simカードを利用するの場合の3大キャリアから選ぶとは?

iijmio壱からナビ 格安シムの選び方や用語

格安simが安くて良さそうと思うけど、
simカードを量販店で購入しただけで利用できるようになるのでしょうか。

他にもsimカード選択時に回線を選ぶという意味とはどのようなことなのでしょうか。
今回はそんな格安simの契約の際の3大キャリアから選ぶという事についてお伝えします。

この記事でわかること
・simカードを購入しただけでsimカードを使えるのかどうか
・simカードを3大キャリアから選ぶという意味

スポンサーリンク

格安simを利用するのにsimカードだけ購入すればスマホは使える?

スマホ
家電量販店に行けば格安simがズラリと並んでいますが、
結論から言うとあのsimは購入するものではありません。

  • 格安simの会社の利用に必要なsimカード
simカードを購入ではなくあくまで格安simの会社のサービス(電話をしたり、ネットを観たり等通常のスマホとしての使い方)を受ける為に格安simの会社から貸与されてるものです。

貸与されたsimカードをスマホに挿せばスマホを電話やネットの操作ができるということです。

ですので購入ではなくあくまで貸与品なので解約時には返却の必要があるということです。

スポンサーリンク

simカードの入手と格安simの会社と契約して使用できるようになる

例えばビックカメラ等でOCNモバイルONEの音声simを売ってたとして、
simカードだけを買って帰るというのはできません。

simカードを自宅に持ち帰るには
あくまでそのsimカードのサービスを提供している格安simの会社と契約して初めて今のスマホが使えるようになるということです。

単にsimカードだけ購入と言っても何も契約の手続きをしなければ、
ただのsimカードだけでスマホに挿しても何も反応もしません。

格安simへの乗り換えの前に事前にチェックすることをまとめた記事でも何をチェックしたらいいのか、また乗り換えに関することをご紹介してますので参考にしてみてくださいね。

 

simカード利用の際に3大キャリアから選ぶという意味とは?

ドア

格安sim利用の際に3大キャリアから選ぶという状況が出てくるかもしれません。
というのは格安simは大手キャリアと呼ばれる3大キャリア( ドコモ、au、ソフトバンク) のように自社で電波を飛ばしてません。

あくまで3大大手キャリアのどれかの電波を使って自社サービスを提供している代わりに安いですよ、
ということなんですね。
そして格安simは3大キャリアのいずかの電波を利用してるのですが、

・ドコモ回線だけを利用する格安simの会社
・au回線だけを利用する格安simの会社
・ドコモ回線とau回線とソフトバンク回線を利用する格安simの会社

と様々なんです。

例えば
・回線の種類が1社しか採用してない会社

ドコモの子会社のOCNモバイルONEを利用する場合、
ドコモの子会社なのでOCNモバイルONEはドコモの電波のみを利用してますのでこのように1社の電波利用しかしてない場合は3大キャリアから選ぶということはありません。
・複数の回線を利用している会社

反対にnuroモバイルのようにドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3回線を利用している会社は契約時にどの回線を利用するかあなたが決める必要があるということです。

参考までに主要な格安simの会社はどこの回線を利用しているか、
表にしましたのでどの回線を選ぶか参考にしてみて下さい。

iijmio ドコモ回線/au回線
OCNモバイルONE ドコモ回線
BIGLOBEモバイル ドコモ回線/au回線
mineo ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線
楽天モバイル 自社回線及びエリア外はau回線
nuroモバイル ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線
UQモバイル au回線
yモバイル ソフトバンク回線
日本通信 ドコモ回線
y.u mobile ドコモ回線

3大キャリアとはいえ結局どこを選んだらいいの?

格安simの会社でドコモ回線だけを利用している会社のsimならば回線を選ぶということはありませんが、
2社または3社の大手キャリア回線を利用した格安simの場合はどれを選んだらいいのか?

格安simの電波の範囲は利用する回線により変わる

・ドコモ回線を利用するとしたらドコモと全く同じエリアで利用できる
・ソフトバンク回線であればソフトバンクの回線と同じエリアでの利用ができる

というように基本は大手キャリアの電波の届く範囲で使用できますので、
エリアの広さで考えればドコモ回線を選べば間違いないと個人的には思います。

例えば北海道の山間部等行ってもドコモ回線利用であれば、
より遠くまで届くプラチナバンドをキャッチできていれば電波はシッカリ入ります。

もしも3大キャリアから選ぶという状況でしたら私ならドコモ回線を選びますし、
現に今もiijmioのドコモ回線の利用者歴8年目になります。
こちらの記事では格安simの中でもデータシェアのしやすさに定評のあるiijmioの毎月の維持費をご紹介してますので参考にしてみてくださいね。

iijmioの新プランのデメリットよりもメリットのが大きい理由
iijmioの新プランが発表されてギガの種類も5種類になりましたが、 旧プランならではの特典を受けられたり、 また大容量オプションがあったりとそれなりにいいこともあったように思えますよね。 ですが新プランも安くてコストダウンに繫がりそうで良さそうだけどまだ変えるのはデメリットもありそうで、まだいいかなと思うかもしれません。 今回は新プランに変えることが本当にデメリットばかりなのだろうか? ということでお伝えします。

さいごに

格安simの契約は初めてだと種類だとか、
回線のタイプだとか分かりずらいと思います。

ただ基本は、

・音声sim(通話+SMS+データ)
・SMSsim(SMS+データ)
・データsim(データ)

の3種類から必要に応じて選び、
次に回線の種類が複数ある格安simであれば、

・ドコモ回線
・au回線
・ソフトバンク回線

のいずれかの回線を選ぶという事なんです。

これさえ分かってしまえば、
あとは大体何とかなるものですし、
何より月額コストが劇的に下がるのでオススメです。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました