格安simは不便な部分もあるけど長期的に見れば驚く程の料金の差になる

格安シムの選び方や用語

最近でこそ認知されてきた格安simですが、
大手キャリアのスマホを使ってると格安simって不便そう、
そう思ったりしませんか?

不便だからこそ安いのでは?
そんな疑問が浮かぶかもしれません。
確かに不便な部分もありますが、
それをカバーできる手段も存在します。
今回はそんな格安simは本当に不便なのか?
ということでご紹介します。

この記事でわかること
・格安simにすると不便と感じる点
・不便でも代替え手段がある

スポンサーリンク

格安simで不便と感じる点

大手キャリアと比べてしまうと格安simの不便と思われる点は、

・通信速度が遅く感じる
・店舗がないために手続きの際に不便さを感じる
・自分で行う手続きが多そうと感じる不便さ
・キャリアメールの使用ができなくなる不便さ
・LINEの年齢確認ができない

ざっとこんな所が不便さがあると思われます。

通信速度が遅いと感じる

道路を例に例えますが、
片側5車線ある道路であればキャパに余裕があるので無茶苦茶込まなければ車の速度は落ちません。

反対に1車線しかない高速道路であれば、
台数が増えれば速度は落ちやすくなります。

それと同じように
格安simも回線を大手キャリアから借りてますので人が多く使う時間帯の平日お昼や通勤時には速度が劇的に低下するという事実はあります。

そしてそれ以外の時間帯でも大手キャリアのユーザーからすると「遅い」と感じることはあるようです。
格安simユーザー歴が8年になる私はそんな遅いと感じないのですが、
格安simは設備のコストが大手より安い分速度面ではどうしても遅くなるものです。

店舗がないために手続きの際に不便さを感じる

そして格安simは人件費の節減のために店舗を持たない会社もあります。

simカードの契約の段階だけは家電量販店でできたりというのはありますが、
その後の、

・機種変
・サポート
・故障時の受付

これらをオンラインで完結する必要がありますので、
この辺が不便と感じるのかもしれません。

自分で行う手続きが多そうと感じる不便さ

ドコモやauであればセットアップを店員さんが行ってくれますが、
格安simの場合はそうはいきません。

人件費節減のため店舗がない場合、
simカードの申し込みは量販店でできることが多いですが、
その後の初期設定が必要となります。

 

iijmio初期設定の方法やネットに繋がらない時の方法は?
ギガプランを発表したiijmioの基本料はとにかく安いけれど、 web契約やパッケージを購入した際には自分でセットアップが必要。 今までは大手キャリアのように店員さんがやってくれたものを、 格安シムは自分で行う必要があります。 自分で初期設定? というと難しそうと感じるかもしれませんがやることはシンプルです。 今回はそんなiijmioを始めて契約した際に行う初期設定をご紹介します。

 

他にも端末の購入や機種変の場合も基本自分で調べて、
現在契約している格安simの電波と合致するか調べる必要があります。

 

ただ初期設定は一見難しそうに思えますが、
予想外に簡単にできるものです。

そして初めのうちは不安なsimフリー端末という存在も、
どの会社のsimを入れても作動しますよということなのでそこまで恐れる必要はないと思います。

キャリアメールの使用ができなくなる不便さ

格安simにするとドコモ等で提供しているキャリアメールが使えなくなります。

ただ現在はgmailなど無料で利用できるメールサービスもありますし、
gmail等であれば格安sim会社同士やまた大手キャリアに戻っても同じアドレスを使い続けられるのでキャリアメールよりは便利な部分もあるとは思います。

LINEの年齢確認ができない

大手キャリアで使えていたLINEのID検索機能が格安simでは基本はできませんが、
最近は事情が変わりました。

まだ数は少ないですが、

・iijmio
・イオンモバイル
・mineo

の3社は年齢確認ができるようになりましたので、
上記3社であればクリアできます。

この他にも格安simは家族割や、
完全定額通話に対応してない会社もありますが、
そもそも基本料が大手キャリアの1/3位で済んでるので家族割がなくても十分安いといえます。
そして定額制通話ですが、
ここは格安simだと10分定額や家族如何して30分という会社が多いです。
ただ手段に拘らなければLINE通話などを利用すれば無料で使えますし、
必ずしも音声通話でなければというのを除けば格安simでも他の代替え手段のLINEやskype で話すことは可能
です。

完全話し放題の格安sim
・OCNモバイルONE/定額オプション1,430円で国内通話話放題
・日本通信/基本料金2,728円で3ギガついて国内通話無料


スポンサーリンク

不便な代わりに安いから自分が何を重視するかで選ぶ

大手キャリアは値段の比較でみれば確かに格安simよりは上がりますが、
ただ調べるのが面倒だとか今のキャリアサービスを使い続けたいと考えている場合には大手キャリアでの契約のままでいいかと思います。

大手キャリアでの契約でも、

・契約する回線数を増やす
・WiFiと同時契約
・外ではなるたけデータ通信をしないでデータ通信をするならWiFiに繋ぐ

などすれば格安sim程ではないにせよ、
料金は下げられます。

調べる、自分でやるが苦でないなら格安simのが絶対的にお得

格安simはお店がない反面自分で機種が適合するか調べたり、
スマホの初期設定をしたりという作業は必要です。

ただ調べる、
自分でやるというのはある意味慣れの部分もあるのですが慣れてしまえば毎月1,000円ちょっとで使えてしまいます。
速度は大手キャリアよりは落ちるのが事実ですが、
格安simで1,000円の支払いと大手キャリアで4,000円とすると年間36,000円の差にもなりますし、
20年もすると72万円。
72万って考えるとチリツモなのでそのお金で速度やキャリアサービスを重視するか、
お金を重視するかで考えてみてもいいのではないでしょうか。

さいごに

格安simが不便と感じる点は恐らくは大手キャリア契約に慣れてしまうとどうしても不便と感じるのかな、
と思います。

逆に格安simに慣れてしまうと大手キャリアでショップでの手続きが非常に煩わしく、
無駄が多く感じてしまうんですよね。
オンラインでの手続きであれば待ち時間もないですし、
わざわざ出向く時間も必要もないので格安simでの手続きはサッと終わるので助かってます。
またコスト面でも900円前後で使えるので、
固定費を下げる場合に格安simの選択は助かりますね。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました