simフリーがよくわからない!具体的に何のことを指して料金は?

格安シムとは?

格安simは安くて良さそうだけど単語の意味が分からないことってありませんか?

simフリーってよく聞くけど実際何を指すの?とか、
また具体的に毎月幾ら位のお金がかかるの?
そんな疑問ってありませんか?
今回はそんな格安simにまつわるsimフリーとは具体的に何のことか?
また料金は?
ということを中心にお伝えします。

この記事でわかること
・simフリーとは何かがわかる
・simフリースマホをどこで使うかがわかる
・simフリースマホをどこで入手するかがわかる
・simフリースマホ入手の際に電波のことがわかる

simフリーとは具体的に何?

はてな

simフリーとは?
simロックのかかってないスマホ端末のこと
一言で言ってしまえば上記の通りです。

simロックとは?

今まであなたがドコモやau、ソフトバンクのスマホを使っていたとしたら、
ドコモで購入したスマホはドコモで発行したsimカードのみを認識する仕組みです。

例えば

ドコモの端末にauのsimカードを入れてもauのsimカードでは動いてくれないというように、
その会社のsimカードしか使えないように端末に鍵をかけてるようなものとお考え頂ければわかりやすいかと思います。

simフリー端末はどこで使う?

今は世間でも認知されてきた格安simですが、
格安simを運営している会社は新規契約やナンバーポータビリティ(今お使いの番号をそのままで他の会社へ移ること)の時に、

・simカードだけを契約
・simカードの契約と同時にスマホを購入

という2パターンの方法があります。

  • 格安simの会社での使用の際にsimフリー端末が必要になる
格安simで契約してsimフリー端末を使うとするとしたら端末は、
・今の大手電話会社のドコモやau、ソフトバンクで使っていた端末をそのまま使う
・格安simの会社で売ってるsimフリー端末を用意する
・ビックカメラなど家電量販店で売ってるsimフリー端末を用意する
・アマゾンなどでsimフリー端末を用意する

と用意するパターンは色々とあります。

格安simの会社の電波は主にドコモやau、ソフトバンクの回線を借りてる

ちょっとタイトルとこの中身が関係ないようですが、
お付き合いください。

格安simは自社で回線設備を持たない代わりに安く提供してますが、
その回線は、
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
の回線を借りてます。

大手電話会社で使っていた端末を格安simで使う場合、
回線が同じでも異なる場合であってもsimロックの解除をしましょう。

回線が異なる場合は注意〇ドコモ→ドコモ回線を利用した格安sim会社
△ドコモ→au回線を利用した格安sim会社

今現在ドコモを使用していても、
今後格安simでau回線を利用した会社を選ぶというように回線の会社が変わる場合はsimロック解除はするのは当然として、あなたのお持ちのスマホが格安simの会社の電波の周波数と合うか確認する必要があります。

詳細は後程ご紹介します。

simフリースマホの料金や支払いはどうなる?

実際にあなたがsimフリーのスマホを購入するとしたらその端末代金の支払いはどうなるのか?
とおもいますよね?

simフリーのスマホを購入するとなると、
・今の大手電話会社のドコモやau、ソフトバンクで使っていた端末をそのまま使う
・格安simの会社で売ってるsimフリー端末を用意する
・ビックカメラなど家電量販店で売ってるsimフリー端末を用意する
・アマゾンなどでsimフリー端末を用意する
とsimフリースマホを購入するルートは様々です。

今の端末を使うならば

今ドコモやauのスマホを使用していて、
分割払いで支払いをしている場合はそのまま支払いをする必要があります。

支払い先が格安simの会社に変わる訳ではありません。

simフリースマホの代金の支払い先ドコモやau、ソフトバンク

格安simの会社から購入した場合

例えば新規契約やナンバーポータビリティでiijmioという格安simの会社に移った際、
simカードの発行と端末を同時に購入した場合は(一括払い、分割払い)と支払いパターンを選べます。

ただsimフリースマホの端末代金は仮に格安simを解約しても購入した格安simの会社へ支払う必要があります。

simフリースマホの代金の支払い先購入した格安simの会社

家電量販店やAmazonなどでsimフリースマホを買った場合

この場合は格安simの会社は全く関係ありませんので、
家電量販店やAmazonへの支払い
となります。

simフリー端末を買う前にチェック

チェック

もしもあなたが格安simの会社から端末を購入となれば一番安全なルートなので特に心配は要らないのですが、

・今の端末を使う場合
・家電量販店やAmazonなどで買う場合
事前に購入予定のsimフリースマホの周波数をチェックしましょう。

格安simは大手電話会社の回線を使用する

タイトルの通り格安simはドコモやau、
ソフトバンクの回線を使います。

あなたがアマゾンや家電量販店で購入する際には、
事前に購入するスマホが格安simの電波に対応するかチェックしておきましょう。

  • 調べ方:端末の型番+対応バンド
と調べれば検索結果に4G(LTE)1/3/11/19等の表記のある個所がありますが、
この1/3/11/19がドコモやau、ソフトバンクの出している電波を掴みますよということです。
  • どのバンドが大事か?
ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線共通
band1:一番主要な周波数で全国で使われているがこのband1を掴まないと致命的
ドコモ
band3:東京・大阪・名古屋で使われている
band19:プラチナバンド
au
band18:プラチナバンド
band26:プラチナバンド
ソフトバンク
band3:主要周波数
band8:プラチナバンド

どの回線(ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線) を選ぶにせよ、
必ずband1は最低限対応してないと厳しいです。
そして各社で主要周波数やプラチナバンドの周波数帯を載せましたが、
プラチナバンドはより遠くへ電波が届きますが、
このプラチナバンドに対応してない機種を選んでしまうと別の機種ではシッカリ電波掴んでるのに非対応の機種は圏外、
なんてあり得ます。

以下に各社の回線の周波数を載せましたので、
ご自身で調べた周波数と合うかチェックしてみましょう。

ドコモ回線利用 au回線利用 ソフトバンク回線利用
band1
band3
band8
band11
band18
band19
band21
band26
band28
band42

simカードサイズを確認

そしてsimフリースマホ購入の際、
simカードがどの大きさに対応しているかチェックしましょう。

simカードのサイズは3種類
・nano sim(一番小さいサイズで現在の主流)
・micro sim(中くらいのサイズ)
・標準 sim(一番大きいサイズ)

と3つのタイプのsimカードのサイズの大きさがありますので、
これから購入するのがどのタイプか確認します。

というのは格安simを契約して実はsimカードのサイズが違った、
となると交換は可能ですが余計な手数料を取られますのでそれは防ぎましょう。

海外製端末を購入はあり?

Amazonや秋葉などのショップに行くと海外製端末って売ってると思いますが、
慣れれば使用するのもアリかなと私は思います。

というのは日本で入手にしにくい端末であったり、
香港製SONYのxperiaなど珍しいのにも出会えますが実際使ってみて結構癖がありました。
また端末代金も6万位したのと、
私がこのように記事を書いていながら周波数のチェックを忘れてしまいより電波の届くプラチナバンド非対応の機種だったんです。
となると都内のビルの影や地下、
また地方の奥まったとこに行った際にはいとも簡単に圏外になるというデメリットもありましたが、
変わった端末を欲しいという場合はいいのではないでしょうか(自己責任でですが)

simフリーの端末を安く入手する方法

スマホ

格安simの会社は様々ありますが、
私個人的に今も使用している格安simの会社でiijmioという会社は扱う端末が多いので初めてsimフリーのスマホを使うのであればおススメかなと思います。

というのは

・扱う端末の種類が比較的多い事
・端末保障オプションがある
・キャンペーンを利用すれば安価で端末を入手できる

という利点があるからです。

また季節ごとに行われるキャンペーンで端末が110円でお得に購入できますし、
iPhoneもMNP でiPhoneSEが割引になっていたりと初期費用は抑えられます。
※iijmioで扱うiPhoneは完全な新品ではなく、

・未使用品(通常使用されておらず、キズや汚れなどがない非常に良質なもので、原則付属品(保証書/取扱説明書/アクセサリ類)が付帯されている状態)
・美品(使用はされているけど使用感が少なく、目立つキズがない非常に綺麗な状態もの(本体のみ)

と完全な新品ではありませんが、
MNP転入で多少安い金額で購入できるメリットがあります。
未使用品でも抵抗がないというのであればおススメですが、
未使用品は抵抗あるのであればアンドロイド端末であれば新品がお得に入手できます。

 

さいごに

simフリーがよく分からないということで今回はご紹介しましたが、
実際simフリーを使いだしてしまうといわゆるsimロックのかかった端末や大手電話会社の高い料金をまた払おうとは思えません。

ちょっと最初こそハードルは高いものの、
その後の料金の安さや端末の安さを考えるとこれほどコスパのいいものはないと思います。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました