことが起こりうるか、ということについてお伝えします。

私はかつて過去に2回自己啓発セミナーというものに参加をしたことがあります。

なぜそもそも自己啓発セミナーに申し込んだか?というとですね、
私はかつてはそれこそ家に自己啓発の本が30冊程あるノウハウコレクター状態だったんです。

あっちを読んでこっちを読んで、という繰り返し。
良さそうと思えばまた本を買って、の繰り返しでした。

ですがこれってあちこちとつまみ食いだけをしている状態で何も実践してないのと同じなんですよね。

これじゃあ効果はない訳で。

そんなあるときにある自己啓発本の巻末の後ろにメルマガ登録なるものがあり、
そこでメルマガに登録してみました。

何通かメルマガが来て、
あるときに1万円で参加できる体験セミナーというもののお誘いが来たんですね。

安いし気軽に参加してみるか、と思い1万払って参加してみました。
ちょっとしたワークからセミナー講師の話までありましたね。

その会場では一角でそのセミナーのCDを販売していたんですが、
そのCDを手に入れるにはセミナーに申し込む必要があったという訳です。

自己啓発セミナーには今まで参加したことがなかったため興味本位で参加してみるか、ということで参加をしてみました。

自己啓発セミナーの雰囲気や内容は?

広い空間に置かれた椅子
私が参加した自己啓発セミナーは人数が400人というかなりの大人数の大型セミナーと、
それとはまた別の自己啓発セミナーで人数が30人位の少人数のもの。

大型セミナーの方はといえば、
その自己啓発の本に書いてあった内容に沿ってセミナーが進められていき所々で演習やワークがあるという形式。

朝から始まって夜中の1時2時くらいまで続く長丁場。
疲労をさせないために水をとにかく飲め、と一日に4リットルも5リットルも水を飲むように勧められます。

身体の老廃物を出すという意味ではいいのでしょうけど、
現実の日常生活ではトイレの回数が増えて現実的ではないですけどね・・・

ぶっ通しで一日セミナーが続いてくのですが、
とにかく派手な演出と大音響でセミナーが続いていきます。

ある日には火渡りなんてものも出て来たり(笑)

非日常的な空間でとても新鮮ではありますが、、、、
そこで自分が変わったかのような錯覚に陥ることもあります。
ただそれは錯覚であって、実際には変わってません。
変わったかのような錯覚です。
非日常の空間で過ごしていきセミナーも3日目に突入するとこのより効果を出すために、
と更にステップアップしたセミナーを紹介される
という訳です。

言うてもセミナー主催者は綺麗ごと抜きに日々の飯の糧が必要な訳ですから!
いっくらセミナー参加者の人生をよくするとはいえ最終的には自分の日々の飯が必要なわけで。

スポンサーリンク

自己啓発セミナーは結局行かなくていい?

私は必要ないと思います。

自分を変えるというのは人の力でどうにかなる、というわけではなく、
その人の日常の小さな積み重ねという習慣の上に成り立ってる訳です。

自己啓発セミナーのたかだか3日や4日で大幅に変わるというのが本来はおかしいことであると思います。

自己啓発セミナーでは様々な演習が出てきますが、
自分の演習をいくらしても結局のところ日常生活に戻れば普段の生活という習慣の力のが大きい訳ですから。

日常という地味なものですが、
日常生活は自己啓発セミナーのように派手でもないし参加者からあれこれ承認されたりと心地よい空間ではないですよね?

ですがそれが普通の現実の生活です。

その現実の生活にどう自分で対処して反応するか、のが大事な訳で。

自己啓発セミナーのように参加すると心地よい、という雰囲気にハマってると本来の目的の自分を変えるという目的からは遠ざかります。

また自己啓発セミナーに参加をしてまた別のセミナーに参加しようと思う。
そうなったら危険信号ですよ。

一つのモノで結果を出さずしてまた別のものに申し込みをしてしまう、
心地よい雰囲気を求めて、自分を承認してくれるから、今度こそ結果を出せそう。

色々と思うことはあるかもしれませんが、
ですが、参加するたびに「高額なお金」を払う必要があるということです。

「高額なお金」を払い続けてただ心地よい雰囲気を求めてるだけで何年も過ぎたらどうでしょうか。
フワフワした雰囲気だけ味わって結局目的は達成しておらず高額なお金だけを払い続けたということです。

要はカモになってしまったということです。

 

自己啓発セミナーは意味ない?本当の所を参加してみた結果を公開!
自己啓発の本は本屋さんにずらっとあれやこれやと並んでますよね? 自分を変えたい、成長させたいという思いは素晴らしいと思います。 でもその先の自己啓発セミナーは本で学ぶよりも効果があっていいモノなのだろうか? 自己啓発セミナーは意味ないのか。 今回は自己啓発セミナーに参加して効果があるのか、 また内情や金額、勧誘の手口を公開します。

さいごに

私はかつて2つの自己啓発セミナーに参加しましたが、
参加したから劇的には変わりませんでした。

参加してみて後悔というのは高額な人生勉強代だったな、ということと、
いわゆる自己啓発セミナーや自己啓発のノウハウコレクターからは脱却できたといことです。

最終的に自己啓発の言わんとする内容はどの本でもほぼ一緒で言い回しが違うだけ。
要はどれだけ自分で決めた確固たる目標に自分で努力できるかです。

私は自己啓発セミナーに参加して結局あれこれとやるより一つを実践するのがいいんだ、
というのに気づきノウハウコレクターからも脱却できました。

お金を払ってセミナーに参加したから変わる、ということはありません。
変わるきっかけになったというだけで日々どれだけ実践するかです。

また自己啓発セミナーは後から後からまた別のものを紹介されるということはよくあります。

私が参加したセミナー参加者もSNSで見てると別のセミナーで勉強してますのような投稿がよくみられましたが、
勉強し続けてるだけで成功してるようには見えませんでした。

いくつもいくつもセミナーにばかり参加しても結局は自分がどう動くか、なんですよね。
ですので自己啓発セミナーというのは参加者であるあなたに参加してもらうためには良くみえそうな話や雰囲気を出すプロです。

その雰囲気に飲まれないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました