格安simから格安sim乗り換え手順や引き継ぎや設定が必要なこととは?

iijmio 壱からnavi 手続き・設定

現在格安SIMを契約しているけれど、
他社のサービスが気になり乗り換えを検討。

格安SIMから格安SIMへの乗り換えって聞くと大変そうと思うかもしれません。
今回はそんな格安SIMから格安SIMへの乗り換えの方法や、
注意するポイント等ご紹介していきます。

この記事でわかること
・格安SIMから格安SIMへの乗り換えの手順
・乗り換えで注意する点

スポンサーリンク
  

格安SIMから格安SIMへの乗り換えの手順

格安SIMから格安SIMへの乗り換えは大手キャリアから格安SIMへ移ったのとさほど大差ありません。

ザックリとした流れでご紹介すると以下の通り

・乗り換え先の格安SIMを選ぶ
・現在契約中の格安SIMでMNP番号を発行してもらう
・新たなSIMが届いたらAPN設定

と物凄くザックリですが以上の手続きで乗り換えられます。

乗り換え先の格安SIMを選ぶ

格安SIMは現在はかなりの数がありますが、
あなたがココと思った格安SIMをまずは選びます。

選ぶ最に何を重視するか?にもよりますが、

・速度度が今よりも速くなるのを望むのか
・料金を下げたいのか

理由はあるかと思いますのでまずその理由を洗い出してから格安SIMを選びます。

他社に移る前に。。。

格安SIMは使用する回線設備をドコモ・au・ソフトバンクのいずれかの回線を借りてます。

そしてスマホ端末はドコモに特化した端末や上記3社全ての電波をキャッチするかなど、
微妙に異なります。

ですので現在ドコモ回線を使用した格安SIMでも新たな格安SIMではau回線を使用した格安SIMに移るとなると、
上手く電波をキャッチするか分かりませんので、
もしも今の端末をそのまま使用するのであれば新たな格安SIMでも現在の機種が使用できるかどうかの確認をしましょう。
確認方法は新たな格安SIMのHPで「動作保証一覧」という項目を探して、
その中に現在の機種があるかどうか確認をします

現在契約中の格安SIMでMNP番号を発行してもらう

次にすることは現在契約中の格安SIMにおいて、
MNP番号を発行してもらうことです。

MNP番号は発行日を含めて15日と期間が決まっていますので、
発行されたらすぐに新たな格安SIMにMNP転入という形で申し込みをします。

参考

MNPできるのはあくまで音声SIMのみですので、
音声SIM以外のSMS SIMやデータSIMではMNP出来ませんのでご注意ください

新たなSIMが届いたらAPN設定

申し込みをしていた新しい格安SIMの会社からSIMが届いて、
スマホに挿しただけでは使用できません。

必ずAPNの設定というものが必要となります。

  • APNの設定方法
1.設定
2.ネットワークとインターネット
3.モバイルネットワーク
4.詳細設定
5.アクセスポイント名一覧に該当の会社と回線の種類があればタップ

※アクセスポイント一覧になければ
1.画面上部の+をタップ
2.名前の欄を入力
3.APNの項目を入力
4.ユーザー名を入力
5.パスワードを入力
6.認証タイプを選択

(名前、APN、ユーザー名、パスワード、認証タイプに何を入力するかは格安SIMそれぞれ異なります。
契約してから送られてくる台紙等に入力する項目が書かれてますのでそれを参考にします)

格安SIMから格安SIMへの乗り換えでスマホはどうする?

夕日とスマホ

1.現在の端末を使う
2.新たに端末を買う

の2通りですが、
現在の端末を使う場合には先ほどもお伝えしましたが端末を使えるかどうか「動作保証一覧」でご確認ください。

この動作保証一覧に端末名が載っていれば使用できるということですので、
基本は新しいSIMが届いたらAPN設定をすれば中のデータはそのままということです。

参考

現在ドコモ回線を使用していて、
新たな格安SIMではau回線を使用した格安SIMに移る等の場合SIMロック解除が必要となります。

SIMロックの解除は格安SIMではできませんので、
大手キャリアで購入したスマホは購入したキャリアでSIMロックの解除をします。

格安SIM同士の乗り換えのメリットとデメリット

格安SIM同士の乗り換えというと手続きは面倒と感じるかもしれませんが、
メリットやデメリットも存在します。

格安SIMへ乗り換えるメリット

MNP転入等の場合はMNP転入と同時に端末を購入するとかなりの割引価格で入手できたり、
またキャンペーンの期間等であれば新規初期手数料が1円をお得なキャンペーンを展開している格安SIMもあります。

iijmioはキャンペーンを展開することが多く、
・端末が110円台(MNPの場合)
・定額通話オプション3か月無料

など転入のハードルがかなり低くなるキャンペーンが展開されてますのでかなりお得です。

★現在は定額通話オプション3か月無料キャンペーン展開中★

格安SIMへ乗り換えるデメリット

乗り換えるとやはりそれなりにデメリットもあります。

初期費用やSIMカード発行手数料が発生したり、
初期設定などは避けられません。
とはいえ初期設定はAPN設定をすればスグに使用できます。

さいごに

格安SIMから格安SIMへの乗り換えの手順ということでご紹介しましたが、
最近は音声SIMの縛りも翌月末までやMNP転出料が無料と乗り換え自体のハードルが下がってるといえます。

事前に調べる事(例えば次の会社の料金はどれくらいなのか?やキャンペーンを受けられるか?)などは出てきますが、
乗り換える際にスマホ端末も同時に購入すると実際はかなり安く手に入ったりもします。
乗り換えと同時に機種変もしたい、
そのような場合にはMNPと同時に端末も購入すると機種代も節約できたりもしますよ。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました