通話のみのsimでかけ放題の格安simはどこ?各社の料金を比較

各社比較

現在大手キャリアを使用していて通話がメインだけど、
コストが安い格安sim に切り替えということもあるかもしれません。

気になるのが大手キャリアのように通話し放題のプランや定額制は用意されてるのか?が気になったりしませんか?
今回はそんな格安シムでも大手キャリアと同じような通話し放題の会社はあるのか?ということでご紹介します。

この記事でわかること
・格安simで通話し放題の会社
・格安simで10分かけ放題の会社の比較
・格安simで毎月の料金がパックされた料金の比較

スポンサーリンク

格安simは大手キャリアのように通話し放題はあるのか?

時計

格安simで音声通話定額制という表記で謳うMVNOもありますが、
実は何分定額というように完全定額制でない所のが多いのが現状ですが格安simでも完全定額制や定額制でも通話時間の長めの会社は?というと以下の会社が該当します。

・OCNモバイルONE
・y.u モバイル
・LINEMO
・日本通信
・楽天モバイル

以上の会社( 楽天モバイルは純粋には格安シムではありませんが使い方を上手くすればコストダウンに繫がるので載せました)が完全定額制を提供している会社となります。

1ギガ 2ギガ 3ギガ 5ギガ 6ギガ 10ギガ 15ギガ 20ギガ 30ギガ
ocnモバイル 770円 990円 1,320円 1,760円 4,312円 6,050円
かけ放題オプション:完全かけ放題(1,430円)/上位3件無料(935円)
y.u.モバイル 1,639円 4,378円
かけ放題オプション:無制限かけ放題(2,970円)※一回の通話時間の上限2時間
LINEMO 990円 2,728円
かけ放題オプション:定額通話(1,650円)
日本通信 2,780円 1,390円 2,178円
※基本使用料のみで3ギガプランは話し放題、6ギガと20ギガは70分の通話料込
J COM

モバイル

1,078円 1,628円 2,178円 2,728円
かけ放題オプション:かけ放題(1,650円)※一回60分が上限
楽天モバイル:基本使用料(0円から3,278円)※Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料
  • 通話時間が長めの格安sim
・1時間上限
J COMモバイルは一回の通話時間が1時間制限
・2時間上限
y.u.モバイルは一回の通話が2時間制限
・上位3件無制限
OCNモバイルONEは完全話し放題プランもありますが935円で上位3件が話し放題
・Rakuten Linkアプリ利用でで1ギガまで0円話し放題
楽天モバイルとiijmioのeSIMを組み合わせてしまえば0円で使えるという脅威的な価格ですね
10分定額は一般的ですが、
J COMの1時間上限やy.u mobileの2時間上限でもあれば通常の生活での生活で長電話であればカバーできるのではないでしょうか。
またOCNモバイルは完全定額の他に、
通話した相手先で通話時間が長い上位3件が定額で収まるプランもありますのでかける相手先が限られてるのであれば選択肢としていいかもしれません。

格安simで10分かけ放題を提供している格安sim一覧

コインとペン

格安simで10分定額プランを提供している会社は多いですがその一覧になります。

10分定額料金 10分超過後の料金
iijmio(月額913円)※家族同士は30分定額  10分超過後は30秒/11円
OCNモバイルONE(月額935円) 10分超過後は30秒/11円
BIGLOBE(月額913円) 10分超過後は30秒/9.9円
mineo(月額935円) 10分超過後は30秒/10円
nuroモバイル(月額880円) 10分超過後は30秒/11円
AEONモバイル(月額935円) 10分超過後は30秒/11円
y.u.モバイル(月額858円) 10分超過後は30秒/11円
LIBMO(月額935円) 10分超過後は30秒/11円
DTIモバイル(月額902円) 10分超過後は30秒/11円
J.COMモバイル(月額1,650円)※一回の通話60分まで 60分超過後は30秒/22円
楽天モバイル(月額0円から3,278円) ※Rakuten Linkアプリ利用で国内通話無料

※Rakuten Linkアプリ未使用の場合は30秒/22円

格安simの10分定額プランを提供している一覧を載せましたが、
大差はありませんのであなたのご自宅でひかり回線を使用している会社と同じ会社にすれば割引も適用されるので必要に応じて選ぶといいかもしれません。

因みにiijmioであればiijmioひかりと一緒にiijmioを使用すれば毎月660円引きになりますよ。

データ使用量が少ない場合(月に6ギガまで)の各社の基本料の比較

こちらには10分定額プランを提供しているMVNOの月額料金を載せました。

赤い文字がギガで比較した場合に一番安い料金ですが、
nuroモバイルやOCNモバイルは低用量の使用であれば使いやすい会社であるといえます。
また低用量帯から20ギガまで幅広くカバーしているiijmioも使い勝手はいいといえます。

1ギガ 2ギガ 3ギガ 4ギガ 5ギガ 6ギガ
iijmio 858円 1,078円
OCNモバイルONE 770円 990円 1,320円
BIGLOBE 1,276円 1,760円 2,365円
mineo 1,298円 1,518円
nuroモバイル 792円 990円
AEONモバイル 1,078円 1,188円 1,298円 1,408円 1,518円 1,628円
y.u モバイル 1,639円
LIBMO 1,078円 ✖  1,518円
DTIモバイル 1,320円 1,639円 2,112円
J COMモバイル 1,078円 1,628円
スポンサーリンク

通話時間がパックになったプランを提供している格安simは?

スマホの操作

では次は1か月の内に通話時間が大体決まっててパックのプランを提供している格安simの比較をご紹介します。

格安sim 月額料金と通話可能時間
BIGLOBEモバイル 月額660円で最大60分通話可能  月額913円で最大90分通話可能
mineo 月額924円で最大30分通話可能 月額1,848円で最大60分通話可能
LIBMO 月額968円で最大30分通話可能
日本通信 月額1,390円で70分通話可能  月額2,178円で70分通話可能

mineo、biglobe、LIBMOは基本料にパックのオプション料金を加算すれば、
30分または60分の通話が込みというプランですね。

で、下に日本通信ということで載せましたが、
こちらは基本料金の中に元々70分の通話料が込み
となってます。
また日本通信はプレフィックス無しで通話ができる格安simの一つですので、
音質により拘りたいという場合におススメです。

  • 格安simの通話の音質はどう?
格安シムはプレフィックスで発信すると音質が悪いのでは?と思うかもしれませんが、
実際普段使用してみて正直そこまで気になるレベルでもないなと個人的には思います。

格安simの通話でIP電話回線を使用するところはある?

カード
格安シムの通話で30秒11円または定額制利用の際は大体の場合、
プレフィックスを使用しての通話となります。

格安シムは基本料が安いからIP電話での通話になるのでは?
という疑問もあるかもしれませんが結論から言うと格安simでIP電話を使用した会社はありません。

ただオプションという形で月額料金を加算すればIP電話が利用できるMVNOはあります。

  • mineoのLaLa Call
●月額使用料110円

・スマホへ30秒/8.8円
・固定電話へ3分/8.8円
・LaLa Call同士無料

  • AEONモバイルの050かけ放題

●月額1,078円

・国内への通話であれば相手先がスマホ、固定電話へ話し放題

参考までにIP電話をオプションで利用できるMVNOを載せましたが、
値段でみれば相当安く済みますね。

ただ110や119の緊急通報はできませんので、
その点はご注意ください。

さいごに

格安simで通話し放題の会社一覧ということでご紹介しましたが、
数は少ないながらも格安simでも定額制話し放題の会社はあるものです。

格安simで毎月の使用料を抑えたい場合で、
かつ毎月の通話時間が長い場合でも今回ご紹介した会社であれば長時間の通話でも対応してくれますので今後格安simにする比較材料になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました