simフリー端末とキャリア端末の違いやそれぞれの良さとは?

iijmio壱からnavi 端末

大手キャリアのスマホ代が高いから格安simも気になる。

けれどそこで出てくるsimフリー端末という用語。
今の大手キャリアの契約がある場合simフリー端末も回線を同じにしないといけないものなのか?
今回はそんな疑問についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること
・大手キャリアの契約している回線と同じ回線をsimフリー端末でも利用しないといけないのか
・simフリー端末やキャリア端末のそれぞれの良さ

スポンサーリンク

大手キャリアの契約がある場合simフリー端末も同じ回線に合わせる必要があるのか

デバイス
例えばあなたが現在ドコモを契約していたとして、
新たにsimフリー端末を購入しようとする場合

・今後もドコモの契約で行く場合
・今後は格安simにする場合

それぞれのケースで想定してみると、
少し異なります。

※今回はドコモを例にしてますが、
au、ソフトバンクと置き換えて頂いても大丈夫です。

ドコモの契約のままでsimフリー端末を使う

ドコモの契約そのままで端末だけをsimフリーの端末にする場合、

・回線の種類が異なるか
・simロックがかかってないか

※simフリー端末はsimロックがかかってないからsimフリーといいますが

 

以上2点の注意が必要です。

simフリーのことがよくわからないの記事でもsimフリーについてご紹介してます。

simフリーがよくわからない!具体的に何のことを指して料金は?
格安simは安そうだけど端末の事はどうすればいいのか分かりにくいと思ったことありませんか? また格安simだと端末の価格が跳ね上がるのでは? と思うかもしれません。 今回はそんな格安simで端末を選ぶならどのような点に気を付けたらいいのか? またより端末を安く手に入れるにはどうしたらいいのか?ということでお伝えします。
  • それぞれのキャリアの電波は異なる

そもそものハナシになりますが、
ドコモ、au、ソフトバンクで使用する電波の種類は異なります。

そしてドコモで販売されてる端末はドコモの電波に合うように、
auで販売されてる端末はauの電波に合うように、
ソフトバンクで販売されてる端末はソフトバンクの電波に合うように、
合わせて作られてます。
対するsimフリー端末は特定の会社の電波に合うようにというよりは、
端末により異なる
というのが特徴。
ということはドコモの電波を捉えるけど、
auの電波の掴みは弱い、
またはドコモ、auの両方の電波をうまくつかまないという場合や、
ドコモ、au、ソフトバンク全てをカバーする端末等バラつきがあります。
ですのでドコモで使用するならドコモの周波数に合うsimフリーである必要があります。

格安simにしてsimフリー端末を使う

今現在ドコモの契約だけど今後格安simにするタイミングで同時に端末もsimフリーを検討している場合、
この場合は?というと、

格安simの電波はドコモ、au、ソフトバンクの回線のいずれかを借りてますが、

・購入予定のsimフリー端末が格安simの使用する電波に合致するかどうか

が鍵です。

調べる手段「購入予定の端末の型番+対応周波数または対応バンド」と検索をかけてみて、
4G(LTE)1/3/8/9/・・・等の箇所を探します。
上記の4G(LTE)1/3/8/9/は現在のスマホの主流の4G回線のバンド1,3,8,9に対応してますよ、
ということですので、
これからあなたが契約する予定の格安simがどこの電波を使用してるかを確認したら、
購入予定のスマホが格安simの電波とうまく合致するか確認できます。
以下の表はドコモ、au、ソフトバンクの使用している周波数ですが、
先ほど検索して調べた4G(LTE)1/3の数字はband1、band3に対応するということです。
そして赤くマークした箇所が各社で使用する電波でも重要な周波数ですので、
ここの重要な周波数は必ず拾えるかどうか確認してみてください。

ドコモ回線利用 au回線利用 ソフトバンク回線利用
band1
band3
band8
band11
band18
band19
band21
band26
band28
band42

例えばドコモ回線を使用している格安simなら

band1、3、19が重量な周波数となるので、
これから使用する機種が掴める周波数が4G(LTE)1/3/19等のようにドコモ回線利用時に重要な周波数をカバーしているという意味ですので必要な周波数をカバーしているか確認をしましょう。

ただ一番確実なのは、
購入予定の格安simのHPで販売されてる端末を買う事が確実
といえます。

というのはその会社でこの端末は動きますよ、
というように動作確認をしたものを販売しているからです。
それにMNP転入の際などはかなりお得な金額で端末を購入することもできますので、
転入の際に購入すると初期費用も抑えられますよ。

キャリアスマホを利用するのがいいのか、simフリー端末を利用するのがいいのか

デバイス

キャリア(ドコモやau、ソフトバンク)のスマホか、
simフリー端末のスマホがいいのか?

キャリアの端末で大手キャリアのがいい場合

・セットアップに自信がない
・キャリアの補償を付けたい
・キャリア独自のサービスを利用したい

以上のような場合にはキャリア端末の使用がいいでしょう。

勿論キャリアの店舗の人件費や、
設備費等で料金自体は高くなりますが、
対面でサポートをしてくれるメリットがあります。

スポンサーリンク

simフリー端末で格安simのがいい場合

・調べてば自分でもセットアップができそう
・端末代金や月額料金を抑えたい
・キャリア独自のサービスがなくても困らない

このように自分で調べて、
調べた通りにセットアップができる自信がある場合は絶対的にsimフリー端末×格安simの組み合わせが安く利用できるのでお得です。

simフリー端末のがいい理由

iPhone
では最後に実際格安simで使うとなると、
どの格安simで販売されてる端末であってもsimフリー端末を購入することになりますが、
simフリーのいい理由をいくつかご紹介したいと思います。

・特定の会社に縛られない
・自分の好きな端末が買える
・キャリア独自の要らないアプリが入ってない

私が思うsimフリーの良さは上記3点だと思います。

特定の会社に縛られない

simフリー端末は電波さえ合えば、
会社が変わろうとそのまま端末を使えるメリットがあります。

自分の好きな端末が買える

特定の会社に縛られないということは、
格安simの会社は変えずとも端末だけを自分の好きなタイミングで変更するという事も可能です。

simフリー端末はスペックや値段にもかなりバラツキがありますが、
自分がいいと思った端末に出会える良さがありますね。

キャリア独自の要らないアプリが入ってない

キャリア契約で購入するスマホ端末は正直自分にとって要らないアプリが初めから入ってるケースってあると思うんです。

そして消そうとしても消えないアプリもあるとなると、
その分電池を消耗しますし、
動作も遅くなります。
ですがsimフリー端末は特定の会社に縛らない、
となるとキャリア独自のアプリも入ってなく動作が軽いという良さがありますね。

さいごに

最近でこそ格安simという存在も認知されてきて、
simフリー端末も徐々にですが知られてきたのでしょうか。

ただ大手キャリアである場合だと、
どうしても格安というコトバやらsimフリーという単語に怪しさを感じてしまうのかもしれません。
実際に知って使用すれば驚くほど料金も抑えられますし、
今までの使用料の高さは何だったのか?と痛感します。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました