人と同じでなければいけない理由はないから自由に生きてもいい

通勤 雑記

いい学校を卒業して大手企業に就職して、
30歳までには結婚して家を買って、、、

人から羨ましがられる学校、
会社、
結婚相手
がいいとなぜ感じるのか?
他人から見てどう思われるか?
という他人基準になってるからなんです。
ですがこの人と同じを刷り込まれて
人と同じ生活をすることって自分が本当に望んでということでしょうか。

スポンサーリンク

 人と同じ人生を生きて納得できるか?

人と同じ基準の学校、
人と同じ基準の会社、
この人と同じという思考で考えてしまうと、
常に他人との比較の上で物事を比べてしまう。

人と同じように大学に行き、
人と同じように毎日通勤をして会社に行く。

ですが、
その大学や会社ってなぜ選んだのでしょうか?

自分が本当に学びたい事があってですか?
本当にしたいことがあってその会社に入ったのでしょうか?

この問いに明確な答えを出せるか?
というとどうでしょうか。

他人から見て偏差値の高い有名大学だから、
他社よりも給料の高い大手企業だから。
このような理由が本音ではないでしょうか。
この年齢になったら卒業をして、
大体このくらいの年齢で結婚をする人がいるから自分もそうしないとと変に焦る。
これって何も人から決められたことでもないです。
人がそうしてるからと無意識に同じような選択をしている可能性はある訳です。
とはいえ給料面で大手を狙うとなると、
新卒または第二新卒を逃すと中途という扱いになりなかなか入りにくくなる。
大手でなければという思考の前に、
日本の企業全体で大手と呼ばれる企業の数は、
日本全体で0.3%・・・

ここに群がるって考えると、
本当にしたい事以前に、

・給料がいい
・安定
・人に自慢できる

こんな本音だと思います。

自分も人と同じような道に進まないと不安になるのかもしれません。

人と同じで果たして本当に幸せだろうか?

普段の通勤で電車に乗ってみて周りを見渡してみて思うのは、
イキイキとしてる姿の人々でしょうか。

満員の電車に揺られて、
身動きの取れない電車に揺られて会社に行く。
会社でも残業残業でプライベートがない生活だったり、
ストレスにさらされる生活って本当に幸せか?

というとそうでもないように思うんです。
給料のためだ、
生活のためだ、
という理由が出てくるでしょうが、
その時点で本当にやりたい、
望む生活とはかけ離れてるということ。
人と同じようで安心だからスーツを着て会社に行く。
行きかえりの場面だけを切り取れば確かに立派には見えますが、
実際は会社で消耗し、
通勤で消耗し、
休日は会社のイベントって会社の奴隷かって思うんです。
会社の給料が高い、
基本給かもしれませんし、
残業代かもし知れませんが、
仕事が長時間になると折角のお金もストレスの発散で飛んでいきませんか?

私は以前はブラック企業で長時間残業の日々で、
残業代は青天井という生活(まだ36協定前)でしたが、
それに応じてストレスが相当溜まり折角稼いでもストレスが溜まるもんだから酒代やモノを買っていつの間にか消えてったんですよね。

これってストレス発散のためにお金を使ってるとしか思えなくて、
楽しんで使える状態ではないですよね?
これが幸せか?
というと疑問しか残らないんですよね。

なぜ人と同じが安心するのだろうか?

コーヒー

そもそもですがなぜ人と同じだと安心していられるのか、
人と同じと思うのか。

これって根が深く、
学校教育から始まってて、

・集団生活
・みんな仲良く
・一斉に入学して一斉に卒業
・卒業したら就職か進学か

を強いられ同じであるのが良しとされます。

学校時代から人と同じレールに乗って、
人と同じように会社に行くのが当然と刷り込みができてるのだと思います。
同じ制服を着て、
同じようなスーツを着て、
人と一緒であれば大丈夫だろうという根拠のない安心感。
でもこれって危険で終身雇用の時代で定年まで安泰で、
給料が右肩上がりの時代なら分かりますが、
大手企業でもコロナのような外的な影響で安泰と言えないですし、
安泰と思った矢先に40代でリストラの開始なんて話も聞きます。
正社員ですらリストラ対象になりますし、
リストラにならないにせよ、
子会社に出向で給料が減っただとか基本給の削減も十分在りうる話です。
人と同じで大丈夫と会社任せにしていても、
会社の業績でいとも簡単に自分の運命が変わるってそれは怖いものだと思いますし、
会社に左右されて自分の運命も変わるなんて馬鹿らしいです。


スポンサーリンク

 人と同じでないといけないという風潮は古い

鳥と空
数十年前に、

テレビで皆同じような番組を見て、
同じような余暇を過ごしてた世界からすると、

今のような、

ユーチューブで好きなモノを見たり、
ネットで副業をしたり、
オンラインだけで仕事が完結する生活ってなかなか想像しにくかったかと思います。

かつては人と同じような情報を仕入れ、
同じような休暇を過ごしてという生活から、
人それぞれの情報の仕入れ方、
人それぞれの仕事の仕方、
人それぞれの休暇と多種多様になってきてます。

人と同じに安心してしがみつくのもいいのですが、
人と同じというと同じように通勤に行き、
同じようなライフスタイルをするって結構苦痛だと思います。
勿論人と違うとなると不安もあるかと思いますが、
何よりも自分で選ぶ自由、
誰にも縛られない自由も出てきます。
ここは個人個人の価値観や考えによりますが、
人と同じでも本当に幸せであればいいでしょうが、
そうでないなら考え直す機会かもしれません。

さいごに

人と同じではなく、
人と違った生き方もアリでしょうし、
むしろ人と同じでも実際は危ないのかと思います。

というのは同じに安心しきって会社に依存、
何かに依存して思考停止をしていたらある日その依存しているものが消えた、
なんて十分考えられます。
いい悪いではないですが、
私は会社は毎月一定の給料が振り込まれる安心感がありますが、
ただその反面ストレスの元凶となる上司や、
痛勤でのストレスを考えると会社員一択の生活はないなと思いまして、
様々な副業も開始してなるたけ会社に頼らない生き方にシフトしてます。
この辺りは個人個人この先どうしたいのか?
を自問自答してみて、
自立への道を選ぶのか、
それとも会社と並行して副業をしていくのか様々な手段がありますので、
一度考えてみてもいいかと思いますよ。
ではまた!

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました