格安simで10分かけ放題の比較でお得に使うにはどのMVNOがいい?

天秤 各社比較
格安シムの10分定額プランを選びたいけど会社が沢山ありすぎてよくわからない。
データ通信はそこまで使う予定はないけれど、
どの会社のどのプランがいいのか比較ってしずらいものじゃないでしょうか。
そんな格安シムで10分かけ放題で選びたいMVNOは?
ということでご紹介します。

ここに文章この記事でわかること
・格安シムで10分定額プランを提供している各社一覧
・格安シムの通話品質
・格安シムの通話はIP電話回線を利用するかどうか

スポンサーリンク

格安simで10分かけ放題を提供しているMVNO一覧

コインとペン

格安simで10分定額プランを提供しているMNNO一覧になります。

10分定額料金 10分超過後の料金
iijmio(月額913円)※家族同士は30分定額  10分超過後は30秒/11円
OCNモバイルONE(月額935円)※専用アプリ不要 10分超過後は30秒/11円
BIGLOBE(月額913円) 10分超過後は30秒/9.9円
mineo(月額935円) 10分超過後は30秒/10円
nuroモバイル(月額880円) 10分超過後は30秒/11円
AEONモバイル(月額935円) 10分超過後は30秒/11円
y.u.モバイル(月額858円) 10分超過後は30秒/11円
LIBMO(月額935円)※専用アプリ不要 10分超過後は30秒/11円
DTIモバイル(月額902円) 10分超過後は30秒/11円
J.COMモバイル(月額1,650円)※一回の通話60分まで 60分超過後は30秒/22円
楽天モバイル(月額0円から3,278円) ※Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料

※Rakuten Linkアプリ未使用の場合は30秒/22円

格安simの10分定額プランを提供している一覧を載せましたが、
大体800円台後半から900円台でそこまで大差はありません。
そして、

・OCNモバイルONE
・LIBMO

プレフィックス無しでの発信が可能たなめ、
折り返しの電話も専用アプリを使用することなく発信できます。

10分定額とは外れてしまいますが、
J.COMモバイルの定額制プランも載せてみました。
こちらは一回の通話が最大60分までと、
ちょっと毎回の通話が長くなってしまって困るって時に結構助かるかもしれません。
10分定額ってちょっと長電話する人に当たると、
あっという間に過ぎてしまいますし、
10分経過したからと言って通知される訳でもありませんから。
その点J.COMモバイルの60分定額だと時間を気にせずに話せますね。
ただ60分超えると30秒/22円シッカリ加算されますのでその点はご注意くださいね。

月の内通話が多くデータを使わない場合の各社の6ギガまでの月額料金比較

こちらには10分定額プランを提供しているMVNOの月額料金を載せました。

赤い文字がギガで比較した場合に一番安い料金ですが、
nuroモバイルは低用量の使用の際に安くあがりますね。

1ギガ 2ギガ 3ギガ 4ギガ 5ギガ 6ギガ
iijmio 858円 1,078円
OCNモバイルONE 770円 990円 1,320円
BIGLOBE 1,276円 1,760円 2,365円
mineo 1,298円 1,518円
nuroモバイル 792円 990円
AEONモバイル 1,078円 1,188円 1,298円 1,408円 1,518円 1,628円
y.u モバイル 1,639円
LIBMO 1,078円 ✖  1,518円
DTIモバイル 1,320円 1,639円 2,112円
J COMモバイル 1,078円 1,628円

データ通信を使わないなら楽天という選択肢もあり

楽天は自社の回線を持ち格安シムという括りにはなりませんが、
ここでの比較に載せたのはデータ通信が月に1ギガまでの使用であれば0円という脅威的なお得さ。

そしてRakuten Linkアプリでの使用が必須にははりますが、
追加料金なしで国内通話0円。

正直格安simで10分定額だと大体900円前後に、
基本料で安くても850円程としても1,700円程かかって10分定額。
これと比べてしまえば楽天のRakuten Linkアプリ利用で、
ギガの使用が1ギガまでなら0円なのではかなりお得ですね。

通話時間がパックになったプランを提供しているMVNOは?

スマホの操作

では次の比較として定額プランではありませんが、
何分かの通話時間が予めパックされたMVNOの比較ということでご紹介します。

MVNO 月額料金と通話可能時間
BIGLOBEモバイル 月額660円で最大60分通話可能  月額913円で最大90分通話可能
mineo 月額924円で最大30分通話可能 月額1,848円で最大60分通話可能
LIBMO 月額968円で最大30分通話可能
日本通信※プレフィックス無し 月額1,390円で70分の通話料+3ギガ  月額2,178円で70分の通話料+20ギガ

mineo、biglobe、LIBMOは基本料にパックのオプション料金を加算すれば、
30分または60分の通話が込みというプランですね。

で、下に日本通信ということで載せましたが、
こちらは基本料金の中に元々70分の通話料が込み
となってます。
3ギガで1,390円+70分の通話料込みというのは、
毎月ある程度の通話時間がある場合にはかなり安いと言えるのではないでしょうか。
また日本通信もプレフィックス無しで通話ができるMVNOの一つですので、
音質により拘りたいという場合におススメです。

格安simで通話し放題ってできるもの?また月のコストは?
現在大手キャリアを使用していて通話メインだけど、 コストが安い格安sim に切り替えということもあるかもしれません。 格安simにするとしてもどのシムのタイプを選んだらいいのだろうか? また今の電話番号はそのまま持てるのか? 大手キャリアのように通話し放題し放題のプランや定額制は用意されてるのか?が気になったりしませんか? 今回はそんな格安シムでも大手キャリアと同じような通話し放題の会社はあるのか?ということでご紹介します。

格安simの通話の音質はどう?

星

格安シムはプレフィックスを介して通話するから音質が、
という意見もありますね。

これは個人差もあるでしょうし、
拘りがあって絶対的な品質をというのであればプレフィックス無しのが音質はいいですが、
正直そこまで気になるレベルでもないなと個人的には思います。

スポンサーリンク

格安simの通話でIP電話回線を使用するところはある?

格安シムの通話で30秒11円または定額制利用の際は大体の場合、
プレフィックスを使用しての通話となります。

格安シムは基本料が安いからIP電話での通話になるのでは?
という疑問もあるかもしれませんが結論から言うとMVNOでIP電話を使用した会社はありません。

ただオプションという形で月額料金を加算すればIP電話が利用できるMVNOはあります。

  • mineoのLaLa Call
●月額使用料110円

・スマホへ30秒/8.8円
・固定電話へ3分/8.8円
・LaLa Call同士無料

  • AEONモバイルの050かけ放題

●月額1,078円

・国内への通話であれば相手先がスマホ、固定電話へ話し放題

参考までにIP電話をオプションで利用できるMVNOを載せましたが、
値段でみれば相当安く済みますね。
ただ110や119の緊急通報はできませんので、
その点はご注意ください。

さいごに

格安シムで主に10分かけ放題提供しているMVNO一覧ということでお伝えしましたが、
プレフィックス無しで10分定額というとOCNモバイルONEやLIBMOなどが便利です。

また一回の通話時間が長くなる場合に嬉しいJ COMモバイルの60分定額プランも珍しいのではないでしょうか。
あの人いっつも長くなるんだよなぁって人居ませんか?
そんな時に助かりますね。

現在のあなたの状況に応じて最適なプランを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました