男がカクテルを飲むのはダサい?他人の視線は気にするな!

カクテル 雑記

男がカクテルを飲むとダサいと思われるのだろうか?

そう気になるのは初めのうちは仕方ないかもしれません。

けれど実際は男でカクテルを頼んでも全くダサくもないし、
むしろ堂々と頼むべし。

今回は男がカクテルを頼むとしたら、
周りからの視線を気にしないことと、

自分の飲みたいカクテルをどうやってバーテンダーに伝えたらいいのか、
ということについてお伝えします。

スポンサーリンク

男がカクテルを飲むのは本当にダサい?

カクテル、
というと居酒屋で出るようなカクテルだと甘ーくアルコール度数の弱いカクテルってイメージがあるのかもしれませんね。

なぜ男がカクテルを頼むとダサい、
そう思われてしまうのか。
恐らくですが、
居酒屋で出るような甘いアルコールの弱いカクテルを男が頼むとどうしても酒に弱そうと思われたりするのが原因かなと思うんです。
ですが、
アルコールの強い弱いは個人差があるわけですし、
 酒を飲みに行くときって何も人の評価を求めていく訳ではありません。 

自分が美味しいと思うカクテルやビール、ウィスキーを飲んで、
至福の一時を過ごすのが一番の楽しみだと思うんです。

カクテルを飲むのに性別は関係ない

カクテルを飲むからダサい、
そんな他人の評価を真に受ける必要は全くありません。

カクテルは女性だけが飲む、
なんて決まってませんし、
男でも飲みたいと思うカクテルをガンガン飲んでいいと思います。
カクテルを飲む男がどうというのはあくまで他人の主張の一つなので、
アナタの飲みたいものを飲むのが一番。

カクテルを飲む男がダサいと言う人こそダサい

カクテルを飲む男にダサい、
そうアナタのことを思ってる人と居て居心地はいいでしょうか。

アナタの飲む酒はこんな酒がいい、
そう思われて他人の望む酒を飲んでどんなメリットがあるのでしょうか。
ただダサくない、
そう思われるのが関の山。
男がカクテルを飲むのがダサい、
そういう思考こそダサいもの。

アナタがカクテルを飲みたければ本格的なバーに一度足を踏み入れて、本物の美味しいカクテルを飲んでみましょう。

本物に触れればカクテルの美味しさも分かりますし。

また本格的なバーでカクテルを飲む男が居たから、
と他のお客さんから「あの男の人ダサい」なんて事は言われもしませんし、
気にする必要はないです。

堂々と飲みましょう。

bar(バー)で一人飲みでも十分楽しめる理由とは?
bar(バー)に一人で行って楽しめるのだろうか。 何をしたらいいのだろうか。 あまりbar(バー)に行き慣れてないとそう思ってしまいますよね。 bar(バー)に行く前は楽しめるのだろうか、 緊張したりしないだろうか、 と思ってしまうものですが、 一度足を運んでみればbar(バー)はとても居心地のいい空間なんです。 今回はそんなbar(バー)をどう楽しむのか、ということについてお伝えします。

かっこいいカクテルを求める必要はなし

フルーツカクテル
男がカクテルを頼むとしたら初めのうちは男性的なカクテルを頼みたい。

そう思うかもしれません。
ですが、
男性的なカクテルというと?
アルコール度数が高く、
苦味が利いたカクテル?
他人にどう思われるか?
他人の評価を求めてカクテルを頼むって飲みの場を楽しめませんよね?
カクテルでかっこいいものを求める、
というよりは飲み方がかっこいい方がよほど大人としてかっこいいもの。

・静かに
・自分の適量で飲み
・楽しんで飲む

これができればかっこいい飲み方ができます。

いっくら知ったかぶりをしても、
べろんべろんに泥酔して酔っぱらって、
なんて飲み方としてはかっこ悪いもの。
まずは自分の適量で自分が楽しむこととができ、
そして周りの人への配慮ができれば十分ですよ。

カッコつける。

バーなどではカッコつけて、
あたかも何でも知ってるかのように振舞ったとしてもバーテンダーの方にはバレバレ。

というのはお酒のプロなんですし、
そこで変に知識をひけらかすよりは、
知らないものは知らないとはっきりと言える方がむしろカッコいいもの。

バーでは知らなければバーテンダーの方に相談すれば向こうもプロですから、
アナタにピタリの一杯を作ってくれますよ。


スポンサーリンク

カクテルの注文の仕方はどうやればいい?

例えばですが、
始めて入ったバーなどの場合。

まだカクテルの名前も知らない時どうやって注文すればいいのだろうかと不安になるかもしれません。
そんな時はバーテンダーの片に相談しましょう。

バーテンダーの方にどうやって注文する?

・お酒が強いのがいいのか、弱いのがいいのか?
・甘さが強い方がいいのか、弱い方がいいのか?
・炭酸は強め?弱め?
・酸味は強め?弱め?

など基本的なことを伝えて、
そこで更に好みがあればフルーツで好きなものがあれば好きなフルーツを伝えるとバーテンダーの方もアナタがこんなカクテルが好きなんだ、
という方向性がわかるので作りやすくなります。

他にもアナタが以前飲んだカクテルの名前を憶えていたならそのカクテルを頼んでもいいでしょうし。

バーによってはメニューがないバーもある

バーはバーでも、
本格的なバーによってはメニューを置いてないバーもあります。

そんなバーだと注文をどうしたらいい?
って戸惑うかもしれませんが、
落ち着いて。

・自分の知ってるカクテルがあればそれを注文
・バーテンダーの方に好みの味やアルコールの強弱、炭酸の有無を伝える

ということをするだけ。

始めのうちはメニューないと不安ですよね。
でもたまーにあるんです。
メニューのないバー。
お酒の種類が多すぎて掲載しきれないということもあるので、
種類が多すぎるがためにメニューがないという理由も。

バーでハイボールを頼む場合

ハイボールもカクテルの一種だってご存じでしたか?

というのはハイボールはウィスキーに炭酸入れただけでしょうって思うかもしれませんが、
カクテルは二つ以上のものを混ぜ合わせるとカクテルということなんだそう。
ハイボールは手軽に飲めるので、
ウィスキーの味をこれから覚えるのに丁度いい飲みものといえます。
ハイボールもバーによっては、
ウィスキーをどんなウィスキーで作りますか?
って聞いてくることもあるんです。
困りますよね?
始めのうちは。
ですが、
そんな難しく考えなくても大丈夫です。
ハイボールを頼んでみる

・ウィスキーの甘めのものか、
・ウィスキーの癖のある(癖のあるウィスキーだとスコッチウィスキーでストレートで飲んだ時に消毒剤のような香りのするもの)を使うか。

これを覚えておいて、
伝えるようにしてみてください。

大体は甘めか癖のあるものどちらにしますか?
という聞かれ方をしますので。
流石にどこの産地のウィスキーにしますか?
というのを聞いてくることはないでしょうが、
もしも聞かれた時のために。

ウィスキーの産地

・アメリカのバーボンウィスキー→全般的に甘さが強く甘さが正面から来るような感じの味
・カナダのウィスキー→比較的軽く飲める
・ジャパニーズウィスキー→ちょっと癖があると感じるかもしれませんが、慣れれば美味しい
・アイリッシュウィスキー→甘く余韻がちょっと長く感じられる
・スコッチウィスキー→一番奥深い。甘さがあってドライなものや、癖が強く余韻の強いものなど。

大体の特徴を覚えておいて、
その時に飲みたい味をバーテンダーの方に伝えればいいと思います。

甘くてもサッパリとしたウィスキーがいいのか、
とか甘くても多少余韻のあるウィスキーがいいのか、
というのを伝えるといいと思います。

もしも女性と行った場合の注文はどうする?

バー
自分一人だけでなく、
女性と一緒に行って女性の分を頼むとき。

全部が全部男性が注文をする、
ということは止めましょう。
女性の好みの味や飲みたいと思うものと言うのがある訳ですし。
女性もバーに行き慣れてないなら、
一番早いのが女性がバーテンダーの方に飲みたい味やアルコールの強弱、炭酸の強弱、酸味の強弱を伝えるのが一番バーテンダーの方にとっても作りやすいもの。

でも女性が頼みずらければ、
アナタがアルコールの強弱や味を聞いて、
アルコールの強弱や味をバーテンダーの方に伝えればいいでしょう。

アルコールの強弱と味。
ここは一番気を使った方がいいかなと思うポイントで、
あまり酒に強くない女性に強めのアルコールのものを飲ませて持ち帰るのを想定するのは止めましょう。

あくまで女性の飲みたいと思うものを最優先で。

さいごに

男がカクテルを飲むのはダサいか?
ということでお伝えしました。

カクテルをアナタが美味しく飲めればいい。

ただそれだけのことです。

他人がどうこう、
というのは全く関係なく、
アナタが「このカクテル美味しい」って思えるものに出会ったら、
カクテルを飲んでアナタだけの至福の一時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

本格的なバーに行けばこれぞ、
というカクテルに出会うというのも酒を飲む楽しみであると思いますよ。

ではまた!

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました