タブレットを家のwifiに繋ぐことが多い場合大手キャリアの契約を解約した方がいいのか?

端末

今のタブレットやスマホを家のwifiに繋いで使う状況が多いと、
大手キャリアを契約したままというのは勿体ないと思いますよね?

ではもし仮に格安simにするとしたら今のタブレットを使い続けることはできるのだろうか?
またタブレットの契約を格安simでできたりするのでしょうか。
今回は格安simでも今のタブレットを活かす場合、
契約をどのようにしたらいいのか?ご紹介します。

この記事でわかること
・格安simでもタブレットを使い続けられるか?
・格安simでタブレットを使うと契約はどうなるか?
・外でタブレットを使わない場合の節約方法

スポンサーリンク

格安simにした場合今のタブレットは使える?

tablet
格安simでも今のタブレットを使えるか?
というお話の前に格安simは大手キャリアの回線(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線のいずれかを借りてます。

大手キャリアで使用してる現在のタブレットは現在のキャリアの電波を掴むようになってる為、
機種によりますが他社の回線を利用する場合は電波の一部を掴まないという可能性は考えられます。
ということは格安simにした場合、
格安simは大手キャリアのどれかの回線(格安sim会社により異なりますが大体の会社はドコモ回線を使うことが多い)を使うため、
場合によっては圏外になる確率が上がることも考えられますが使うことはできます。

事前に格安simのHPで動作済端末をチェック
格安simのHPには事前にその会社がどの端末が作動するかチェックしたページが用意されてますので、
事前に型番を入れてみて確認してみるといいでしょう。

格安simのシムカードの大きさと種類には注意

  • simカードの種類

格安simには、

・音声sim(通話+SMS+ネット)
・SMSsim(SMS+ネット)
・データsim(ネット)

の3種類ありますので、
タブレットをどのような用途で使うかでsimの種類を選びましょう。

流石にタブレットで通話となると大きさ的にキツイと思いますので、
データsimを選択しておけば問題ないと思います。
SMSsimを選ぶケースだとLINEの番号認証に使うだとか、
タブレットでSMS送受信をする場合にはSMSsimである必要があります。

  • simカードの大きさ
・標準sim(一番大きいsim)
・micro sim(中くらいのsim)
・nano sim(一番小さいsim)

の種類あるので今のタブレットのsimカードの大きさを事前にチェックしてから、
格安simで契約する際にsimのサイズを選びましょう。

最近ですとマルチカットsimという標準simの大きさのsimが届き、
必要に応じて自分でカット(手で簡単に折れる)するタイプもあるのでマルチカットsimであればご自宅でタブレットに挿す大きさにカットすればいいだけです。

スポンサーリンク

今のタブレットを格安simで使うならsimロック解除をする

現在ドコモ回線を使用していて、
今後au回線使用の格安simを利用する場合、
事前にsimロック解除をしておきましょう。

最近であればwebで行えば無料でできますし、
わざわざ店舗まで出向く必要もないのでwebで事前に行うことをおススメします。

 

こちらの記事では格安simへ乗り換える際の料金やsimロック等についてご紹介してますのでチェックしてみてくださいね。

格安simへ変える際の初期費用を抑えることは可能か?
格安simは安いから変えたいけれど、 大手キャリアの解約金やら色々とかかるのなら今のままでいいかなと思ったりしませんか? 今回は大手キャリアから格安simへ乗り換えるとすると、 事務手数料や解約金が幾らかかるのか? ということをご紹介します。

格安simでタブレットの契約はできる?

contract
格安simでタブレットを使うと想定した場合、
契約はどのようになるのか?ということですが、

格安simで契約するのはsimカード(月額使用料が必要)のみということです。
そしてsimカードには音声sim、SMS sim、データsimの3種類あり、
そのいずれかを契約
するということです。
ですのでsimカードを契約したら、

・スマホを使う
・タブレットを使う

かはあなたの自由ということです。

タブレットはどう用意する?

大手キャリアで使用で使用していたタブレットをsimロック解除して使用してもいいですし、
また格安simの会社で購入するという事もできます。

他にも家電量販店で購入するなど入手する手段は様々ですが、
事前にそのタブレットが格安simに適合するかはチェックしましょう。
適合するかチェックするには

格安simのHPで動作済端末という箇所で該当の機種があるかどうか確認をする

格安simが作動するか?
ということですが実際は電波を掴むかどうかが鍵なんですよね。

自己責任の範囲ですが、私の場合は各社のHPで適合機種のチェックはせずに、
該当の機種の型番+対応バンドと検索をかけてみてその機種の拾う電波を確認します。
そしてこれから使用する格安simの回線(以下に該当する表を載せました)が赤くマークしてある電波を掴めば、
主要な電波をキャッチすると判断して購入してしまいます。
この方法はあくまで自己責任ですが、
大体の機種は動かないということはあまりないようには思いますのでこのような方法で適合するかどうかの判断もできますよ。

ドコモ回線利用 au回線利用 ソフトバンク回線利用
band1
band3
band8
band11
band18
band19
band21
band26
band28
band42

外であまりタブレットを使う機会がないのであれば

outside
今現在大手キャリアでスマホとタブレットを使用している場合でも外であまり使わない場合ってありませんか?

もしもそのような状況だとするとわざわざタブレット用にsimカードの契約をするというのは勿体ないと思います。
月額使用料を下げるのであれば、

・タブレットはご自宅のwifiに繋ぐ
・スマホ用に格安simを1回線契約する

ということでいいかと思います。

格安simの音声simで外でもあまり使わないのであれば、
2ギガ程度であればiijmioなら858円。
そしてひかり回線もiijmioひかり(戸建てタイプで5,456円、マンションタイプで4,356円)で利用可能ですし、
iijmioはひかり回線とiijmioのsim契約で毎月660円引きになります。
ということは格安simの月額使用料が858円から198円と破格で利用可能。

iijmioひかりはフレッツ回線利用でIPoEオプション無料

iijmioひかりは利用したことがありますが、
劇的に早いという訳ではありませんでした。

ただフレッツ回線利用のため安定しているのと、
IPoEオプションを無料で利用できます。
他社の光回線のようにサービス地域が制限されるという事もありませんでしたので広い地域での利用が可能。

格安simにするならひかり回線も同時に変えると安くなるケースもある

格安simの会社にもよりますが、
ひかり回線と同時に格安sim契約で毎月幾ら割引というように更に安くなるケースもあります。

大体200円から600円程度の割引が受けられますので、
更に料金を下げるなら同時契約がお得です。

さいごに

格安simでタブレットを使えるか?ということでご紹介しましたが、
タブレットでも格安simの会社が提供している動作確認済機種であれば基本は使えます。

またつい勘違いしがちな格安simでタブレットを使う場合、
タブレットの契約を考えてしまいがちですが実際に契約するのはあくまでsimカードだけということです。
格安simは月額使用料が大手の1/3で使用することもできますし、
ひかり回線と同時契約で更に割引きが適用される会社もあります。
外での使用が少ない場合であれば尚更格安simはコストを下げるには有効かと思いますので、
月の料金を下げることを考えているのであれば格安simはおススメです。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました