自己啓発セミナーは意味ない?本当の所を参加してみた結果を公開!

ランタンとクッション 雑記

自己啓発の本は本屋さんにずらっとあれやこれやと並んでますよね?

自分を変えたい、成長させたいという思いは素晴らしいと思います。

でもその先の自己啓発セミナーは本で学ぶよりも効果があっていいモノなのだろうか?
自己啓発セミナーは意味ないのか。

今回は自己啓発セミナーに参加して効果があるのか、
また内情や金額、勧誘の手口を公開します。

スポンサーリンク

自己啓発セミナーは意味がない?

意味がないというとあれですが、最初に結論をお伝えすると・・・

 

・その人次第

 

ということ。

自己啓発セミナーに参加したから劇的に変わる、ということはありません。

自己啓発とは字の如く自分で自分を成長させたり、変化させたり、自分の望む方向に人生を持って行ったりと本来は自分で自分を方向付けするものだと私は思います。

自己啓発セミナーは私か過去に興味本位で2回あるセミナーに参加しましたが、
会場で劇的に変化をした方がいました。
ちょっと内向的で自分に自信がないような方でしたが、
講師に「お前はこんなものではない、もっと違う自信のある自分なんだ」と会場のど真ん中でやられてその方の雰囲気が一変して自信のある顔になってました。
内心「おぉっ!こんなこともあるんだ」と斜に構えてみてましたが、
それを効果がある?と聞かれると私は疑問に思います。
本来であれば自分を変える、成長させるというのは自分で気づきを得て、
その気づきを元に自分が何をしてどう行動をしていけばいいのか、という能動的な行動であるのが確固たる自分を持った人のあり方なのかと思います。
ですが、会場で講師から言われた一言で自分が変わる、ということはある意味危険なパターンだと私は思います。
というのはいい方向だったからいいですが、
それが悪い方向に意味付けされたらどうでしょうか?
誰かから何かを言われて自分が変わる、というのはある意味コントロールされやすい、
自分の確固たる自信や考えや軸がないが為に人からのコントロールを受けてしまうのかもしれません。
外からの変化というと何もそのような自己啓発セミナーに限らないですが、
普段自分の考えだったり他人から何か言われてもなかなか自分を変えないという人だと自己啓発セミナーで何か気づきを得て、
というのとはちょっと違うな、と今になって思います。
気づきって自分との対話だったり、
何かに失敗して上手くいかなかったりして自分で自分のことを振り返ってやっと見つかるものだったりするのだと思います。
ですが自己啓発セミナーのように無理くり気づきを得ようというのはちょっと無理があるなとは個人的に思います。
これは人によるのでしょうが、
自己啓発セミナーで気づきがある場合もあるかもしれませんが、ただたかだか3日や4日で大きな気づきがあるか?というとそこは疑問に思います。

 

自己啓発セミナーは意味ない?本当の所を参加してみた結果を公開!
自己啓発の本は本屋さんにずらっとあれやこれやと並んでますよね? 自分を変えたい、成長させたいという思いは素晴らしいと思います。 でもその先の自己啓発セミナーは本で学ぶよりも効果があっていいモノなのだろうか? 自己啓発セミナーは意味ないのか。 今回は自己啓発セミナーに参加して効果があるのか、 また内情や金額、勧誘の手口を公開します。

自己啓発セミナーではどんなことをやるの?

セミナー会場
私が参加したセミナーは2つあり、
4日で参加人数400人位のものと3日で20人位の少人数のもの。

参加人数の多い某自己啓発セミナーの内容は、
本で書かれている内容を1から順にやっていくのですが、セミナー中はちょっと変わってるな、と思いました(笑)
最初の開始の時にいきなり大音響の中踊りから始まり、
知らぬ人とハグをしてから開始(笑)
で一つのセクションが終わるとまた踊りとハグ・・・
すごい内容ですよね(笑)
内容は、というと本で書かれている内容に沿って、
セミナーが進んでいき、講師が話をしてワークになるとその辺の3-4人でワークをしやたら大声で目標を叫ばされたり、なんてシーンもありました!

今思うと凄い光景でしたね。

ぶっちゃけた話行かないていい、とは思いますけどね(笑)

こちらの関連記事ではもう少し詳しく書いてる記事が2つあるので参考にしてみてくださいね。

 

 

自己啓発セミナーは意味ない?本当の所を参加してみた結果を公開!
自己啓発の本は本屋さんにずらっとあれやこれやと並んでますよね? 自分を変えたい、成長させたいという思いは素晴らしいと思います。 でもその先の自己啓発セミナーは本で学ぶよりも効果があっていいモノなのだろうか? 自己啓発セミナーは意味ないのか。 今回は自己啓発セミナーに参加して効果があるのか、 また内情や金額、勧誘の手口を公開します。
自己啓発セミナー勧誘手口!実体験から語る!
自分を高めるためにする自己啓発。 これ自体はとてもいいことだと思います。 自分を高める、変えるために、 自己啓発の本を買ってきて行ってみる。 もっと自分をバージョンアップしたいと思い、 自己啓発セミナーに参加してみよう、そう思ったりしましたか? 自己啓発セミナーに実際どのようにして勧誘してくるの...

とにかくテンションが高くなるような仕組みで、
大音響、身体を動かす、非日常を演出して外からの情報を入ってきやすくしているのでしょう。
※この外からの情報が入ってきやすくなるというのが後々要注意!

セミナーの内容は大体本の通りのことをやっていき、
そしてセミナーが大詰めを迎えて3日目に火渡りなんてこともやりました(笑)
人生で初めて火の上を渡りましたが、
あれはあれで火傷をしなかったので不思議な体験といえば体験でしたね。
で、そこで人の感情が高ぶって、
セミナーも3日目となると何が起こるか?
自己啓発セミナーといえど主催者は毎日のご飯を食べたり生活費というリアルな問題もありますよね?
何も慈善事業をしてる訳ではないですから。
そう新たなセミナーの勧誘です。
値段もそのセミナーの3倍はするものです。

セミナーを3日も参加して更に素晴らしいセミナーがある、ということをアナウンスされるんです。
会場では1/6位は申し込んでいたのでいい収入源になるのでしょうねぇ。

そしてもう一つのセミナーは大音響の音楽や身体を動かすということはないです。

落ち着いた雰囲気の中で自分を振り返ったり、2人位でワークをしたり。
内容は最初に参加したセミナーよりは落ち着いていて家族との関係やら内容的にはいいものでした。

ただこっちも結局日常生活に戻った時にその内容を継続できるか、
それが鍵でしょうね。

スポンサーリンク

自己啓発セミナーへの勧誘はどうやってくるの?

勧誘というと変ですがまず自己啓発セミナーの前に本の巻末にメルマガ登録、なんてありませんか?

まずそこで定期的にメルマガが配信されて、
そしてそのメルマガを何通か受信しているとあるタイミングで1万位で体験できるセミナーがあるということで参加のハードルを低くして来るんです。
自己啓発セミナー勧誘手口!実体験から語る!
自分を高めるためにする自己啓発。 これ自体はとてもいいことだと思います。 自分を高める、変えるために、 自己啓発の本を買ってきて行ってみる。 もっと自分をバージョンアップしたいと思い、 自己啓発セミナーに参加してみよう、そう思ったりしましたか? 自己啓発セミナーに実際どのようにして勧誘してくるのでしょうか。 今回は自己啓発セミナーの入口の勧誘をどうやってしてくるか、 ということを実体験に基づいてお伝えします。

 

そこで500人位いるような会場で1日講師の話があったりちょっとしたワークがあったりという流れなんですが、
会場の片隅でこの続きを申し込みたければどうぞ、という形で参加を受けつけてました。
私が参加したもう一つのセミナーは、
最初に参加したセミナーで知り合った人に教えていただいたものです。
無料参加で話が聞ける(この無料というワードも注意ですよ)
というので参加して後日1対1で話を聞かされ、という流れです。
無料で参加できるというワードは無料ならいいか、というようにハードルを下げます。
下げて参加した体験セミナー等では非常においしい話(成功して今はこれだけ稼いでいる)というようないい部分をクローズアップして話されますのでそのセミナーに参加すればすべて解決、みたいな幻想を抱くことになります。
要は演出がうまいんですよ。
それに乗ってしまったらラットレースにはまりかねないのでこの辺りは注意してくださいね。

自己啓発セミナーに来ている人には要注意

パソコンの前でショックを受ける
私が参加した400人位の大人数のセミナーには、

 

・ホントに自分を変えたい切羽詰まった人
・斜に構えた人
・経営者風の人
・自分の商売を広げたい人

 

だいたいこんか感じの人が参加してましたが、
一番最後の自分の商売を広げたい人、これにはホント注意した方がいいですよ。
※要は自分のネットワークビジネスや販売したいものを売るカモを探しているということ!

それだけ人数が集まるセミナーということはそれだけカモが集まるということ。
どういうことか、というとセミナーの会場で知り合って連絡先を交換。
後日連絡が来たなーと思ったら、その人も実は個人でセミナーを主催している人で、
その人からのメールの文言も「僕のセミナーでは一人ひとりに寄り添ってその人の良さを出す」だったかこんなような文言でした。
また他の方からはアメリカ製のサプリを販売していて、このサプリで健康に、なんて流れでまた勧誘が来たり。
要はそのセミナーに何回も出席していてその都度カモを探しているということ。
一定数の人はこの手の後から来るセミナーにまた参加して参加して、という流れなんですが、
ですがこれってどういうことか分かりますか?
実践ありきから外れて、
次から次へセミナーに申し込めば何とかなるでしょう、どうにか自分が変わるでしょうと思ってるだけで非常に危険な状態。
結論お金だけがバンバン飛んできますからね。

お金を払ってセミナーに参加したからいきなり変わる、なんてそんな美味しい話はありませんので、
会場に来ている人はよーくチェックしないと大変なことになります。
次から次へとセミナーに参加するセミナー難民になってしまい、
最終的に出費だけがかさみますよ。

 

 

自己啓発セミナーにハマる人の特徴や蟻地獄にはまらないために!
自己啓発の本は本屋さんの棚にズラリと並んでいたりしますよね? そこから更に一歩踏み込んで本よりも実際に生のセミナーを体験してみたい、 と思ったの始まり。 自己啓発自体、自分で自分の人生のコントロールをする、 向上させるというのは賛成です。 ですが自己啓発セミナーにハマる人というのもいます。 今回は自己啓発セミナーにハマる人、 またハマるとどのようなことが起こりうるか、ということについてお伝えします。

気になるお値段は?

自己啓発セミナーって5万位でいけるでしょう?
なんて思ったりしませんか?

結論からいうと人数が400人位いた某セミナーは4日で17万から30万(席が前方になるほど値段が上がる)の他にホテル代(ごめんなさい、忘れました)。
もう一つの自己啓発セミナーは年間でセミナーに参加できる日数が12日とその他にCD、DVDや教材がついて75万。
追加コンテンツを付けたフルバージョンだと150万って言ってましたね。

自己啓発セミナーに参加してみて後悔したか?
というとある意味目覚めて今後は一切自己啓発セミナーには行くのは止めようという気持ちになったことです。

自己啓発セミナーに参加してその後は何か変化あった?

朝焼けを眺める
これ、結論から言いましょう。
変化なしです。

要は外からの情報や自己啓発セミナーでいくら参加しても結局のところその本人が自分で気づきを得たり、
その個人が明確な目標を持って毎日小さい行動を積み重ねるか、これをやらない限り変化はありません。

自己啓発セミナーに参加してみて、こんなもんだ、というのがよく判りましたしいい勉強代だったな、と思うようになりました。

さいごに

私の結論としてはそんな高い値段を払って参加する必要はないな、というのが結論です。

というのは一つ自己啓発セミナーに参加するとお金を払うという心理的なハードルが下がります。
この流れでまた新たな自己啓発セミナーの方がいいのではないか?
今度こそいい結果になるのではないか?

というような心理状態になるのだと思います。

これは何も自己啓発セミナーに限らずですが、
お金を払って参加したのだから効果が出るだろう、という思いになるのですがそれは違います。

書籍代だけというようなあまりお金を払わないでも結果を出せます。

要はどれだけ毎日コツコツ継続できるか。
習慣にできるか。

これをやらずしていっくら自己啓発セミナーに参加しても意味はないといえるでしょう。

また自己啓発セミナーや本でも一緒ですが、
あれこれ参加したり本を買って結局実践が伴ってなかったらそれは効果ゼロということです。

正直なとこ、毎日の継続や気づきを得るのにたかだか3日や4日の自己啓発セミナーで気づきを得るか?というとそれは疑問に思います。

2-3千円で購入できる自己啓発本1冊購入して実践する方がよほどいい、そう思います。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました